5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

情報マネイジメント論

1 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 13:51
日々のスケジュールや知識、入ってくる情報をうまく管理すること。
これが経営の最低条件であり、また達成目標でもあると思います。

そうした情報マネイジメントについて情報交換しましょう。

2 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 14:45
とりあえず情報管理で参考になる
HP
http://www.noguchi.co.jp/
http://www.aurora.dti.ne.jp/~hkusano/
http://www.maromaro.com/


3 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 20:36
やったー!!無審査でVISAカードが作れた!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【無審査で200万円のクレジットカ−ド発行可能!!】
信用のおけるMASTER、VISAカードが無審査で作れます!!
国内MASTERカードは、30万円〜100万円の融資枠がほぼ可能!!
http://workup.gooside.com/947.html
国際VISAカードは、150万円のクレジット+50万円のショッピング可能!!
使用頻度・年数により、融資限度額は30万円〜500万円まで広がります!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


4 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:11
 今回は「商品」について着目してみた。多くの新規開業者の方が「良い商品」であれば売れると思っている。
間違いではないが、これだけで本当に「利益」の出る店はつくれるのだろうか?
 当社にも「是非、商品を食べてください。今までに無い商品ですから、珍しくて売れると思うんです。でも、
私には飲食のノウハウが無いんで手伝ってください。お会いする方は皆美味しいと言ってくれるんですよ!」と
言った類の相談が沢山ある。
 ここで考えて頂きたいのは、「商品が素晴らしい」事が良い事であるのは間違い無い。しかし、「良い商品」
だけで勝負するのは、とても怖いことである。何故ならば、「良い商品」を引っさげて開業した際に、もし目標
売上をクリアしなかった場合に、「もっと良い商品」を開発しなければならないからである。

 「もっと良い商品」とは一体何か?考え付くのであれば、初めからその商品を売ったら良いのではないだろう
か?ここで分かっていただきたいのは、「商品」は「売上」や「利益」に対して促進しづらいアイテムなのであ
る。
 簡単に説明すると、商品力だけで勝負して売れなかった場合は「じっと売れるまで我慢」しなければならない
のである。もちろん「商品」は「良い商品」に越した事は無いが、商品力だけに固執した売り方は避けた方が良
いと思う。
 少し難しい話になるかもしれないが、私は、不変的に確かな「売り方」を構築した方が、間違い無く賢明だと
思う。つまり「商品をどうやって売るか?」である。そして、商品をどうやって売るかを次回では具体的に話し
ていきたいと思う。次回に期待して欲しい!


5 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:13
今回は開業者の為に、開業後に当社に依頼があった事について着目してみた。相談は次の通りである。
−−−−−
・こんなにやることが多いとは思わなかった
・大変な割には儲からない
・従業員が真面目に働いてくれない
・売上の上げ方がわからない
・お客様が全然来ない
・労働時間が長すぎて体が持たない
・疲れた
・もっと単純だと思っていた
−−−−−

 まだまだあるが、特に目立った相談内容を選んでみた。開業前には「大変なことも分かっている」し「真面目に
考えて始めた」つもりの筈である。何故こうなってしまうのであろうか?
 開業者は開店日までのまでの事は考えて実行するが、開店後の事に関しては、あまり考えない傾向がある。逆
に考えると、開業が怖くなるからかもしれないが、しっかり考えなければバクチ開業である。
 また、開業者が陥る落とし穴にも、大・小さまざまである。小さなミスはしても、大きなミスは避けるべきで
ある

6 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:15
 今回は開業の取り組み姿勢について着目してみた。「開業を手伝って欲しいんですが」と相談依頼が沢山あ
る。手伝って欲しい内容は、
「売れる立地を紹介して欲しい」
「仕入先を紹介して欲しい」
「カッコイイ店をつくるアドバイスをして欲しい」
「金の借り方を教えて欲しい」
「何屋をやったら儲かりますか?教えて下さい」
皆それぞれである。

 この依頼から分かる事は、ほとんどの方が、「開業さえ出来れば・・・」という考えであることが分かる。そ
う、もう「儲かってしまっている」若しくは「頑張れば何とかやっていける」という考えの上に「開業」という
希望を抱いて始めるからである。
 まず考えて頂きたいのは、飲食業は設備投資産業であるという事。それは何か?大きな借金(負債)を抱えて
長い年月を掛けて返済するから、途中で辞められないという事である。
 言われれば、そんな事はとっくに分かっていることだが、ほとんどの依頼者は開業後の事を聞かないのである。
いや、聞けないのである。以前こんなことを言われた。「売上予測は300万円で立ててある。1人でやれば、
最悪150万円でも利益が出る計算です」
 しかし、私は月商50万円の店ましてや5千円の店も知っているので、そんな売上予測など聞く耳を持たなか
った。そこで私は「売れなかった時どうしましょうか?」といつもの問い掛けをした。すると、「そんな事は開る
まで分からないでしょ?もしそんな時は、売れる方法を一生懸命考えるんですよ。」と答えが返ってきた。
 皆さんは、どう考えるだろうか?「そんな浅い考えで始めるわけは無いだろう!」と怒られそうである。しか
し、考えて欲しい。「売れなかったら終わり」ではなく「売れなかった時に何をするか」是非分かる人に聞くよ
うにして欲しい。

7 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:18
 これから開業するお店は何に重点を置いて構想しているであろうか?今回は重要なポイントとなると思うので、良く考えてみて欲しい。
 開業後に「助けて欲しい」的な相談依頼をよく受ける。何かというと、そう「売れない」のである。この相談依頼について、今回は着目してみたいと思う。
 40歳台脱サラ2人組みでラーメン店を始めた。開業2ヶ月後に「月商50万円しか売らない。助けて欲しい」との内容であった。何故こんな事になってしまったのか?参考になると思うので、例に挙げてみる事にする。
 開業前に“繁盛しているラーメン店”に魅了されて、サラリーマン時代から同僚を誘い、味づくりに精を出し奮闘1年、やっと満足の行くラーメンが出来上がったのである。店作りにも余念は無い。数えきれないほどのラーメン店を見て廻った。
 いざ、開業の準備を本格的に始動した。2人で退職金を出し合い、更に借入金をして、約2,500万円の初期投資を掛けて、夢の実現へと準備を進めて行く。2人で話し合い、気に入った繁盛ラーメン店をモデルに計画を進めたのだ。
 店作りは、内装業者と何度も打ち合わせをして、今流行りの木張りで店内は照明を暗めにした。券売機を設置し、メニューは自信作のラーメンとチャーシューメンの2品のみとし、1日限定200食とした。什器備品の選定も終わり、後はオープンを待つ。
 さあ開店だ!「忙しくてお客さんに迷惑掛けちゃったらどうしよう」なんて考えていたんだそうだ。しかし、オープン初日の入客は、なんと35人だったのだ。それから2ヶ月、頑張ってみたが、どうにもならなかったという話をされたのである。
 

8 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:19
当社にはこのような相談が沢山来る。
あなたも同じ様な経験をするかもしれないのである。
いや、絶対にしてはいけないのである。さあ、ここであなたに考えて頂きたい。
彼らは何がいけなかったのか?を。
 彼らは、モデルにした繁盛店をよく研究して、
メニュー数・店のつくり・販売方法・立地等をよく真似て、
失敗のない石橋を叩いた開業を行ったはずであった。
だが一つだけ盗めなかったものがあったのである。それは、
モデルにした繁盛店が“何によって売れているのか”が分からなかったのである。
 たったこれだけなのである。片や繁盛店、
片や店とは呼べない?の差になってしまったのである。
どうやら、この“何によって売れているのか”が大事なポイントとなりそうである。今回は良くある話なので、是非考えてみて欲しいのである。
 次回はこの“何によって売れているのか”を話して行きたいと思う。



9 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:21
 これから開業するお店は何に重点を置いて構想しているであろうか?お店の内装・料理・食器・装飾品・・・
 多くの方が開業前に陥る落とし穴。それは、「何に重点を置いて飲食店を開業するか」である。前述した例を
もう一度見て欲しい。目に見えるものばかりである。
 実はこれらは、長く経営するなら、あまり大事ではない。ようするに、あまり凝るところではないのである。
 それでは、目に見えない部分とは?収支計画・原価設定・・・多分完璧である。それでは何か?「お客様を引
きつける何か」なのである。
 「お客様を引きつける何か」とはお客様が感じる「得」である。繁盛店をモデルに開業を試みて、失敗する店は、
これを見ぬけず、目に見える部分だけで、開業してしまうからである。
 繁盛店を観察すると、?「お客様を引きつける何か」は確実に「表現」されている。しかし、「その店の何が
売っているのか?」分かる方はあまりいないのである。
 これから開業するあなたのお店も、「お客様を引きつける何か」を今一度考えてみては如何かと思う。改めて
言うが、店があって、売るものがあれば、簡単に開業が出来るのである。
 しかし、開業がゴールではないはずである。その先はずっと利益を出し続けて行かなければならないのである。
特に開業前よりも開業後1ヶ月が重要なポイントとなる。

10 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:29
 基本的に「マニュアル」を請求される方と言うのは、真剣に飲食店経営を考えられている方だと思います。そ
して、このメールマガジンを発行するきっかけとなったのは、1通の「メール」からでした。

 内容は、「3年後に開業を考えているんだけど」と言うものでした。その時、私は即座に「1年以内にやった
方が良いな」と他のコンサルタントに話をしていました。理由はいたって簡単です。

 少し難しい話になるかも知れませんが、現在飲食店経営では、ビックリする程の勢いで「2極分化」をしています。つまり、「勝ち組」と「負け組」がはっきりしてきています。即近データは、まだ出ませんが、下記に示す通りです。



11 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:30
「外食産業の情報データです」

2000年と2001年の対比データです。

●ファーストフード
 □売上高前年対比 102.8%
 □店舗数前年対比 101.7%
 □客数前年対比  110.7%

●ファミリーレストラン
 □売上高前年対比 103.0%
 □店舗数前年対比 107.2%
 □客数前年対比  103.7%

●パブ・居酒屋
 □売上高前年対比 104.8%
 □店舗数前年対比 108.2%
 □客数前年対比  106.9%

●飲食店全体
 □売上高前年対比 103.2%
 □店舗数前年対比 104.6%
 □客数前年対比  107.2%

12 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:31
■問題として挙げられる事
 多くの飲食店経営者の認識にづれがあります。1つは、飲食店は全体の「売上高」が増えている事。もう1つは「客数」も非常に増えています。
ですから、この時期に「売上高」や「客数」を減らしているのは、「負け組」の方向へ進んでいる事を意味します。認識して頂きたいのは、「飲食店」に限っては、「不況」ではないと言う事です。

■状況が思わしくない方
 本日から「売上構築」の実施を進められるのが賢明です。遅れれば遅れるほど、差がひらいて行きます。
おそらく、いろいろと考えていても答えは出ないと思います。実施の中で、答えが見つかる場合があります。考えれば、考えるほど、実施内容に迷いが出るはずです。まずは、実施出来る所から始めて下さい。

□中小チェーン・多店舗経営者様へ
 もし、数字が思わしくないのなら、お知り合いの専門家に「店舗の診断」をしてもらう事をお奨めします。特に10店舗を超えてきたり、店舗で働いてはいない経営者では、判断出来ないと思います。皆さんもご存知でしょうが、
ダイエー・イトーヨーカ堂を育て、日本においてチェーンストア理論を説いた渥美先生は、
「2010年以降のチェーンの参入は無理」とおっしゃっています。その前に「淘汰」が始まる事も必至です。賢明な判断が迫られます。
 つまり、3年後の開業に関しては、「私自身も明確なアクション」がとれないのです。しかし、分かる事は、後参入の方が厳しくなる事は理解して頂けると思います。
大手チェーンレストランもファーストフードの様な売価で営業し始めました。けれども、焦る必要はありません。
これは、「売り方」を知らない店を潰す為の「競合店プログラム」です。
 しっかりした「売り方」を持っている店は、全く問題無い事です。
 1日も早く「自店の売り方」を見付けて下さい。




13 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:36

 前回もお伝えしたが、飲食業は不況ではない。
しかし、売上が下がり続けている店もある。
これから開業するあなたのお店は売れるのだろうか?

 少し湿っぽい話になってしまったが、逆に考えると、
笑いが止まらない程儲かっている店もあるという事であ
る。

 私は、100店舗以上の開業に携り、不振店の対策に
も携わってきた。売れる店と売れない店の差は、開業前
の準備で8割は決まってしまうと実感している。

 何が違うのか?それは、考え方が全く違うのである。
チェーン店の100号店の売上予測とは違い、本当の所
の完璧な売上予測は出来ない。ここで、売上予測から上
下どちらにずれたとしても、売れる人は方向修正でき、
売れない人は、その場面に直面してから考え始めるので
ある。


14 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:36
 売上予測以上に売れてしまっても、喜んでばかりはい
られない。それは確実にお客様に迷惑が掛かっているか
らだ。お客様が許してくれるのは、オープンの時だけで
ある。ここで、素早く手を打たないと、どんどん売上は
落ちて行くのである。

 「飲食新規開業研究会」の会員の方は、先述したよう
なことを勉強して開業に臨んでいる。店が出来上がって、
商品があって、人がいれば開業は出来るのである。非常
に簡単である。しかし、飲食業は一時だけ売れても意味
のない商売である事だけは、忘れないでほしい。

15 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:37

 よく「客層は女性メインです」と開業前から決まって
いる方がいる。開業後もそうだが、ターゲットを絞った
考え方についてお話したいと思う。

 「女性に人気があるお店をつくらないと売れないよ」
的な事がマスコミで騒がれている。しかし、女性に人気
を考えるのであれば、性別は関係なく、自店の良いとこ
ろを知ってもらって、来店してもらえる事を考えた方が
賢明である。

 客層(ターゲット)を店側が絞る事はとても危険なこ
とである。それは、飲食業に限っては、商圏が狭いこと
が理由に挙げられる。商圏が狭い上に客層を絞るのは、
「売上構築」どころではない事は賢明な方ならお分かり
頂けると思う。



16 :名無しさん@あたっかー:03/10/07 23:43
 昨今、雑誌やテレビなどに紹介される人気店に踊らさ
れないように気を付けて頂きたい。メディアで紹介され
た人気店がどのくらい生き残っているだろうか?私達は、
これをイベント店と言っている。

 「永続的に売る事」を考えて欲しいのである。

 飲食店は一時的に売れても意味が無いのである。イベ
ント店は、開業当初は売れるかも知れないが、「売り方」
を知っている人は、何十年も継続出来るのである。あな
たはどちらを選ぶだろうか?

17 :名無しさん@あたっかー:03/10/08 08:23
そうそう、こういう玉石混合から玉を見つけ出す能力が情報マネイジメント論だよ

18 :名無しさん@あたっかー:03/10/10 16:33
良スレのヨカーン

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)