5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長良川河口堰と、諫早湾潮受け堤防は、邪魔だな。

1 :名無しさん@3周年:04/02/25 09:54 ID:0jGm5Bu6
やはり常に考えるべき問題でしょう。
生態系を破壊しています。しかも無意味だ。

さあ壊しましょう。サア。

2 :名無しさん@3周年:04/02/25 09:56 ID:TkXp0xkt
>>1
通報しましたよ。源太郎君。

3 :名無しさん@3周年:04/02/25 10:51 ID:0jGm5Bu6
1の続き
いきなり壊せなどと書きましたが、
これはやはりよく議論する必要がある問題なのです。

長良川河口堰と、諫早湾潮受け堤防、
両施設ははたして、結果として有益なものであったのか、どちらかといえば無益なものではなかったか。

およそ国事たるものは、国にとって有益なことをするべきで、
およそ国事たるものは、また国にとって害があることをすべきでない。

小さな魚の生態系といえども、結果として、それが阻害されただけなのであれば、
それはやはり害なのである。では、はたして益はあったのか?

建設した結果としての、両施設の是非を、再び問いたい。


4 :名無しさん@3周年:04/02/25 13:50 ID:XzOu6ooJ
>>1
あなたはすばらしい。
小泉死ね

5 :名無しさん@3周年:04/02/25 19:54 ID:0jGm5Bu6
>>4
小泉さんはこの場合問題でないような・・

6 :名無しさん@3周年:04/02/25 19:58 ID:0jGm5Bu6
>>1
長良川河口堰と、諫早湾潮受け堤防

さあ、壊しましょう という意味ですよ、あしからず。


生態系は、守りましょうね。

7 :名無しさん@3周年:04/02/27 07:19 ID:roSKYMXz
例えば河口堰は、巨大なものから、小さなものまで、
何十年も前から盛んに建設されている。

それらの是非も同時に問いたいものです。






8 :名無しさん@3周年:04/02/27 09:55 ID:YC4xb7CB
新しい農地なんて作る必要はない。
干拓は終戦時の食糧難の時代に作り出された計画であるので
新たに農地を作る必要などがあろうか。

9 :名無しさん@3周年:04/02/27 17:49 ID:roSKYMXz
戦後の考え方がそうだったとして、
現在の状況では、
例えば、漁獲量が激減しているなど、自らを含めて、生命を取り巻く状況が深刻化している。
そういう現象を聞くにつけ、生命環境を、その底部から、例えば微生物などから、
自ら大事にし、維持すべき問題として気にしていかなくては、
このままでは大変なことになりそうだという危機感がある。

つまり国土に対する考え方も、新たなものが必要であると思う。


10 :岐阜県人:04/02/27 19:09 ID:iWpzlg1P
( ´∀`)徳山ダムモナー

11 :名無しさん@3周年:04/02/28 15:59 ID:uyFBpekJ
↑じゃ、それもね。
(あまり知らんが)

12 :名無しさん@3周年:04/02/28 16:07 ID:AVzlKYXN
>>1
こういう問題になると
ふだん国益、伝統を理由に自分の気に入らない相手を口汚く
売国奴呼ばわりする連中は興味が無いのか、わざと無視なのか反応がない。
自然景観、美しい国土、豊かな環境や命を出来るだけ守ろうとする姿勢こそ
十分に国益にかない、伝統を守るということなのでは。
このような視点を持たず、経済優先で自然環境を破壊するものこそ
「売国奴」の名にふさわしいと思う。

13 :名無しさん@3周年:04/02/28 17:42 ID:VJPDpxOb
「小泉改革は失敗だった」
この現実を直視しよう。




14 :名無しさん@3周年:04/02/28 20:40 ID:J+IVQHOi
諫早はかあちゃんの故郷だよ。
なんだか、クサそうなふるさとになっちゃって。
鼻つまんで海みるのも、かなしそうだから帰らない。
諫早は失敗してるよ、ぜったい。

15 :名無しさん@3周年:04/02/29 03:58 ID:AIfq+sEe
>>14
リーマンとして、何かにほめられるように書くのと
自分の意見を書くのは、全然違うものだ。

16 :名無しさん@3周年:04/02/29 04:08 ID:ub0UNyhY
【人生相談】パンドラの箱 vol.7
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1077551453/

お前ら悩みがあるんだったらここで相談したらイイヨ。
かならずマジレスかえってきます。




17 :名無しさん@3周年:04/03/01 07:23 ID:TeQyt8QA
>>9続き
そういうわけだ。さあ、じっくり考えていこうかな。

18 :名無しさん@3周年:04/03/01 08:03 ID:TeQyt8QA
>>7
畑 正憲 著 梟の森 s53発行 収録 梟の森 より抜粋

知床半島の最奥を流れる奇跡の川、ルシャ川にしたって、奇跡であったのは何年か前までである。
洪水のために上流の木が流れ、それが鮭の定置網にからまって被害をもたらすという理由によって、
人は河口に砂防ダムをこしらえ魚が遡上出来なくしてしまった。
鮭や鱒やその他の野生動物のための最後の命綱を断ち切るという犯罪を平気でおかしてしまったのだ。
(中略)
経済的な理由で、人は川のほとりの木を切ってしまい、河川改修と称して、蛇行した川を直線にしてしまっている。
その罪のつぐないとして、河口で鮭鱒をとらえて人口孵化させているが、
有用な鮭や鱒はそれで生き永らえるかも知れないけれど、川に依存しているその他の生物には
決定的な打撃を与えている。一旦海に降る湿原の巨魚イトウは幻と化し、同じようにシマフクロウは幻の鳥となってしまった。


19 :名無しさん@3周年:04/03/01 08:09 ID:TeQyt8QA
>>18
例えば
つまり食料としての鮭、鱒(魚は食料というだけではないと思うが)
についても、鮭、鱒という種だけを考えて扱っていたのだが、
鮭、鱒という種は、その生存している環境の全てとして存在しているという発想がなかった。


20 :名無しさん@3周年:04/03/03 06:16 ID:MWS5Vfti
環境問題と一言で言うが、
政治力が必要なことである。

21 :名無しさん@3周年:04/03/03 22:14 ID:MWS5Vfti
実は環境問題といっても、食料の問題にもほぼ重なっている。
人災としての側面がある。

22 :名無しさん@3周年:04/03/03 22:27 ID:FdPIx/01
吉野川の堰は白紙撤回になったんじゃなかったのか?
徳島市長は市長選のときは白紙撤回を訴えていたが、
今夏の参院選で自民から立候補するようで、アッサリ
この白紙撤回を撤回するつもりのようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040303-00000086-kyodo-pol

23 :名無しさん@3周年:04/03/04 15:31 ID:wGjAis1H
>>22
最初は自論のままいくようなこといってたのに
拍子抜けするくらい簡単だったな
http://www.topics.or.jp/News/news2004022206.html
ガッカリ

24 :名無しさん@3周年:04/03/04 21:25 ID:exNEOZXV
↑いろいろあるようだが、

25 :名無しさん@3周年:04/03/04 21:30 ID:exNEOZXV
21続き

我々の使う技術、哲学が招く問題としての人災である。
また環境問題は、人口が増えすぎていることが原因にもなっている。

つまり、環境問題といっても、人口問題ともかなり重なっている。


26 :名無しさん@3周年:04/03/05 00:36 ID:lrQpf9O9
だから、環境問題を解決する場合、
例えば、人口問題と、食糧の問題も、同時に解決することになったりする。
(他にも)

いずれも世界規模の問題だ。



27 :名無しさん@3周年:04/03/05 00:48 ID:C1h0pLJE
単純に資産家と公務員のエゴで始まった、利益だけを考えた事業。壊すために発生した利益しか生み出せなかった、愚かな事業だ。

28 :名無しさん@3周年:04/03/13 07:50 ID:0mWfpVeG
抜粋 畑 正憲 著 梟の森 s53発行 収録 レイヨウの丘 より
一つ。狩猟を許可された動物は、自然のバランスなどということはてんから無視され、惨殺されてしまう。
一つ。アザラシがいい例だが、魚網を破るというような理由で一旦害獣駆除申請が受入れられると、たちまち絶滅寸前にまで追い込まれてしまう。
ゼニガタアザラシがいい例である。今では何頭と数えるしか見当たらず、天然記念物に指定されるそうだ。
(前後略)

29 :名無しさん@3周年:04/03/13 07:56 ID:0mWfpVeG
抜粋 国際機関ってどんなところ 原 康 著 p90

累積債務問題が表面化したのは、一九八二年にメキシコが債務支払いができないという危機にみまわれたときです、メキシコを助けないと、ブラジルをはじめとする南米諸国にも危機が波及する危険さえ出たのです。
それまでは国が破産することはありえないと考えられていましたが、その危険が目の前にあらわれたのです。
返済できないほど借金が累積した原因は、メキシコ、ブラジルなど中堅の開発途上国が、工業化政策を積極的にすすめ、国の財政が肥大化したこと、一九七〇年代の石油価格の高騰に引きずられて、
工業製品の原材料となる一次製品の相場も上がり、そうした資源を持つ開発途上国向けに、先進国の民間銀行が争って融資をしたこと、一九八〇年代に入り、先進国の景気低迷や一次産品価格の下落で、債務国の収入が落ちたこと、などが上げられます。
結局、累積債務国は、輸出でかせいだお金や先進国からの援助など、入ってくるお金よりも、債務の元本、利子などの返済金額のほうが多くなってしまったのです。
(前後略)

30 :名無しさん@3周年:04/03/13 07:59 ID:0mWfpVeG
例えば上二つの現象に
共通するものがある。
認識の甘さである。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)