5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マルクス『資本論』の現代的意義

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 15:02
について教えてください。

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 15:05
高校のとき漫画資本論を読みました。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 15:20
3

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/05 17:52
ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は
ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。
「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」
そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。
ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。
「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」
どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、
自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。
窓側のベッドの男はそのまま死亡した。
晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、
打ちっ放しのコンクリートの壁だった。


5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 03:46
資本論などというものはもはや意味をなさぬものなのか?

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 03:50
soudesu>5


--------The end-------------

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 17:03
とくに労働市場において古典的な資本主義回帰が進行し、福祉国家の範疇から
外れつつある日本の現状は、マルクスがみていた資本主義に近づきつつある。

現今のフリーター層という新貧困階級とかの時代の労働者の生活とを比べてみ
ると相当類似点が多い。

資本論はやはり考えさせられる書ではあると思うが。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 18:08
嗚呼、われら産業予備軍。

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 18:30
>>8
な、相対的過剰人口の理論ってまさに今の日本そのものを示しているよな。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 19:45
>現今のフリーター層という新貧困階級とかの時代の労働者の生活とを比べてみ
ると相当類似点が多い。

そもそもマルクスは、資本論の労働過程分析において階級内分極化作用を
指摘している筈だ。
いわゆる「労働貴族」層と、それ以外の相対的貧困層(いわゆるフリーター等)は
資本主義的生産と発展過程のなかで必然的に現象化する。


11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 21:14
マルクス理論の前提は人間の生産性は同じ、という前提があって成り立つモノ

知識社会において生産性が同じなんてありえないので、もはやマルクス学ぶ価値は無い

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)