5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「経済コラムマガジン」は(・∀・)イイ!!

1 :名無しさん:2001/07/30(月) 18:57
政策的には「亀井派」とでもいうべきだろうが、この人の
主張は筋が通っている。
構造改革派のエコノミストたちの無知蒙昧ぶりがよくわかる。

どうよ!!
http://www.adpweb.com/eco/

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/07/30(月) 18:58
どうでもいいYO!

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/07/30(月) 19:33
http://www.fujimaki-japan.com
こっちも(・∀・)イイ!!
あのジョージソロスの投資顧問だった人だよ!

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/07/30(月) 20:54
1のも3のも非常に面白いね。
不当に安い中国元、不当に高い日本円についてマスコミはもっと
取り上げるべきだね。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/07/30(月) 22:07
ジョージソロスに会ってみたいな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/31(火) 18:03
オレも毎週見ているyo

7 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/01(水) 02:25
おお。いつの間にこんなスレッドが。
結構、読んでいる人がいるね。
宣伝と思われてもかまわないから、どんどんageよう!
反科学的な腐れ政策を滅多切りにしよう!

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2001/08/01(水) 21:52
まあ、日経と「経済コラムマガジン」の両極を読んで、
あとは自分で判断しよう。

9 : :2001/08/02(木) 00:03
http://www.adpweb.com/eco/eco176.html
日銀の独立性を否定してるなぁ。
でも、確かにこの方が筋が通ってる・・。

10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/02(木) 00:16
>>9
たしかに説得力あるよね。

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/02(木) 00:17
1997年から続いてるのは尊敬に値するよ。
しかし、これを読んでると竹中平蔵の愚かさが改めて分かる、、
しかも彼、今は大臣だもんな。はぁ

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/02(木) 00:22
う〜ん民主主義国家なら政府が金融政策へまったら、選挙で負けるしね。
そう考えると、日銀の独立性が疑わしいくなるね。

13 :七子:2001/08/02(木) 00:58
>>1
これを読んでもっともだと思うならあなたは経済を全然わかっていない。
数字がでてこない。ほとんど直感論。
常識と理論が同じようになるならそんな理論に意味はない。
常識では説明できないことを説明することこそが理論の真骨頂。
自由主義経済では市場が経済の最適な状態を決める。
国家が神のごとく完全なプランを立てることができないから、市場に決定を委ねるのだ。
構造改革に中身がないなんて当然。
原則、市場が決定する事を良しとする自由主義的な構造改革に中身がないと批判するのはばかなことだ。

本音論と建前論で、巨額の財政出動が正しい本音で、でも問題もあるから第三の道なんて理論はごみのようにころがっている。

14 : :2001/08/02(木) 01:32
おおむねこのコラムには納得するが
構造改革で今の小泉の改革を批判するのは
おかしな話だ。

財政出動で全く経済成長軌道に乗れなかった事を
忘れてしまってるのだろうか・・。

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/02(木) 01:43
去年の今頃から毎週読んでます。イイネ。基本的には。

>>14
ハァ?
マクロ経済学@入門編 わかりますか?
専門家でそういう意見ってのなら別にいいけどさ。
そうでないなら、逝ってよし。

16 : :2001/08/02(木) 01:51
>>15
別に財政出動の効果が無いと言ってるわけではない。
結果として、成長を持続できる状態にできなかった事について
言ってるんだよ。

17 : :2001/08/02(木) 01:55
>>16
小泉構造改革で経済が悪くなるのは確実。
貴方が良くなると思ってる理由を述べよ。

18 : :2001/08/02(木) 02:06
>>17
長期的に見て、政府部門の生産性の向上が経済成長になる。
生産性の向上が経済の成長に必要だって事は分かってるよね?
一部の政府部門の生産性の悪さが問題になってる。
この構造的欠陥の部分を変えなければ、本格的な成長は
戻ってこないと思う。

しかし、財政出動は今減らすべきじゃないね。
構造改革をしつつ財政出動は少し別の形で増やすべきだ。

19 : :2001/08/02(木) 03:16
>>18
トータルの生産性が上がると言う根拠が述べられていません。

>一部の政府部門の生産性の悪さが問題になってる。

電波ですね。

20 :匿男:2001/08/02(木) 07:48

>しかし、財政出動は今減らすべきじゃないね。
>構造改革をしつつ財政出動は少し別の形で増やすべきだ。

大減税をすべきだ、取りあえず消費税を1%にしよう。

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/02(木) 07:53
>>20

減税??アホか。

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/02(木) 10:00

でもさ、教条主義的経済ヲタって特徴的だよね。

 「あんた経済学の基礎わかってる?」
 「数字で示せないのは根拠がない証拠」
 「...についてもっと論理的に述べよ」

とか言ってんの。
それ以前に自分が現実社会で生きていけるようにしたら?
いつまでも親にパラサイトして中途半端な人生送ってないでさ。ププ

23 : :2001/08/02(木) 10:20
わかりきった事をいちいち数字で示せとか根拠を述べよとか言う奴
完全にわかりきってるのに何故いちいちそんな事をしなければならんのだ?
教科書に載せるためか?

>>一部の政府部門の生産性の悪さが問題になってる。
>電波ですね。

一部の政府部門の生産性の悪さなんて常識じゃないか・・。
政府全てがすばらしい生産性だとでも言うのか?
身分保障で無競争、倒産も無いリストラも無い。
これで一部の部分が腐敗するのは当然だろ・・。

24 :七子:2001/08/03(金) 00:04
>>23
まず、ポールクルーグマンの「良い経済学、悪い経済学」第九章 常識への挑戦 を読んでください。
その上で批判です。
どこが非生産的でどこが生産的か、それをあぶりだすために数字と言う名の暴君が必要なんです。
それとも、国家の全てをなくすことが生産的だと思っているんですか?

25 : :2001/08/03(金) 00:27
>>24
何言ってんのか全く意味不明です。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 00:36
>>24
僕は思ってます藁>国家要らん

それにクルーグマンは民主党シンパだがクリントンの
ブレーンからは落ちこぼれたヤツじゃん。
(ジャグティシュ・バグワティとともに)

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 00:53
>>24
おまえバカすぎ。あんな本で脳味噌洗われてんじゃねーよ(藁。

28 : :2001/08/03(金) 01:51
>>24
あのさ・・それをあぶりだすのは、ココに居る人のやるべき事でもないし
やる必要も無いだろ。

数字出して生産性を上げるのは、国の仕事。
それを監視するのが国民。
国民として、どう見ても生産性の悪い部分があるから
それを治せと言って何が悪い?

>トータルの生産性が上がると言う根拠が述べられていません。
何だそれ?トータルの生産性を上げる根拠が述べられてない?
政府も経済の一部、効率化すればトータルの生産性も上がるだろうが・・。

29 :無党派さん:2001/08/03(金) 06:05
日本を滅ぼす松下経世塾はいいね

30 :別人28号:2001/08/03(金) 09:38
>政府も経済の一部、効率化すればトータルの生産性も上がるだろうが・・。
合成の誤謬っちゅうのを知らんようだ・・・。

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 11:47
>政府も経済の一部、効率化すればトータルの生産性も上がるだろうが・・

道路を造るのにコストかけ過ぎってこと?
政府支出を減らしても、同じ道路を造れるようにしろってこと?

「政府が資本(労働力)を使い過ぎていて、
 民間が使用する資本(労働力)が値上がりしてんだよ。
 政府は今の事業規模なら、努力して使用資本を減らして、
 余った資本を民間に回せるだろ。」

ってこと?
公共事業に生産性を求めるのって、やっぱよくわからん。
現状としては余ったモノを使っているだけ。

32 : :2001/08/03(金) 12:08
>>31
>公共事業に生産性を求める
一部の公共事業は、当然採算が取れないから国がやってるので
全ての事業で採算を取れるようにしろって事じゃなくて
>余ったモノを使っているだけ。
この精神でやっていれば、ムダが膨れ上がるのは当然だと思うわけ。

民間で十分やれることは、当然民間に任せるべきだし
国がやる理由も無い。
生産性をできる限り上げたうえで、不要な部分カットして
必要な部分に回した方が良いだろう。

余った税金を非効率に使っているぐらいなら
効率化したうえで、配分しなおせばいい。
とにかく予算を使い切れってのは駄目だと思う。

生産性を上げた結果、国も価値を生み出せば
経済成長になるし、不景気だからと国が金をばら撒くだけで
いいわけでもないだろう。

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 12:23
このコラムの著者の言う慢性的な需要不足という指摘にはおおいに同感だな。

しかし,需要を財政出動でカバーするのは問題ではないのか?
不況だから,仕方ないって議論はわかるが,
同じところをぐるぐるまわってるような気が。。。。
どうも,財政は悪化しているのに比べ,景気が回復した時の歳入がそれほど見込めるのか疑問だな。

財政出動の意義はわかるが,景気が回復した時の歳入の規模の見通しと
そのときの歳出のカットを明言しないと説得力が。

34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 12:44
>>33
例えばバブル期の話。この時は貯蓄<投資で財政黒字になったよ。
つまりバブル期並みの消費、投資をしなければ日本では財政黒字にならない。

それほど日本の需給ギャップは大きいということ。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 13:02
>>34
でも,現在の低迷ぶりを見ると,そのときの投資が
実をむすんでないということにならない?

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 13:51
>>32
生産性を上げる = 資本(労働力)の投入量を減らしつつ生産量を一定に保つ

 現状としては、資本(労働力)は民間で供給超過ですが。
 効率良くして、公共事業に投入せずに済んだ資本(労働力)は放置ですか。
 給料上がらないな。

>ムダが膨れ上がるのは当然だと思うわけ。

民間で供給超過になった部分を吸収した時点でムダではない。
てゆうか「ムダ」ってどういう状態を言ってるんだ? わからん。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 13:51
>>35
ナイス質問!センスのいい奴発見!!

38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/03(金) 17:53
>>35
>>37
今夏休みなのか、いいなあ。

39 :七子:2001/08/04(土) 00:31
>>28
あのさ・・それをあぶりだすのは、ココに居る人のやるべき事でもないし
やる必要も無いだろ。

そのとおりですね。
しかし、私が批判したいのはここの人ではありません。
経済コラムマガジンについてです。
経済コラムマガジンを書いている人はプロでしょう?
国家の政策を実効的に批判し、周りを説得し、有効なものにしていくためには理論と数字が必要でしょう?

わかりやすく簡単に言いましょう。
財政出動の財源は何ですか?
国債ですよね。
銀行は低金利で、預かっているお金で国債を買えば、それで利ざやがかせげますよね。
とすれば、銀行は企業にお金を貸さなくなって、市場に出回るお金が減りますよね。
それは景気に悪い影響を与えますよね。
分りましたか、財政出動が不景気の原因となっている経済循環が。
これを前提にして、じゃぁ何でこうなるの?
どうすればいいの?
これが今の問題です。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/04(土) 02:21
>>38
疲弊し切った低所得賃金労働者発見!!

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/04(土) 02:24
>>14
>>23
>>28
>>32

石原ノブテルの話を聞いてるみたいだ。電波にも程がある・・・
って、もしかして釣り師なの? げげ

42 :経済コラムマガジン支持者:2001/08/04(土) 10:42
>>39
> 銀行は低金利で、預かっているお金で国債を買えば、それで利ざやがかせげますよね。
> とすれば、銀行は企業にお金を貸さなくなって、市場に出回るお金が減りますよね。
> それは景気に悪い影響を与えますよね。
> 分りましたか、財政出動が不景気の原因となっている経済循環が。

それに対する反論は1997年の時点で書かれています。
http://www.adpweb.com/eco/eco2.html

43 :名無し23:2001/08/04(土) 11:51
>>39
利口面して馬鹿なこと書くと後で恥ずかしいよ。

44 : :2001/08/04(土) 12:19
>>41
反論するなら、何処がおかしいかを書きましょうね。

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/04(土) 12:35
「経済コラムマガジン」は
地価を上げれば良いと言う結論が出ているので、信用できん。
価値が無いものを吊上げれば、どうなるか分かるだろう。
筆者は、土地で痛い目にあっているのかも?
それで、バブルを期待しているのか。

46 :39:2001/08/04(土) 13:43
>>42
>これは日本経済持っているの貯蓄過多体質によるもので、これはそう簡単に変わらない。以前から世界の中で日本の金利は低く、特に最近では資金需要がなく、国債の発行金利が2%台と言う歴史的低金利となっている。日本経済は過小消費 (貯蓄過多)により慢性的に不足する需要を政府の支出に求めるか、海外に求める他はなかった。ここで政府が支出がセ-ブし、為替水準が適当であれば(外債の購入などにより継続的に資本の流出がありこのようなケ-スはまま起きやすい)輸出が増え、海外と摩擦を起こすだけである。貿易摩擦が起きるたびに内需拡大のかけ声が起き国債の発行が増額されてきたのである。このように国の債務残高の増加する要因の一部は日本経済の持っている体質に根差しているのである。
つまり、日本人は貯蓄性向が高いので、資金面で十分で国債はクライウディングアウトは起こらないということでしょう。
ここまでは同意します。
しかし、資金があったとしても銀行がそれをちゃんと貸すか。それが問題です。
革新的企業に高い金利でお金を貸すよりも、国債で安全確実に利ざやが稼げるなら、資金があったて銀行はお金を企業に貸しませんね。
そうじゃない銀行員もいるかもしれません。でも危険をおかさない銀行員の方が多いでしょう。

もし、財政出動で景気が回復するなら、1997年以降これだけ歴史的な財政出動をしたのに景気が回復しないのですか。

47 : :2001/08/04(土) 14:30
財政出動で安定成長は見込めない。
コレは、この十年で結論が出たと思う。

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/04(土) 16:21
直接金融をないがしろにしてきたツケがきたようだな。

49 :31:2001/08/04(土) 23:42
>>32
「  」の部分について反論してくれ。マクロ経済政策のこと話してんだから。

50 : :2001/08/05(日) 00:23
>>49
>「政府が資本(労働力)を使い過ぎていて、
> 民間が使用する資本(労働力)が値上がりしてんだよ。
> 政府は今の事業規模なら、努力して使用資本を減らして、
> 余った資本を民間に回せるだろ。」

どちらかと言えば、資本の有効利用をしろって事かな。
民間でやれる部分を国がやって非効率化させるよりも
政府がやるべき事は、まだたくさんある。
必要とされる部分に資本をちゃんと使えって事。

別に国の財政を緊縮にすればいいとは思ってない。
やらなくていい事は、止めて
やるべき事をやれって事。

51 :39:2001/08/05(日) 21:06
結局、経済コラムマガジンはでたらめということでケリでいいですね。

52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/05(日) 21:30
>>51
経済コラムマガジンをの名を改め、
ムネオ&亀井マガジンと言うことで。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/05(日) 21:54
>>39 >>51
今、小泉が国債発行削減しようとしてるから
これで金回りがよくなって景気がよくなるんだよね。

ばんざーいw

54 : :2001/08/05(日) 22:11
国債発行削減って騒いでるけど
たったの3兆だぞ・・。
小泉もそんなに馬鹿じゃないって。

ヨーダも言ってただろ、30兆は妥当な額だって。
それに既に補正の話も出てる。

55 : :2001/08/05(日) 22:31
>>54
馬鹿だなあ、補正予算組むなんて誰も言ってないぞ。
論理的に聞け。
「もちろん補正予算は組みます。構造改革の枠組みの中で可能なら」
「構造改革の枠組み」の定義なんて存在しないんだから、これは
「補正予算は組まない」と同値。

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/05(日) 22:38
補正予算組むと構造改革に矛盾するからやめろって最新号で言ってるね。
もちろん冗談だけど。

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2001/08/05(日) 23:11
>>50
要するに総額がそれ自体は問題ではなく、事業の中身を組み替えろってことね。
ならいいです。
“生産性”って言うからインプット減らせってことだと思った。

58 :OFW:2001/08/07(火) 14:43
OFWマガジンも読めや!!!!!

59 : :2001/08/07(火) 14:46
>>58
それって何?教えれ。

60 :OFW:2001/08/07(火) 15:12
>>59
ハァ?
君は私のことを知らないの?
私OFWは哲学板の最強コテハンだよ。
そしてOFWマガジンとは私のカキコのことさ。
OFWマガジンを読みたいなら、哲学板ヘ来いや!!

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/07(火) 15:14
>>60
ハァ?
ここは経済板だバカ。
お前はここじゃ単なるその他大勢だ。

62 :OFW:2001/08/07(火) 15:33
>>61
ははぁ、
君は私が「岩井克人の貨幣論は正しいのか?」スレで
活躍したのを知らないんだな?

63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/07(火) 15:33
塩自慰、補正予算導入のこと匂わせましたね。

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/07(火) 17:51
>>62

騙りでしょう。

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/07(火) 23:01
知るかバカ。

66 :OFW:2001/08/07(火) 23:17
負け犬ですか、あなたたちは?

67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/07(火) 23:19
>>66
あんたがね。

68 :JMM:2001/08/07(火) 23:25
今日本屋に行ったよ。JMMの意味が初めて分かった。
Japanese mail Magazineの略だたんですね.
Jounal of Marketing Methodologyなんて雑誌があるのかと
思ってました。最強OFWさんはなんの略なんですか?
Often weakened とかの略?

69 : :2001/08/07(火) 23:31
>>68
>Often weakened

ワラタ。

70 :OFW:2001/08/07(火) 23:36
OFWってのはイギリスのロックバンド
の名前だよ。マイナーだから知らないだろうがね。
因みに、OFWとはなにかの略称ではない。
OFWリーダーのジル=ウィーバーによれば、それは
インスピレーションによる単なるアルファベットの羅列
なのだそうだ。

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/07(火) 23:44
勘違いコテハン氏ね

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/07(火) 23:48
>インスピレーションによる単なるアルファベッドの羅列

ならプリンス(という歌手)の方が上手ですね。
「昔、プリンスと呼ばれた男」でしたっけ?
わけのわからない梵字みたいな字でしたね。

あとオウムあらためアレフのアレフって、ギリシャ文字の
アレフなんですか?あれってドンキーのアレフと同じだから
登録商標に違反しないのかなぁ。

73 :39:2001/08/08(水) 00:05
>>53
まさか。

これから先の日本はサッチャー政権下のイギリスが参考になります。
ヴァージンなどの新興企業の登場と深刻な失業率。

国債の発行額3兆円減ったなんて、日本のGDP600兆円から見れば微々たるもの。
国債を発行せず、100兆円規模の通貨供給の増大が失業率を低め、新興企業の勃興を促すでしょう。

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/08(水) 10:31
ところで
経済コラムマガジンって、結構、いろんなところにリンク貼られてるんだね。

中国の為替政策の件りでは、まゆつばな印象がぬぐえず、
途中で読むのを止めたけれど、ちょっとうらをとってみたい気もした。
視点が面白いと思うな。

関連リンクでも出しておいてくれればもっと読みやすいのに。
切り口は、斬新だけれど、うーん、ほんとかよ、で終わってしまうことが多い。

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/08(水) 11:00
以前OFWというコテハンがいた。
そのハンドルやめとけば?
あまりにもレベルが違うんだもん

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/08(水) 11:02
>>74
ポジショントークだろ。

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/08(水) 11:04
因みにその当時のOFWは自分のハンドルの略をオルドファッションなんとかといってたな

78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/08(水) 11:41
>>76
それは、経済コラムマガジンにリンクしているHPの傾向からも
窺える。

79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/10(金) 02:14
硬直した経済論壇の現状から鑑みれば、経済コラムマガジンのような視点は大変貴重な
ものであるように感じる。

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/10(金) 17:37
でもこれだけ国債を発行していても
この著者が言うようにハイパーインフレは本当に起きないのか?
まして恐慌をや。

浅井某が日本国破産とかいう本でしきりに警告しているが・・

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/10(金) 17:50
>>80
国債は、その発行額の多少より、利払い期限のときの税収の多少
が問題だとおもうのだが。
その時点での税収を確保すべく、需要刺激策の原資のために国債
を発行するわけだから、一概に国債の発行高ばかりをあげつらっ
ても意味ないよ。
で、国債の発行とハイパーインフレって同関係するの?

82 : :2001/08/10(金) 18:45
>>81
一応、国債残高に国民が怯えまくって限界が来ると
政府の信用が無くなり、インフレになるらしい。
不可能じゃないけど、ほぼありえない事。

83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/10(金) 18:50
>>82
なんかすっきりしないなあ。
中間の仕組みの説明がゴッソリ抜けているって感じ。
その浅井某の本を読めば、納得できるのか?

84 : :2001/08/10(金) 19:02
>>83
こんなもんにすっきりする方がおかしい。
国債が増える、国民が国債残高に不安になり国債が売れなくなる
この国債を無くすには、ハイパーインフレしかないって事だろ?
(本読んでないので違ったらスマソ)

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/10(金) 20:41
>>84
うんうん、そんな感じ。
国債乱発で長期金利上昇
結果として消費税20%への大増税。
そして得体の知れぬ不況への突入だと。

浅井氏の同著ではバブル崩壊は操作されたものであり、
ソロモンとかいうアメリカ・ユダヤ系の証券会社の陰謀だとさ。
そしてその後大蔵省が取ったPKO(プライス・キーピング・オペレーション=財政による市場介入)は
全く無意味だったとこき下ろしている。

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/10(金) 20:47
コラム読んでみたんだけど、景気の状況が変化すれば
構造改革派と言えども政策に変更を加えるのは当然ではないの?
必要以上に政策に意固地になる必要はないっしょ。

構造改革派のポジションを必要以上に固定化させようとするのはなぜか?

87 : :2001/08/10(金) 21:03
>>85
それをマジで書いてるなら本物の電波君だな。

バブルは、貸し出し先を失った銀行が生き残る為に
土地を担保に金を貸して、その金で土地を買ってまた担保に・・って
売買ゲームをやってしまったのを、あわてて国と日銀が
崩壊させたのさ。

日本のバブルは、株よりも土地だろ?
PKOで国が土地を買ったのか?
ソロモンとかって奴は、土地を空売りでもしたのか?(w

88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/11(土) 01:22
>>85
浅井某、完全なる電波だな。

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/11(土) 03:03
>>87、88
陰謀説を否定するのは一向に構わないが、
株価や為替が「神の見えざる手」によって決まるとでも思っているのかい?

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/11(土) 03:39
浅井某は電波×電波。ハイパーインフレなんておきるわけないだろ。今はハイパーデフレ
の方が起きやすい。

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2001/08/11(土) 03:58
国と日銀が崩壊させたというのは株式が下がって時間がたってから。
当時のソロモン・ブラザーズが総流通数のすくない日経平均採用銘柄
を徹底的に買いあがってから1990年初頭に徹底的な売り攻勢に出て
株式のバブル崩壊を招いたのは事実として残っている。
ハイパーインフレがここまで成熟した国家におこるのか、
といえば疑問に思うけど、起きるわけないというのは言いすぎ。

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/11(土) 09:16
結論。小泉よりは、マガジンの方がまだいい。

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/11(土) 11:50
>>89
ごく限定された銘柄をごく限定された期間操作する、
またはごくローカルなドル換算総供給量の少ない通貨を
ごく限定された期間操作することは可能。
それ以外は不可能。電波?

94 :七子:2001/08/11(土) 22:59
>>92
逆、経済マガジンよりは小泉の方がまし。

95 : :2001/08/11(土) 23:13
構造改革とハーモナイズする金融緩和方向を求める姿勢変わらない
http://news.yahoo.co.jp/headlines/reu/010810/bus/11502701_japan_47750_1.html
9日に開かれた若手議員との勉強会のなかでの発言について、竹中担当相は、「一層の量的緩和は必要だと思うが、同時に、いくつかの問題点も含んでいるという話をした。資金の実需がない場合には、銀行に資金がだぶついてしまうという日銀の主張にも一理ある。インフレーションターゲティングも、名目金利が上がり、物価が上昇しても実質金利が変わらないという理論的な議論も理解できる」と述べた。
そのうえで、「金融緩和をして、実質金利が下がった場合に円安に向かうというのは、ロジックとしてはあり得るが、それによってデフレが抑えられるかということを考えると、物価を上げるほど円安にすることは現実にはあり得ない。他の選択肢がない中で、金融政策に対する期待は大きいが、それなりに限界があるということは承知しておかなくてはならないという理論的整理を行った」と語った。

竹中は案外まともだね・・。

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/12(日) 03:40
>>94
もう小泉は不況の原因となった。

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/12(日) 07:26
>資金の実需がない場合には、銀行に資金がだぶついてしまうという
>日銀の主張にも一理ある。インフレーションターゲティングも、
>名目金利が上がり・・・

資金の実需がないのに名目金利は上がるのか? >へーぞー

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/12(日) 22:54
>>97
それは漏れも知りたい。

99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/12(日) 23:22
>>97
竹中さんは、おそらくフィッシャー効果をイメージしてるんじゃない?
資金の実需とは関係なく、期待インフレ率の上昇で
理論的には名目金利は上がるでしょ。

100 :デフレと公共投資:2001/08/13(月) 00:11
下のは『デフレと公共投資』(教養大学第96号2001/08/11)という文章をザックリ要約したものです。『経済コラムマガジン』と対照的な意見なので、一つ一つ吟味してみたら面白いと思います。Nさんゴメン!
原文 ttp://www.honya.co.jp/contents/tnagai/mag02/0096.htm
倉庫 ttp://www.honya.co.jp/contents/tnagai/mag02/index.html


(1)不況時の景気対策に公共投資の拡大は効果が無い。なぜなら、バブル崩壊後になされた公共投資によって、目的が達成できないことが実証されているからである。

この点、積極財政派は、目的が達成できなかった理由を「景気が上向きかけると緊縮財政に戻ったためであり、切れ目ない財政出動を続けるべきであった」と説明するが誤りである。なぜなら、公共事業の終了後も波及効果は続くはずなのに、実際の財政出動にはその場限りの効果しか生ぜず、同派の主張を貫くならば、景気を下支えするために「切れ目ない財政出動」が際限なく必要となってしまうからである。

101 :デフレと公共投資:2001/08/13(月) 00:11
(2)また、財政拡大は、変動相場制下では金利を上昇させ、クラウディング=アウト効果や円高による輸出の減少といった弊害を招き、GDPを抑制するので良くない。たしかに、そのような弊害があっても、政府が資金を有効活用して内需主導の成長を促進すれば、公共投資は有効かもしれないが、政府の当事者意識が欠如しているため、実際の投資効率は民間投資に比べて著しく低く、公共投資はやはり妥当でない。

(3)さらに、ニューディール政策によってアメリカ経済を世界大恐慌から救うことができたというのは神話である。なぜなら、実際のニューディール政策は失敗であり、世界大恐慌から救ったのは第二次大戦による特需だったからである。

(4)もっとも戦争はデフレ克服の実績を持つ或る種の「公共事業」といえるが、戦争によらず平和的にデフレから脱却するには、日銀が量的金融緩和によってインフレに誘導し、不良債権をインフレによって一掃するのが妥当である。なぜなら、マンデル=フレミング=モデルによれば、変動相場制の下では景気対策として財政政策は有効でないが、金融政策は有効だからである。

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/16(木) 22:43
でどうなったage

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/19(日) 13:42
無視されてる…。

批判期待age

104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/19(日) 13:55
2)はちがうんじゃあ?財政政策→金利上昇→資本収支黒字
→ドル売り、円買い→ドル安→日銀によるドル買い円供給→
IS曲線が右シフト。→乗数はかなり大きい。

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/19(日) 13:58
間違えてた。上に書いたのは固定相場制の場合でした。

しかし変動相場制といっても一ドル80円なんてふうには
ほとんどならない。ターゲットゾーンをもうけていて、協調
介入を先進国の中央銀行がするからです。

106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/19(日) 14:05
日銀が量的緩和をしたとしても、民間銀行が国債を買うだけだから、
けっきょく信用乗数は低く、民間の企業にお金がまわらない。
インフレにしても、消費が増えるかどうかも疑問。(実質所得
がへりヨーロッパで消費が減っているというのはどこかに書いて
あったこと)。手が熱いので、はやくお金を手放したいなんて
思うかどうか。もしそうなったら、コントロールできないんじゃないか?

インフレ率は5%にします。と竹中や日銀が言っても誰も信用しないよ。
もしならなければどう責任をとってくれるというんだろう。
インフレを計算にいれながら、安心のある将来を想像すること
なんてできるか?物価はかわらないと信じているから、いくらか
貯蓄をし、たまに大きな耐久消費財を買うこともできるんだよ。

107 :藤巻プロパガンダ8/19-1:2001/08/20(月) 20:55
藤巻プロパガンダ8/19-1の要約。
ttp://www.fujimaki-japan.com/propa/20010819-1.html

(1)先週の日銀による金融緩和は、日銀自身も景気回復に結びつくと思っていない。
なぜなら、日銀総裁は「消費者のセンチメントが変わることを目的とする」と述べて
いるからである。

(2)今回の金融緩和は景気回復に結びつかないが、国内外からの不毛な要求を封じ、
円安政策を推し進めるための下地となった。すなわち、(a)政治家が主張している
金融緩和策が景気回復に無効であることを示したことで、他の有力な政策(円安政策)
に切り替えるための下地ができた。また、(b)近隣諸国からの円安反対の声に対して、
「円安にしないと日本は破産して君たちアジア諸国は輸出先がなくなるぞ!」と抗弁
できるようになった。

(3)円安にする最も簡単な方法は、日銀による外貨資産の購入と大蔵省の介入である。
なぜなら、この介入は、日本政府が円安を望むという明確なシグナルとなるからである。
もともとの日米の金利差に加えて、政府と日銀が円安の決意を示すことで、今の経済実態に
円は少しは近づくだろう。今の経済実態から試算すると、円は1ドル250円くらいが
妥当である。

(4)景気回復は遠くない。今回の金融緩和措置の際、日銀総裁は「デフレ脱却」を
指向することを仄めかしているので、円安誘導政策によってインフレに向かうに
違いないから。

(5)資金運用部と日銀は国債の最大の保有者であるが、(a)国債購入の原資となる
郵便貯金の残高は減少傾向にあること、(b)過去の高金利のため10年間は郵便貯金の
解約がないと考えられていたところ、近年の定額貯金は銀行普通預金に等しい金利しかつかず、
郵貯の質に変化が生じいることに注意せよ。長期債を買うのは、金利のミス・マッチ
ポジションが大きくなりすぎる。

(6)物とサービスの取引だけが経常収支に影響を与え、それらの取引が黒字であるため、
わが国の経常収支が黒字になったかのように新聞各紙は書いているが誤っている。
わが国の経常収支が黒字なのは、配当や利息収入の多さに原因があり、物やサービスの
取引によってではないからである。

108 :藤巻プロパガンダ8/19-1:2001/08/20(月) 20:57
(7)配当や利息収入の多さが経常収支の黒字の原因であることは、アジア諸国からの
円安反対の声に対する抗弁に利用できる。配当や利息収入は、他国の労働市場を奪わない
からである。

(8)今の低金利は長く続かない。物やサービスの取引が赤字になれば、海外の投資資産を
崩さざるを得なくなり配当や利子収入が減るし、経常黒字分を資金余剰とみるマクロ経済学も
この予測を支持するからである。

(9)『DIAS』で連載をはじめた。キオスクで購入可能。

(10)新聞は必要最低限の事項だけを伝えるのが良い。情報の取捨選択の手間が省けるからだ。
この点、日経新聞は経済記事に焦点を絞っていていい。ある日のスポーツ記事では
マリナーズの勝敗を載せず、イチローの功績だけを載せていた。非常によろしい。

(11)『タイヤキのしっぽはマーケットにくれてやる!』は9月3日発売予定。

(12)有力な講演者の発言の一部だけが報じられたため、マーケットが誤解した例。
榊原財務官の講演終了後、報道関係者は入室禁止となっていたので、会場にいた私は
取材陣から公演内容について質問を受けた。そこで、私にとって都合の良い情報だけを
取捨選択して記者らに伝えたところ、片面的な記事が発表され、私は儲けることができた。

(13)統計に現れる数字は、測定方法によって原データ自体の正確性を失うことがある。

(14)「だから慶応経済卒を、私は信用しなくなるんだよ! 」


感謝!!>104-106

109 :藤巻プロパガンダ8/19-1 :2001/08/20(月) 20:58
(6)物とサービスの取引だけが経常収支に影響を与え、それらの取引が黒字であるため、
わが国の経常収支が黒字になったかのように新聞各紙は書いているが誤っている。
わが国の経常収支が黒字なのは、配当や利息収入の多さに原因があり、物やサービスの
取引によってではないからである。

110 :朝まで生テレビ「日本は沈没するのか?」:2001/08/25(土) 03:38
朝まで生テレビ「日本は沈没するのか?」冒頭の約1時間10分まで
(第1回目のCMまで)の要旨。

Q 景気はいつ回復するか?

◇水野(エコノミスト)
 構造改革が進んだ場合、2005年から2007年、
 構造改革が遅れた場合、2010年〜2015年。

◇島田(慶応)
 3年後。構造改革の途上2年間は大変。

◇白石(ニッセイ)
 2年後。構造改革の道筋がついた段階で回復する。

◇森永(アナリスト)
 デフレが止まれば、直ちに回復する。小泉は好況になると構造改革ができなくなるので、
わざとデフレ状態にしているのかも。

◇金子(慶応)
 長期間停滞する。世界経済を牽引する国も産業もなく、米国はユニレタリズムに
走っているから。戦前に似ている。

◇ランダース(ジャーナリスト)
 来年末。アメリカ経済は来年回復し、日本はそれをうけるだろうから。

◇松原(東洋大)
 2005年。財政のプライマリーバランスをとり、不良債権を処理できれば可能。

111 :朝まで生テレビ「日本は沈没するのか?」:2001/08/25(土) 03:39
Q 構造改革とは何か?

◇根本(自民)
 非効率的な産業を整理して、効率的な産業にシフトさせること。

◇大村(自民)
 生産性の高い産業に資源を集中し、事業と産業の再編を促すこと。

◇枝野(民主)
 業界の政治・行政への依存を断ち切り、マーケットメカニズムにゆだねること。

◇古川(自民)
 雇用の流動化を促し、失業者の面倒を企業ではなく、社会全体がみるような仕組みに
変えること。

注:この論点では失業者が異業種に移動できるかが問題となり、田原は建設業者の実態
を挙げて不可能であることを示し、島田は「玉突き型の吸収」という理屈について何かを
説明しようとしていたが途中で切れ、結局水野が「自由主義経済を徹底させる」と述べた
ところで次の話に移ってしまった。なお、司会を除く計12名の冒頭での発言には、
次の山本のものが加わる。

◇山本(自民)
 「貯蓄28%−投資19%=財政赤字7%+経常収支黒字2%」という式を示し、
貯蓄を減らせばいい。デフレをなくす何らかの方策をとれば良い。

112 :朝まで生テレビ「日本は沈没するのか?」:2001/08/25(土) 03:40
Q 経済再生のための諸見解は?

◇高コスト構造の解消に求める見解
 不良債権の処理よりも、規制過剰によって高コスト構造がつくられ、経済の体質が
弱くなった。高コスト構造があるから中国などに負けている。付加価値の高い分野で
勝負するために規制緩和で電力や情報コストを下げるべき。

◇需要の喚起に求める見解
 銀行券を発券し銀行に流す。日銀は土地やCPや社債を購入する。最終手段では
ヘリコプターからばら撒く。

◇不良債権の処理に求める見解
 不良債権の査定を厳格に行い処理すべき。不良債権の処理と公益法人の民営化を
経済再生の必要条件とも。

◇銀行の与信機能の充実に求める見解

以上、冒頭の約1時間10分まで(第1回目のCMまで)

113 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2001/08/25(土) 19:01
          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ||S−I=G+C 。   ΛΛ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ||28% 19% 7% 2% \ (゚Д゚ ) < 小泉改革の本質は
          ||________⊂ ι|    \Gの7%を減らすことです。
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧     |  |     \______
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧    UU~
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧   /昨日の朝生は「山本・森永」対
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(´∀`)< 「島田とその他有象無象の亜流」
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ   \って感じだったかな?
                              \______

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/02 19:39 ID:UcTlWdg6
まだ、二日だが、もう9月3日号アップされてる

115 : :01/09/02 19:43 ID:/PVgdhpQ
ココだけの話だが、いつも日曜日3時頃にはアップされているよ。

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/02 23:44 ID:EVAtQ/Vo
他の板だけど、こんなスレ、出ちゃってる。やれやれ・・・

警官増やすより、銃所持認めろ!
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=seiji&key=999410779&ls=50

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/04 18:18 ID:MEac44AQ
経済コラムマガジンって、妙に定量的な部分が少ないんだよなあ。
この手のコラムは、定量的シミュレートが欲しいところ。
定性的・情緒的な部分が多すぎて、説得力がいまいちないんだよね。
全体的にうさんくさい雰囲気に満ちてる。
筆者さんのバックボーン知りたいな。筆者さんの経歴HPのどこにも載ってないんだよね。
この発行会社もアクアデータ企画?
業務内容がホームページ作成とか、経営コンサルタントとか、インターネット総合コンサルトとか、
通信機器販売とか、はっきりいってなんの会社なのかよくわからない。

まあ、確かに内容自体は独特で面白いんだけどね。

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/04 19:58 ID:0rMclimk
>>117
禿同 筆者と会社の詳細きぼーん。

119 :azul:01/09/05 22:51 ID:gYdxMrls
たしか経済コラムマガジン"2”になる前は東京大学の学生だったと思います。
そう考えると、卒業後ちょっとしてベンチャーみたいなことをやっているのかも。
ただ、わたしは経済コラムマガジンとJAPAN ECONOMIC REPORTを両方創刊号から読んでいて、
時々似たようなことも言っているのでもしかしてJEREPの方と勘違いしてるかも。
もしそうならご了承を。

内容については個人的に大賛成です。
さらに言うなら、構造改革なんてまったく不要で、需要喚起政策(インフレ等)
だけで日本の景気は回復すると思います。
全ては日本人の異常な貯蓄性向が原因としか考えられませんので。

120 : :01/09/05 22:57 ID:WfomtPe6
>>119
日本人の貯蓄性向が問題なら、インフレ策も効くだろうけど
郵貯を民営化すればいいんじゃないの?
それって小泉の言う構造改革だけど。

121 : :01/09/05 23:27 ID:DXy3TbAc
>>120
郵政の民営化事態は反対しないどころか、むしろやった方が良いと思っていますが、
それで全ての問題が解決するとは思いません。

122 : :01/09/05 23:29 ID:WfomtPe6
>>121
いや、私も郵貯民営化ですべての問題が解決するとは思ってないよ。

123 : :01/09/05 23:30 ID:ev/5KIVg
>>121
郵政民営化が何故やった方が良い事だと思ってるの?

124 :azul:01/09/06 01:53 ID:w/MghO0g
もちろん、構造改革の一端としての郵便局民営化に意味が無いとは思いません。
が、景気対策としての効果はきわめて限定的なものではないでしょうか?

たとえば>>120さんは郵便局にお金を預けていますか?
もし預けていたとして、郵便局に預けることにした理由は何でしょうか?
きっと「リスクをとりたくない」か、それに類する理由でしょう。
(銀行の無いような離島に住んでいる、というのなら話は別ですが。
この議論には関係ない点なので、ここでは省略することにします)
そういった資金を郵便局に持っていたとして、郵便局が民営化したからって
その資金が消費に回ったり、投資に回ったりするのでしょうか?
これは間違いなくありえないといって差し支えないでしょう。
結局「三井住友クラスならそう簡単にお国も潰しはしないだろう」とかいって
大手都銀に貯金され、国債消化に当てられるのがオチです。

結局、一説には30パーセントとも言われる日本人の貯蓄性向を引き下げるには
インフレ策しかない、というか私にはそれしか思いつかないですし、
そうでもしなきゃ、どんどんだぶつく日本人の金融資産を利用するために
無理やり国債を発行しまくるしかないということになるのではないでしょうか?
#ただ単に、大蔵族の小泉が自分の既得権益のために銀行を守ろうとして
郵便局を民営化するのを「構造改革」だといってはばからないのが
気に食わないつーのもありますけどね。

125 :「経済コラムマガジン2」第220号予告:01/09/10 00:12
亀井前政調会長が「30兆円の補正予算」を主張したが、同氏が述べるように
「本当はもっと大きな財政出動が必要」である。30兆でもGDPを4〜6%を
押上げる規模に過ぎず、マイナス成長が回避されるだけのレベルだから。
(「経済コラムマガジン2」第220号の予告の一部をリライト)

126 :ニューディール政策の成果:01/09/10 00:13
「ニューディールの期間を通じて連邦財政支出がGNPの10%を超えた年は
2回しかなかった。」
「連邦財政赤字の規模でみる限りGNPの5%に達することはめずらしかった。」
「ニューディールはアメリカ経済のそれ以上の悪化をくい止める役割は
果たしたかも知れないが、総需要政策としては『役に立たなかった』のである。」
「アメリカが大不況から抜け出して1929年までの長期的成長軌道上に復帰したのは、
その年の冬に日本軍のパール・ハーバーへの奇襲が起こった1941年になってからであった。」
「1942年の連邦軍事支出はGNPの14.4%に急上昇し、連邦財政赤字はGNPの13.5%となった。
43年には連邦財政赤字はGNPの30%に達した。44年には連邦・地方政府をあわせたすべての
政府財政支出の合計は、アメリカ経済全体の58.2%を占めるに至った。」
「ローズヴェルトが均衡予算の呪詛から解放されて、大量国債発行による果敢な
積極財政を実行したのは、第二次世界大戦によってだったのである。」
(林敏彦『大恐慌のアメリカ』岩波新書164頁〜)

127 :昨日のサンプロ:01/09/10 00:14
桝添が金子を吊るし上げた。
その様子を見て湧き上がる笑みを田原は押し殺した。

128 :大機小機―小泉首相 決断の秋:01/09/11 11:03
「金融システム破綻という新たな事態が姿を現す。どんな手があるか。」

「まず考えられるのが財政出動だ。」「だが限界に近づいているのは確かだろう。巨額の
財政投入は長期国債の価格暴落を誘う」。

「次に浮かぶのが金融の量的超緩和だ。」「しかし企業は守りに徹している。いくらベー
スマネーを増やしても単独では効果に限界がある。」

「特殊法人民営化や失業者の再訓練、ベンチャー育成なども悪くない。だが即効性はゼロ」。

「唯一、最大の手が不良債権対策だ。」「二、三年で片付くのは破綻先債権と破綻懸念先
債権だけだ。問題は巨額の要注意債権と要管理債権だ。」「公的資金の再注入と一定期間内の灰色債権の腑分けが欠かせない。財政面の手当てや日銀信用も必要になる。」「ほか
に手はない。これを軸に総合策を組む。」

(「大機小機―小泉首相 決断の秋」日経新聞9月11日、横風)


↑世間に支配的な見解 ヽ(´ー`)ノ

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/11 11:05
訂正

>桝添が金子を吊るし上げた。

桝添が金子をやり込めた。

130 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/11 17:17
またもや訂正

録画しておいたサンプロを見返したところ、桝添が金子をやり込めた状況はなかった。
次のようなやり取りはあったけど。

桝添:(金子を指差しながら)「こんなねえ、アノ、くだらん学者の意見聞くぐらいだっ
 たら。くだらんでもいいです。だけどねえ、大田区のねえ、じゃあ、中小企業を視察し
 てくださいよ。ハローワークを視察してくださいよ。中央線の朝立ってて人身事故で飛
 び込んで、いっつも中央線、とべ、止まってるの見てくださいよ。それが政治家の役割
 なの。だからいろんな人の意見聞いていいです。聞いていいけれども、実体経済を見て
 ください。だから、都市銀行の、あの、頭取でも何でも聞いて、お前ら責任とらないな
 ら、とらないと言えばいい。だけど実態があんまりに判ってないから、いま、今やるパ
 フォーマンスは。」(言葉を切られる)

金子:「いいですか?いいですか?いいですか?まさに実態がわかってないから、僕は去
 年から、小泉改革やったらトンデモないって言ってたわけですよ。あなたは一生懸命賛
 成してのっかってるだけじゃないの。いいですか?構造改革という名前でデフレ政策を
 やろうとしてきたわけでしょ?」

131 : :01/09/18 22:15
あげ

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/18 22:46
まあ、経済コラムマガジンも一方の極論だとおもうけど、
日経のキチガイぶりを見てると、はるかにまともな議論だよね。

133 : :01/09/18 22:54
日銀の使命は、健全な日本を作る事。
それが日銀の創立前からの使命です。
デフレで不健全な部分が叩かれて潰れるまで
デフレを終わらせるつもりはありません。

だから構造改革なくして景気回復は無いのです。

134 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/23 19:56
9/24(第223号)発刊
>最も問題にするべき特殊法人は「日銀」
爆笑age

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/23 20:55
>>135
絶賛age

136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/25 02:36
ageッッ!!!

137 : :01/09/25 03:07
うむ、今回もなかなかオモロイな。
しかし中央銀行ではなく、通貨庁として政府が責任を負うってのは
どうなのだ?まあ、悪くない話しかもな・・。
日銀に金融政策の責任を問えない今の状況は
おかしいといえばおかしいか・・。

138 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/09/30 17:35
ageようよ

139 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/07 17:44
01/10/8(第225号)発刊
金融の量的緩和の終着駅 →国債バブル

140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/09 18:42
コラムマガジン筆者の主張そのものには賛同するが、国債バブルという表現はいただけない。
バブル→暴落、というイメージがつきまとう。
大体国債は株や土地と違って値段の天井が決まってるわけだし。
でも、確かにこれ以上の国債価格の上昇=金利の低下は望ましくない。
解決方法は国債増発しかない。

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/09 19:07
このスレもだんだんよくなってきた。初めの頃は、素朴な構造改革信者
が闊歩していて、もう(笑

142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/15 20:49
01/10/15(第226号)
カルロス・ゴーンと上杉鷹山

フランは昔60円・・・今日15円
江戸時代・・・日本中単一為替の固定相場制

為替変動の罠age

143 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/15 21:09
世界中、$だけになったら?!

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/15 23:10
円高の壁がなくなるぶん、景気回復ぅ〜

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/15 23:54
>>143
固定相場制復活ぅ〜

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 00:07
>>143-145
通貨統合って、固定相場制のことだったん?

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 00:15
ユーロしかなくなるから固定相場制でしょう。

148 :ハイパーインフレ:01/10/16 00:19
>>140
国債バブルの意味が理解できない、幸せものがまたひとり。
相変わらずね・・・

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 00:26
>>148

バブルの経済学的意味を知らないので大威張りのヴァカ発見(藁

150 :ハイパーインフレ:01/10/16 00:29
>>149
あなたの「バブル」教えてくださらない?

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 00:43
>>150

その前に、バブルの経済学的定義を書いてみな(藁)

152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 00:54
>>151
バブルは過当投機
経済学定義は無い

153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 00:57
>152

残念でした。バブルは厳密な経済学上の概念です。まあ、君みたいのは
風紀の乱れを「モラルハザード」とか言っちゃうのでしょう。

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 01:02
バブルの定義
気味みたいな素人にはわからないが、私のようなエリートにはわかる概念

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 01:05
IFTって何のことですか?教えてください

156 :ハイパーインフレ:01/10/16 01:07
>>151
よくわかったわ
彼方も説明できないほど、厳密な概念なのね
役立たずさん

157 : :01/10/16 12:50
バブル=投機的な背景を持つ資産インフレ。。。

158 :イギ−:01/10/16 12:53
ってかそのバブル時に跳ね上がった土地に
それだけの価値ってあったの?
なぜ土地の値段が上がったの?

159 :149:01/10/16 12:54
>>156

プ 自分で定義できない言葉を使って賢げに思いこんで、あげくに逆切れ。
アワレ(プププ

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 13:10
なるほど、銀行が投機的に国債買いまくって金利を下げまくるのが国債バブルか。

161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 13:27
>160

で、バブルじゃない低金利とバブルな低金利の違いは何?

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/16 13:31
意味不明

163 :イギ−:01/10/16 15:18
国債を買うって何だよ

164 : :01/10/16 15:47
土地のようなリスク商品が売れるバブル
現金、国債などの安全商品に走るバブル
これらは裏表の関係。

165 :経済ど素人:01/10/17 18:52
>>142-147
固定相場制−統制経済
変動相場制−市場経済 って、イメージ持ってたけど、

グローバル経済→通貨統合≒固定相場制 で、訳わかんなくなっちゃったYO! (w

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/21 16:38
01/10/22(第227号)発刊 「9月11日の以前と以降」

>中国の人件費がマレーシアの半分
>マレーシアから中国に工場を移転

ルールなきグローバリゼーション化age

167 :金持ち名無しさん:01/10/21 17:06
日本も円を切り下げたら?
そしたら日本で生産するよ。

168 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/21 17:11
固定金利にしよう。

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/21 17:14
円安きぼーん

ん? 固定相場、じゃなくて、固定金利? >>168

170 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/21 21:42
age

171 : 厨房:01/10/22 00:37
厨房

172 :やんばる:01/10/22 00:42
中国の元を切り下げろという声がこの掲示板では多いが、元の
実際の実力の価格は今の固定為替のレートより低いらしい。

173 :金持ち名無しさん:01/10/22 00:58
>>172
何を基準にだよ(w

とちあえず、野菜などは同じ商品だよな?
日本よりも中国の方が生産性が高いわけないよな?
それなら、値段が同じぐらいになるはずだが
10倍以上の差があるのはなんだ?
これは、完全に為替がおかしいだろ。

中国から運んできて売れば金になる
為替の差ってのは、それを実現させるんだよ。
国際競争力なんかじゃない。

174 :やんばる:01/10/22 01:13
為替相場見てる?
今ねえ、元が固定相場を止めるという風説が飛び交っているんだよ。
それでねえ、固定相場を止めると、元はどうも今の価格では
やっていけないみたいなんだよ。
それがねえ、日本やアジア通貨を最近下げさせてるんだよ。

君の理論も凄いし、反論する気はないけど、市場がそういってちゃ
あんたも何も言えないでしょ。

175 :金持ち名無しさん:01/10/22 02:34
>>172
>>中国の元を切り下げろという声がこの掲示板では多いが
切り上げろだろ??ただの間違いだよな?

>>174
そらぁどう考えても、元は、今の価値ではやっていけないだろ。
変動相場になれば、元は上がっていくよ。

176 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/25 03:42
>>174
深夜に営業ご苦労さまです。

177 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/25 14:33
この板見ている人なら知っていると思うけど
もし、元の為替相場が変動制になれば約6倍上昇する、と言われています
物価の水準では韓国と同じになります
これは、中国が第2の韓国になる、ということです
巨大な下請けが1つ出来るだけの話

確かに韓国製品は、日本にも進出していますが
本格的な脅威では有りません
日本製品の高品質化で十分対応できます

178 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/25 14:49
>>177
なのに訳分からないのが、ペイゾー・竹中は「日本の産業の競争力が落ちた」
って盛んに言いつづけているんだよな。
そもそもやつらが指すキョーソーリョクって何を元に語っているんだ?

179 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/25 14:58
安さ

180 : :01/10/25 15:10
安さ、安く作れるのが国際競争力ですか。
あほらしい。

為替の差を計算しろッつーの。

181 :貧乏名無し:01/10/25 15:12
>>177
>日本製品の高品質化で十分対応できます
できてないって。
DRAM、液晶なんか日本製と変わらん。
だいたい、業界が輸入制限申請(DRAM)するの検討している
というのが価格以外に競争する方法の無い証拠。

あと、皆が高品質のものを望んでいるとは言えなくなった。
バブルの頃だと100円ショップあれだけ流行らんかったと思う。

>>178
>そもそもやつらが指すキョーソーリョクって何を元に語っているんだ?
その製品に知力をどの程度注ぎ込んでいるか。

182 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/25 23:32
そもそも日本製=高品質というのが間違い。
優れた商品を出す企業とそうでない企業があるだけ。
エンジニアの能力はむしろ近隣アジア諸国のほうが優れていて、
現在の日本は過去の遺産で何とかこなしている状態。

為替の差は決定的だが、現実には高い円のおかげで高水準の生活が出来て
助かっているのが現状。

ちなみに中国元が上がったらあの国はアホみたいに軍拡するだろうから
現状維持を強く希望する。

183 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/26 02:10
自由貿易には市場原理が有効に作用するのが必須だと思う
不当に安い価格で自国通貨を固定相場にして投機的な資本取引を規制し
他国に失業とデフレを輸出する中国は自由貿易の権利のみを十二分に享受し
義務を全く果たしていない。
貿易黒字や外貨保有高が積み上がると自国通貨が高くなるのが
一般的な市場原理だ。

184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/27 20:48
>183
あの国はね、市場原理とかいっても駄目だよ。そんなもの根っから信じてはいない
のだから。いいとこ取りはするが。

185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/28 17:40
01/10/29(第228号)「経済政策の科学性」
>名目GDP押し上げ効果
>不思議なことにそれ以降、このような数字を新聞で見かけることがなくなった

科学性否定原理主義者「構造改革派」age

186 :dell:01/10/28 18:09
皆さん、日銀法改正についてどう思いますか?
今の日銀法は改正が必要と思われますが・・・。

187 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/10/28 18:19
亀井や麻生の財布にならないなら改正しても良いよ

188 :ところで:01/11/04 00:47
経済コラムマガジンの「筆者」ってどういう人なの?
かなり知的レベルは高い人だと思うが、それが分からないと
肯定も否定もできん。

189 :とうりすがり:01/11/04 09:24
筆者だれだろう?たしかし、相当なレベルの人と私も思う読んでみて
そう思う。わかりやすいし、相づちを打つことが多いな

190 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 13:19
筆者が、アクアデータ企画の人なのか、そこのHPを間借りしてるだけなのか・・・

積年の疑問が、解けたのには感謝。

191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 13:47
「筆者」の普段の仕事や過去の経験が、どんなか興味あるなぁ

まあ、読み応えある記事をアップしてくれればOK!

192 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 13:48
>>191
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/traf/1004260104/l50
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/company/1004844451/l50

193 :>192:01/11/04 13:52
他の板のリンクだ。日本通運で何かあったんか。

このスレとは関係なさそう。

194 :アポロン:01/11/04 15:05
なぜ減税は効果が無いのか?
例えば3千万の年収が欲しい人がいたとする。
この人は6千万の収入を得るべく働かないといけない。
税金で半分取られるからだ。
しかし税金がタダなら、3千万の収入を得る働きだけ
すればいい。
つまり税金が減った分だけ働かなくなるからだ。

195 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 16:57
あっぷ

196 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 17:03
01/11/5(第229号) 中国通商問題の分析(その1)

>為替操作で、中国の元が実際の6分の1に維持されている以上、
>とても中国製品とは競争にはならない

経済産業省「中国対策室」age

197 : :01/11/04 17:13
>>194
あなた、間違ったことでももっともらしく聞こえる文才あるから危ないな。

6000万の収入で税金が3000万とする。でこの人は毎年、消費や投資で1500万使い
1500万を貯蓄する。。
つまり6000万の金は3000万を国が1500万を本人が使う=世に出す
貯蓄は1500万!

6000−(3000+1500)=1500<貯蓄=死蔵金 (万)
        ↑()内が世に出るお金ここでは4500万

で、減税で税金を1500万にすると、

6000−(1500+1500)=3000 (万)

つまり死蔵金が増えるだけ。
金持ちに減税しても(不況対策として)意味がない。

198 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 18:40
中国の為替操作について特集組むようなマスコミはないものか。
SAPIOなんか期待できそうだが、編集部は2ch経済板なんか見ないよなぁ。

199 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 21:41
>中国の為替操作

地味な話題だからな

200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/04 22:49
200get

201 :とうりすがり:01/11/05 21:20
けど日本の不況の一因は中国だと思う

202 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/05 22:30
>201
同意。
これだけの差があればいくら努力してもおいつかんわなあ。
皮肉にもユニクロの製品を買えば買うほど
ますます不況が加速して行くんだもんだなあ。

203 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/05 22:37
>>202
中国は国営企業の整理がまだまだだと思われ、
中国もそうとう危ういよ、

204 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/05 22:54
>>203
じゃー、とっとっと、こけてくれるといいな!

205 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/05 23:20
>>204
あわてなくてもこけるよ

206 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/06 00:15
中国はまだまだこけない。安心していると、日本の方がこける。

207 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/06 00:19
中国はもうすぐ政変か何か起こるだろうな。
あれは積み木でできた巨人だよ。
経済成長するってことはさらに木を積むってことだ。
そのうち崩れる。

208 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/06 00:19
日本も中国もこける

209 :とうりすがり:01/11/06 21:41
経済成長は社会矛盾を表面化しないから
いまの為替水準を中国が維持する限り
中国の好調は続くと見ています。
日本の経済政策をみると日本の方が先にこけますな

210 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/11 17:14
01/11/12(第230号) 中国通商問題の分析(その2)

>自由貿易主義者からは、この中国の為替操作について、
>特に意見を聞いたことがない
>世界中が金本位制の時代には、かれらの考えが擬似的に実現していた

自由貿易主義者は混乱の元age

211 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/11 23:16
混乱の「元」
人民「元」

駄じゃれあげ(藁

212 : :01/11/13 02:30
>中国の経済成長の経路が日本の場合と違う原因は、
>経済の高度成長をものすごく遅れてスタートさせたか
>らと筆者は考えている。日本より40年、韓国や台湾より
>15年から20年遅れたのである。言わば中国は「浦島太郎」である。

相変わらずの筆者節である。

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/14 03:08
製造業が雇用を大量吸収できたのも、今は昔か

無常を感じる。。。

214 :名無し組:01/11/14 09:36
>>202
日本の不況の原因は雇用する企業が日本から出ていってしまう所にある。人件費
だけでなく土地・建築費・陸・海・空の輸送費・移動費・通信費どれも米・中と
比べてバカ高。デフレといっても安くなっているのは外食・衣料など限定された
商品だけだ。本当にあらゆる商品・サービスが安くなれば必ず企業は日本に戻っ
てくる。

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/14 21:08
円安、人民元切上げ
マンセ〜〜

216 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/14 21:17
>>214

販売価格も下がればどうなる?

217 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/14 21:56
筆者の洞察力は凄いね。
ほとんど当たっているんじゃないの?

これを 1997年分から読むと
竹中のアホさが際だっているね。

218 :名無し組:01/11/15 00:05
>>216
海外よりも国内の商品・サービスが安くなれば、また輸出して外貨を稼げばいい。
企業や人が集まる環境こそ重要だ。

219 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 00:19
>>218
ば〜か

220 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 00:56
218は中国のド田舎へ移住したらどうだ。商品もサービスも安いぞ〜。

221 :名無し組:01/11/15 01:15
>>220
中国のド田舎では、商品もサービスも安いというよりは無いのでは?

222 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 01:16
結局、絶対価格でしかもの考えられない人が多いんだよねー。まあ、
ユニクロで良いデフレなんて悦に入ってた某中銀総裁とかいるしねー。

223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 01:22
天動説、地動説論争みたいなもので、
地の果てまで航海に出なければ、地動説でも問題ないのさ。
逆に天動説だと、統治システムが危うくなる。
喜劇なのは、貿易立国なんだから地の果ての資源に頼らないと
豊かな生活は維持できないこと。

224 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 01:24
2行目は、地動説→天動説に訂正

225 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 01:32
>地の果てまで航海に出なければ、天動説でも問題ないのさ。

ププ。何言ってんの???コストと販売価格が両方下がって利潤が増えるの???
問題大あり。

226 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 02:08
> コストと販売価格が両方下がって利潤が増えるの?

なら、どうしたら利潤が増えるか考えなよ・・・

まずは、利潤とは何かってところから、
天動説唱えることで、免罪符売ってた教会が利潤を極大化したよん。

227 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 02:10
経済学徒って基本的に自分の利益を中心にしかものを考えない。
原罪=神の見えざる手にすがるのみ(藁

228 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/15 02:13
まぁ、天動説を信じながら、
天球儀買って来て正しい方角見つけようとしても、
暦を読み間違うってこった。

229 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/18 15:44
up

230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/18 22:22
01/11/19(第231号) 中国通商問題の分析(その3)

 「日本の長期間の不況の原因は銀行の不良債権」と言う説を唱えている人々に、
 「どうして実質的に世界一の不良債権を抱える中国が、
  毎年世界一の経済成長を続けているのか」と問いたい。

インスタント竹中&あやしい榊原
晒しage

231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/18 23:13
↑毎週あげてる奴ウザイ

232 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/18 23:28
でも、毎週あげて人々に知らしめたいほど確かにイイ内容だと思う。
毎週毎週どのコラムも読む者をはっとさせるような鋭い指摘がある。

インスタント竹中&あやしい榊原は私も笑いました。

233 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/18 23:30
コストと販売価格は
その下がる割合が違えば
利潤が出てくると思います。

234 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/18 23:54
それにしても慶応はdデモばかりだな

235 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/19 00:34
不良債権抱えていても、投資機会十分あれば成長するよ
投資をする主体は、不良債権抱えている主体とは一致しないし
成長すれば、不良債権がよみがえることだってあるし
日本のように更新の投資の割合が増えれば、不良債権の影響度は
高まるでしょ?

236 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/24 00:10
age

237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/24 01:26
俺もこのメールマガジンは大好き。本質を突いている。
こんないいものタダで読んでいいのかしら。

238 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/25 12:13
経済コラムマガジン名言集その1

学校の教科書で「楽市楽座」で商業が発達したと習ったせいか、規制緩和をすれば、景気も回復すると言う単純な発想をする人々が多すぎる。今は平成の時代であり、安土桃山時代ではない。
01/7/2「日本における起業」

239 : :01/11/25 13:38
>>238
単純な規制緩和じゃなくて、その時代に合った規制改革をするべき。
今の日本では、規制緩和したほうが良い部分が多い。

240 :毎週あげるウザイ奴:01/11/25 16:25
01/11/26(第232号) 観念論の台頭

 2年前、・・・ペイオフを延期したことによって、
 逆に邦銀の格付けは上がった

現実を教科書通りに矯正する「構造改革」age

241 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/25 17:18
2年前は銀行員の責任追及してたようですが、
最近はどうなんでしょうか。

242 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/25 19:04
今週号も日経新聞の観念論説委員どもに読ませたい内容だ。

243 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/25 19:16
>観念論説委員

ワラタ

244 :238:01/11/25 21:52
>>239

日本で起業家が増えないのは、法人税が高いからだ、税制を改めれば起業家が現れる、という連中の妄言を斬る文脈での発言です。

245 :中国キティー:01/11/25 22:57
オールドケインジアンの狂い咲き 超低金利財政出動10年の末に咲いたあだ花

246 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/26 06:11
>超低金利財政出動10年
10年も財政出動しながら、超低金利になったのをおかしいと思わないのだろうか。

金利が欧米並みに金利が3〜4%に上がるまで、財政出動の規模を拡大すべきだった。
貯蓄好きな日本人社会にとって、今までの財政出動の規模は小さすぎた。

247 : :01/11/26 11:43
ってか、貯蓄志向を変えるには、貯蓄優遇税制などを止めて
通貨の信用を落とさなければ駄目だ。

それが全くわかってないらしい・・。

248 :とうりすがり:01/11/29 07:09
ともかく貯蓄超過の我が国では、誰か消費または投資してくれと言いたい
老人のマル優廃止は、この点から賛成する
投資優遇の点から、投資するば有利になる政策も必要だと思う

249 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/11/29 07:22
>245
オールド・キティーだなあ。狂い咲きしてる。

250 :毎週あげるウザイ奴 :01/12/02 16:48

01/12/3(第233号) 米国と中国の観念論

 中国政府の財政状況は正直に言って、筆者にはよく分らない。
 しかしものすごい公共投資や農業への補助金を見れば、
 中国の財政赤字は莫大なものと想像される。
 これを支えているのは国の借金のはずである。

マスコミの体質は、戦前と一つも変わっていないage

251 :。。:01/12/02 18:34
諸君のクーさんの論文よんでください

252 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/02 18:42
今週の名言

・米国を理解するには、もう一つ重要な行動思想がある。「プラグマティズム」である。これがあるから米国は機能しているのである。

・小泉首相のマスコミの捉え方が相当おかしい。はっきり言って、マスコミの取上げ方が実に気持ちが悪いのである。

この二箇所を読んだとき、私は思わず膝を叩きました。

253 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/03 23:17
>ペイオフが行われているはずであるが、ちょっと規模の大きい銀行(日本の地方
>銀行より小さい)の場合には支援行い、破綻を回避している。数年前には、ヘッ
>ジファンドの救済まで行っている。拓銀や長銀を簡単に破綻させたように、観念
>論者の影響の強い日本とは大違いである。

知らなかった。。。 アメリカのプラグマティズムって。
30年前に月まで人間を送り込んだ国らしい!?

254 :sage:01/12/03 23:46
私も含め、厨房はこのコラムで勉強ですな(w
厨房撃退に役立ちそう。

255 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 00:09
今週号巻末あたりに出てくる、証券投資優遇税制批判も禿同だった。

これから、上場企業がバタバタ倒産するだろう、倒産しても「改革に伴う『痛み』だからやむを得ない」というアホなことがいわれている時に、一方で国民に株を買えと勧めるちぐはぐさ。

256 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 01:14
>>253
それはロシアへの対抗だからでしょ。

冷戦後はITバイオに集中投資して宇宙や素粒子はないがしろにしてるのが米国。

257 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 01:21
http://www.adpweb.com/eco/eco204.html
後半のオマケ部分で名言連発。

「つまり今日の日本には二つの郵便局がある。
一つは給料が高い民営の郵便局であり、
もう一つは給料の安い国営の郵便局である。」
「小泉氏が主張する経済政策を行えば、自殺者が倍増するだけである。」
「最近の自民党は、若手の二世議員を中心にマスコミに嵌め込まれている。」

258 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 03:17
ガチャガチャ観念論を言っても問題解決にはならないのでは。
為替は97年に自由化されており、グローバリズムで走るほか
仕方がないと思う。
とことん壊して、市場主義を構築する。
これしかない。
まー、中国の分析には敬意を表するが。

259 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 15:19
>>258
ていうかそのグローバリズムをはぐくんだ環境が、
いきなり変わっちゃったのが今の状況って分かっていないのね。

260 :hiroko:01/12/04 15:25
以前は普通のOLでした。安月給でしかも上司は最悪。しかし!
そんな上手くは行かないよー。と半信半疑で始めた在宅ワーク
で不景気にもかかわらず、海外旅行いきまくり!!HPに写真を
載せたので見てネ!http://www.workfromhome.co.jp

261 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 15:30
>>260
ウザイんだよ、マルチ女

262 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 22:15
これは本誌で以前に述べたが、日本には「米国政府」と言う野党に替わるものがある。日本の野党は頼りないが、この野党は強力である。この野党に当分活躍してもらう外はないのが現実なのである。
http://www.adpweb.com/eco/eco52.html

ゲラゲラ。言い回しが面白いね。

263 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 22:26
>>258
グローバリズムで突っ走るほかない、としても、この経済コラムマガジンを読むとそうした事態を前に、いかにいい加減なエコノミストたちが無茶苦茶な処方箋を書き、
それによって日本経済がひどくなっているかわかる。こんな連中のいいなりになってグローバリズムを突っ走るのは健全な市場主義の構築どころか、自爆テロをやらさ
れるようなものだ。

264 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 23:12
今日の読売新聞夕刊を見てない人は見てみよう

大阪大学の小野教授が小泉政権の構造改革路線について異論を唱えてたが
1、今日の不況は需要が減少しているのが原因で構造改革と景気回復は
  関係無い。
2、日産のリバイバルプランを例に上げて全ての企業がリストラを
  進めれば失業者が大量に発生し消費が減少し景気が悪化する
  合成の誤謬がおこる。
等々、経済コラムマガジンの主張とほぼ同じ事を書いていた。
この人が作者なのかそれともパクッタのか非常に気になった。

http://www.iser.osaka-u.ac.jp/~ono/index_j.html

265 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 23:15
>>264
パクリというより、まともに経済学を勉強した人にとってはこういうのは常識的な考えだからね。
竹中とか中谷、或いは加藤某と言ったここ5年くらい政府に寄生している経済学者の考えが異常。

266 :じゅりあ飛竜の技!:01/12/04 23:16
>>264
常識です

267 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 23:42
でも公共事業費の0.3%が政治家や官僚のポケットに入ってるって現状を
かんがえたらやっぱ財政拡大は嫌だな。
それで消費してくれたらいいけど、「日本の老人」と同じように蓄財してる
からなぁ。連中は。

268 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 23:44
>>267
経済にとって既得権益による害は実は小さい。
もっとも有害なのはおかしな思想である。

by ケインズ

269 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/04 23:47
>>267
ちがいます。
鈴木ムネヲ先生のように金をばら撒いている良心的な政治家
がたくさんいます。

270 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/05 17:28
筆者もウソでもいいから自己紹介くらいしてほしい。
エコノミストなのかお役人なのかアカデミズムなのか
全くの在野なのか報道なのか政治関係なのかくらいはさ。

271 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/05 22:07
>>264

>日産のリバイバルプランを例に上げて全ての企業がリストラを
>進めれば失業者が大量に発生し消費が減少し景気が悪化する
>合成の誤謬がおこる。

村上龍という無知蒙昧な作家が、マック竹中との対談で、「なぜ日産にできたことが日本政府でできないのでしょう?」と大真面目に質問していたな。
アホめが。

272 :74:01/12/06 01:00
>>268
その通り。既得権益を許すわけではないが、それにばかりとらわれているとおかしな
思想になって大害を及ぼす。

273 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/06 03:31
つーか、経済学そのものが観念論だろ。

274 :26歳無職:01/12/06 03:50
どーでもいいけど、いつんなったら銀行と土建屋はつぶれてくれるの?

275 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/06 04:03
>>274
日本経済がいよいよヤバくなったら。

276 :26歳無職:01/12/06 04:17
>275
もう十分やばいんじゃ・・・。

277 :24才無職:01/12/07 17:04
>>276
まだまだ、地獄はこれからだよ。

278 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/07 17:49
地獄って、どんな状況?
何が地獄なの

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/07 22:13
想像できないのが地獄。
想像できるようなら曲りなりにも生きていける。

280 :敬宮:01/12/08 00:57
>筆者もウソでもいいから自己紹介くらいしてほしい。
筆者の主張にはほぼ同意。だが自分が匿名のくせに、構造改革派の
エコノミスト名指しで批判してるあたりは気に入らない。
これじゃ、この板の連中と同じだし(w

メール出せば教えてくれるかな?

281 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 18:24
age

282 :毎週あげるウザイ奴 :01/12/09 19:37
01/12/10(第234号)名古屋の地下鉄

 本来なら、高速道路は全額国費で建設すべきである。つまり国債を発行し、郵便
 貯金でこの国債を購入すれば良いのである。しかしこれだと国債の発行がどんど
 ん増えるので、郵貯の資金を財政投融資として、これを高速道路の建設資金に使
 っているのである。

 過去の行政改革で「現業部門は外部に独立させよ」と言うことで、これを行う特
 殊法人を設立させたのである。しかしこれが裏目に出ているケースが実に多いの
 である。

変な宗教&霊媒師エコノミストage

283 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 20:09
>>今日「問題ある企業が早く撤退した方が、構造改革が進み、景気
も良くなる」と言う「変な宗教」が流行っている。経済オンチの首
相もこの宗教にとりつかれている。このようなインチキ宗教を説い
て回っている「霊媒師」のようなエコノミストが、首相の周りには
うようよいるのである。

284 :やんばる:01/12/09 20:11
>283
おお。初めてまともなのを見た。

285 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 21:14
>「このような会社が危ない。これらを整理することが日本経済の再生になる」と、30社ほどのリストを持って回っている日銀出身の「大ばか」エコノミストもいる。

今週はこの部分でワラタ。

286 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 21:51
野口悠紀雄氏がよく口にするロジックですね。
なまじ金融緩和なんかしたら死すべき企業をいたずらに延命させることになる、とか。

トンデモですな。日本超整理法理論、とでも名付けてやりましょう。

287 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 21:58
そういうこの作者も単なる土建屋経済学信者にすぎない気がするが。
なんだか政府の市場への介入にずいぶん肯定的なようだが、
そもそも80年代から90年代に起きた政府や役所のスキャンダル
の反省から組織の規律付けのために今日の構造改革や行政改革が
行われているわけだろ?

まあ確かに市場は万能ではないのかもしれんが、土建屋経済学
からそろそろ卒業せんとな。

そういやあこの作者76号で「日本でセルフのスタンドが普及する
ことはない」と言い切っておられたが、最近は評判もいいみたいで
どんどん普及が進んでいるみたいだしな。

とことん新古典派マクロ経済学につきあってみるのもいいかもし
れないぜ。

288 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 22:01
>>そもそも80年代から90年代に起きた政府や役所のスキャンダル
>>の反省から組織の規律付けのために今日の構造改革や行政改革が
>>行われているわけだろ?
あんた脳みそ大丈夫か?
役人の汚職と構造改革は関係ないぞ。
行政改革と構造改革に重なるところはあるが、基本的に別物だ。
聖人君主が統治すれば、なにもかもよくなると思ってないか?

289 :287:01/12/09 22:11
あほか。おれは逆に土建屋経済学のもっとも大きな問題は、
市場の機能が自己完結的ではないことを認めていることは
大きな成果であるが、政府に対して無限定的に肯定的である
ことだと思って皮肉ってカキコしているんだ。
なんで聖人君主が統治するなどという問いが出てくるんだ。
おまえケインズと新古典派の違い理解しているのか?

290 :児玉:01/12/09 22:23
児玉です。
さきほど野口悠紀雄さんの話がでてましたが、彼自身が学者の不良債権ですよ。
インターネットに地理的な距離は実は相関がある、とかなんとか訳の分からないことをわめいておられました。
野口教の信者にはたまらんでしょう。

291 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 22:26
新古典派が世界経済を滅ぼす。

292 :児玉:01/12/09 22:31
そうかな。経済学、わかってんの?しゃりでて申し訳ないが。

293 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 22:33
ていうか児玉って誰?

294 :287:01/12/09 22:36
だいたいこの作者のいうとおりに財政支出して土建屋政策再開
したら、また今までの日本へ逆戻りだぞ。

例えが悪いかもしれないが、大学行く資格もないDQNが家計に
中途半端にゆとりがあるものだから大挙して押し寄せて動物園
を作っちまうそんな世の中はもう終わりにしてくれ。

財政でDQNをつけあがらせるのはもうそろそろ終わりにしてもら
いたいものだ。DQNを引き締めるためにも財政支出は絶対に
引き締めるべきだ。土建屋経済学信者の主張する一億総中流政策
はもうかんべんしてほしい。

295 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/09 23:23
一億総中流政策を主張しているのではない。小泉のいうとおりにやったら、一億玉砕になるというのがあのコラムの主張の骨子だと思うが。

296 :銅鑼:01/12/09 23:28
>>294

要するに、君はDQNが目障りだから不景気が良いというわけだな?
エリートが尊敬され、DQNな民衆はエリートを崇拝し、その足下に
ひれ伏すのが正しいのであって、DQNなのに小金をもって海外旅行や
ブランド品漁りに精出したり、大学に子どもを入れたりするのが不愉快
でしょうがないというわけだ。

確かに、高度経済成長の時代からそう言う意見は陰に隠れていても根強く
あったのは確かだね。デュルケイムという社会学者の自殺の研究という
有名な業績は、不景気より好景気に自殺者が多いという一見すると奇妙
な現象を説明したものだが、確かに社会階層が流動化する好景気は、人
に精神的な不安感を与えるのは事実なんだろうな。

でも、そんなにエリートとして尊崇されるほど君の出自は凄いの?まさか
この100年ばかり前に長州や薩摩のド田舎から這い出してきたお家柄じゃ
ないよね(笑)名字は、近衛とか冷泉とかいうのかな?

297 :287:01/12/09 23:59
おれは別にケインズのいうところのHarvey Road的ことを言っていの
ではない。だいたいなんで政府がそんなに経済のおもりしなくちゃなん
ねぇんだといっているんだ。たんなる過保護じゃねぇか。

だいたいこの作者のいけすかねぇところは、人間を人間として見ていな
いことだ。需要を創出するために公共投資をして高速地下鉄と地下道路
をつくってもっとでかい家を家計につくらせろだと?今でさえ家中物が溢れて
いて中学生や高校生がビトンやグッチのバックをぶらさげて学校へ通ってい
るという異常な状態なのにもかかわらず、これ以上物を買わせていったい
どうする気だ?

これからの若い世代のためにも心を鬼にして景気を低迷させなくちゃいけない。
今までのように景気が低迷したら政府が手助けしてぬくぬくと生き延びられる
こんな世の中を続けていたら本当に人間がだめになってしまう。もうそろそろ
修羅場をくぐる時が来たんだ。これは試練だ。パンツのゴムだってずっと伸ば
していたら締りがなくなっちまうだろ。思いっきり締める必要もあるんだ。

科学的だかなんだかしらないが、人間はマシンやロボットじゃねぇんだ。
日本経済の縮小均衡があったって別にいいじゃねぇか。「お母さんが
小さいときには学生がみんなブランド物持っていてね。今じゃとても買え
ないけれどだけど今の方が精神的には充実しているわ」という世の中
の方がずっとまともだとおもうぞ。ほんとに近代経済学者は効率重視で
血も涙もなくていけねぇや。

298 ::01/12/10 00:01
ーーーーーーーーーーーーーーー
●貴方に代って恨み晴らします!!!★別れ工作・特殊調査専門!!!
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠が
欲しい・電話番号などから住所などの詳細を調べて欲しい・等など
何でも気軽に相談下さい。確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。

http://www.blacklist.jp

● 女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp

299 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 00:03
>>297
縮小均衡って簡単に言うけど、回り回って
あんたの給料が激減したり、倒産・失業してもいいの?

300 :287:01/12/10 00:09
ああその覚悟はしているさ。

301 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 00:20
>>297
>科学的だかなんだかしらないが、人間はマシンやロボットじゃねぇんだ。
>日本経済の縮小均衡があったって別にいいじゃねぇか。「お母さんが
>小さいときには学生がみんなブランド物持っていてね。今じゃとても買え
>ないけれどだけど今の方が精神的には充実しているわ」という世の中
>の方がずっとまともだとおもうぞ。ほんとに近代経済学者は効率重視で
>血も涙もなくていけねぇや。

オオワラヒ。
人間をわかってねーのはお前だっての。
下らんTVドラマばかり見てるとバカになるぞ。

302 :七子:01/12/10 00:21
少し関係があって、大分関係のない話です。
この前、90年代の不況について小室直樹先生に直接に質問してみました。
その結論はおいといて、その関連でケインズと古典派に触れました。
小室先生いわく、ケインズにハーベイロードの仮定あれば、古典派に依法官僚制の仮定ありだそうです。
すなわち、官僚が「有能でなく、不誠実で、法なんてくそくらえ」ならばケインズも古典派は成立しないそうです。

私は軽くノックアウトされました。
皆さんは如何?

303 : :01/12/10 03:31
小泉が小渕の次って書いてた。
馬鹿?

304 :unko:01/12/10 04:55
筆者はこのスレッド見てるかな

305 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 09:52
>>304

306 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 10:47
>285
ワタシも経済コラムマガジンを読んでいます。
構造改革派の日銀出身のエコノミストって、誰なんでしょうね??

307 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 11:11
>>306
木村剛だよ。

308 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 11:21
>>287
おねがいだから、あんたの狂信の道連れにしないで。
そんなにやりきゃ、一人でやってれば?

309 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 11:36
89年 海部内閣 政治改革
93年 細川内閣 政治改革
97年 橋本内閣 行財政改革
01年 小泉内閣 構造改革

日本人は4年に1度は改革しないと気が済まないのかな。しかもどの内閣も人気はあったしな。
オリンピックみたいに次もきっと定期的に起こるだろうね。

310 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 11:58
「名古屋の地下鉄が狭い」というが何が狭いのだ?車両?駅のホーム?

311 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 12:20
駅.結果として編成も短い。

312 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 16:15
>>311

313 : :01/12/10 18:26
土地本位制推進派なので逝ってよし!

314 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 18:36
>>309
実際はどの内閣も改革なんてしなかったから
こう何回も「改革しようぜ!」っていう必要が
あんだよな。

にしても経済1流・政治3流なんていってた頃が
懐かしいよ。経済人のプライドも自信も粉々に
なったもんだなあ。

315 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 19:30
このコラムのバックナンバーを読み、その後の経済の動向と照合
してみると、著者の力量がよくわかる。
それにしても、小泉、竹中、塩川の3バカトリオの失政が世間で認知
される時点になったら、煽ったマスコミも含めて、ただではすまさない

316 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 19:52
> にしても経済1流・政治3流なんていってた頃が
> 懐かしいよ。

まあ、政治が良くても経済は駄目なら分かるが、政治が駄目で
経済が良いという状態が続くわけもなかったということ。

経済活動が営まれるのは、まともな政治状況のもとでなければ
うまくいかないということだろう。

経済人のプライドは、大きな勘違いだった。

317 :dell:01/12/10 20:42
今週号読みましたが、私と同意見のところが多く驚きました。

318 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 21:12
>>309
なんか、「失われた10年」の戦犯オールスターって感じな面々だな。

319 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 21:13
このコラムの小泉政権批判は胸がすく思いだ。

320 :297:01/12/10 21:38
>>319
そうかい。おれはそうは思わんな。確かにマクロ経済講座は面白い
し、財政支出の大切さも理解できるさ。だが感心なその公共投資
の内容、つまりでは需要ささえるために財政投入して何をするべき
なのかという点についてはやはりあいかわらず土建屋経済政策で
あり共感できない。

例えばこの人物は来るべき老人社会に備えて大深度地下鉄を作れ
ばいなどとほざいているが、だいたい老人が地下鉄なんかに乗るかよ。
大江戸線の深度でさえ不便で四苦八苦しているというのにそれが大深
度だぜ。いくらエレベータやエスカレータ作ったりバリアフリーにしたって
老人向けになんかないって。この人一度でも老人介護ってものしたこと
あんのかよ。

それにだいいち鉄道作るくらいで住宅需要喚起できるっていうなら千葉
ニュータウンなんとかしてみてくれよ。観念論者否定して現実論者ぶる
なら、今ある設備を使ってどうにかすることも提案してみてほしいものだ。

321 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 21:46
>>320
老人を大深度老人ホームに閉じ込めるのならば、一貫した主張だ。

322 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 21:58
>>318
尻拭いを押し付けられたという、同情すべき面もありますが、小渕
総理も抜けています。

最悪の状態で舵取りを任された小泉総理は、悲惨の一語につきます。

323 :逓減勢力 ◆rjFmGCeI :01/12/10 21:59
>>320
各論言い出したらキリないけど、「骨太の」主張は
やはり鋭い。俺は今日のNHK特集を見て、
改めて中小企業の苦悩を認識したよ。
もっと政府系金融機関で支えてやれと思う。
日栄とか商工ファンドとか事業者金融しか
貸し手がないなんて絶望的だと思わないか?

324 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:00
君が土建屋経済が嫌いだということはよく分かった。
だからもう来なくていいよ。言いたいことはそれだけなんだろ?

325 :逓減勢力 ◆rjFmGCeI :01/12/10 22:01
>>309
細川、橋本は、S級戦犯だと思う。

326 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:02
>最悪の状態で舵取りを任された小泉総理は、悲惨の一語につきます。

いや、小泉が舵取りをするようになったので最悪の状態になったんだけど…

327 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:05
>>320
公共投資の中身をどうするかは経済の問題ではなく、政治の問題。
経済学的には穴掘って埋めるだけでも効果はあるのだから。

328 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:07
一番絶望的なのは故泉=屁慰象のDQN政策を国民の大多数が
支持してることだな。マスコミというのは恐ろしいものよ。

329 :いい加減:01/12/10 22:11
319にも320にも共感、以前から雇用対策兼ねて若年者を介護方面に大量採用すべき
と思っていた。その収入の殆どは支出に回る。
老後不安がなければ、高年者の支出も増える。介護の負担が減れば、財源に多少の
相続税の増税も理解を得られよう。

330 :297:01/12/10 22:14
別に老人じゃなくてもいいや。今の若いやつでもいい。
仮に大深度高速鉄道作って東京の郊外に100坪家付きの
住宅を破格で提供したとしよう。そんな場所は埼玉か千葉
へたすりゃ茨城あたりにしかつくれんわな。今の若いやつが
そんなもの大挙して買うと思うか?おれは間違いなく今の
若いやつで金があれば都心のマンションの方を選ぶと思うぞ。
いったいだれがそんなくさった家買うんだ?まったくもってこの
作者の発想が田舎の役所のおっさんくさいんだよ。

331 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:16
>303
>小泉が小渕の次って書いてた。
>馬鹿?

「次」なんて書いていない。「端を発する」という日本語の意味も理解できない奴は来なくていい。

332 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:18
>>330
だからそんなことはどうでもいいの。筆者のもっとも
強調してることは公共投資の重要性でしょ。
穴掘って埋めるだけでもいいの。

333 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:24
また土木工事か?ゼネコンを延命させるだけじゃ。
ゼネコンなんてバブル経済のときに、国民を苦しめた地上げ屋の
親分だろ?
いらんいらん!!
銀行に公的資金をくれてやり、こいつらとの関係をシャットアウト
させてやれ。

334 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:27
細川は真夜中の国民福祉税、橋本は反転景気ぶち壊しの財政改革、そして今。
高人気内閣はなぜ、大蔵の傀儡政権になってしまうのか?

335 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:28
>>333
基礎的なので充分だから経済学の教科書読んでくれ・・・・・

336 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:28
>297

揚げ足とるつもりはないけれども、竹中たちの方がよっぽど「人間を人間として見ていない」と思う。
何しろ、「生産性の低い産業に従事している」と決め付けられた「ヒト」は会社を潰され、老人の便所の世話までやらされるのだからね。
自分は身近に会社の倒産などを見て、会社が潰れるということがいかにその人の生活や幸せを狂わせるかわかる。
人間はマシンやロボットじゃないんだ。(なお、今日発売の中央公論の高橋論文も参照のこと)

「倒産は、構造改革の表われ」などという小泉のセリフは苦労知らずの三代目政治家、冷血動物にして初めて吐けるセリフだと思う。
こういう調子で、配偶者も切って捨てたのであろう。

337 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:29
ゼネコン=悪者→やっつけろ
みたいな話は気持ちとしてはわからなくもないが、
それは経済の話じゃないんだよ。

338 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:30
日本経済が国賊:ゼネコンとともに奈落の底に落ちていくのを
阻止することが大切だ。

339 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:32
>>338
レベル低すぎ。経済板の書き込みではないね。

340 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:34
つまり公共事業をたっぷりやって、ゼネコンと日本経済の両方を
救うべしということだな。

341 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:34
>>317
てっきり、筆者はdellさんかと思ってました(w

342 :297:01/12/10 22:35
>>329
介護ヘルパーやケアマネの苦悩知ってる?
これだけ不景気で失業率アップと言われているのに人材不足なんだぜ。
雇っても雇っても仕事がきついからみんな次から次へと辞めちまうんだよ。
それにな老人ってほんとはっきりいうと世話するの大変なんだよ。今の
ブランド品身に付けた若いやつなんかにはとてもがまんすることは出来な
いだろうな。皮膚病の人も居るし疥癬とかうつっちゃって自宅の風呂に
ムトウハップとか入れて硫黄臭くなっている人何人もいるんだよ
だからそう簡単にはいかねぇんだよな。もっとももっと景気が深刻になれば
話しは別かもしれないが。

343 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:36
>>340
当面はな。ただ経済が回復したころには、
ゼネコンも淘汰されるよう、公共工事は、
縮小したほうがいいだろう。もちろん談合は許さない。

344 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:39
>>338

ゼネコンさえ潰せば、日本経済は再生すると思い込んでいるヴァカ発見!

345 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/10 22:41
不況時には公共事業などで財政支出を増やし、好況になれば減らす、
やっと当たり前の結論に達したな。

346 :297:01/12/10 22:52
>>336
倒産=悲惨という図式らしいがマクロ的にみれば銀行が債権放棄しようが、
会社更生法適用で倒産しようが結局いっしょだろ。

青木建設の従業員だって実際2年前だかの債権放棄の代償として
何百人と首を切っているだろ。それはあまりかわいそうではなくて
倒産した方がかわいそうというのはあまりに短絡的じゃないかい。
実際青木には何十社か支援に名乗りをあげているようだし、倒産
した方が支援企業の信用でもって雇用がむしろ確保される場合だっ
てあるはずだ。どっちが労働者にとって幸せかは終わって見なけれ
ばわからない場合もあるさ。

347 :横レス:01/12/10 22:53
>>342
>そう簡単にはいかねぇんだ・・・
金銭だけで解決できる問題ではない、ということかな。

介護経験ありのマスゾエは、日銀法改正には熱心だけど
介護分野の取り組みはどんなだろ・・・

348 :329:01/12/10 22:59
>>342
だからこそ、従来の公共投資に代わる再重要項目として、思い切った資本投下を
国がしなければならない、と思ってるのよ。

349 :336:01/12/10 23:05
>労働者にとって幸せかは終わって見なけれ
>ばわからない場合もあるさ。

それはそうだ。だけど、それを「改革の成果」などと誇らしげに言う奴の気がしれない、ということ。

350 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 00:56
霊媒師の御降臨か……

森へお帰り。ここはお前のようなものが来る場所ではないわ。

351 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 03:29
327や332みたいなのが居るから、植草やリチャード・クーが最前線で力説しても
受け入れられないんだよ。
ネットで能書き垂れても意味無いから、野村コンビには頑張って欲しいが・・

352 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 03:59
ゼネコンが債権放棄と法的整理された場合では下請けや取引先に与える影響が
桁違いだ、今回の青木建設の破綻で連鎖して倒産する企業が出てその会社の
従業員が失業しても話題になることは無いだろうが本人にとっては大問題だ。

353 :新参者:01/12/11 04:57
不況時の景気対策に公共投資の拡大は効果が無い。なぜなら、
バブル崩壊後になされた公共投資によって、目的が達成できない
ことが実証されているからである。この点、積極財政派は、目的が
達成できなかった理由を「景気が上向きかけると緊縮財政に戻った
ためであり、切れ目ない財政出動を続けるべきであった」と説明す
るが誤りである。なぜなら、公共事業の終了後も波及効果は続くは
ずなのに、実際の財政出動にはその場限りの効果しか生ぜず、同派
の主張を貫くならば、景気を下支えするために「切れ目ない財政出
動」が際限なく必要となってしまうからである。

……と、前の方のレスにあったんですけど本当なんでしょうか?

354 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 09:27
嘘です

355 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 10:01
>>353
景気を飛行機に例える
離陸するのに一定速度以上の加速が必要  この加速が財政出動
この加速は離陸して安定水平飛行に移れる十分な高度を確保するまで必要
橋本機長は大蔵管制官から誤ったデータを受け取り、上昇途中で逆噴射、
あわや、地上に激突かと思われた時、居合わせた小渕機長が操縦交代
必死で加速して機種を持ち上げ、上昇中、心臓発作で急死
あとは、くだらなすぎて書くのがいやになったからやめる。

356 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 10:48
>>355
で、今回は離陸させるまで燃料があるの?
その見通しがないなら最初から離陸は
あきらめた方が良いな。墜落死はしたくないし。

357 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 10:59
現在、失速中。

358 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 11:04
ていうか墜落中

359 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 11:06
現在、飛行機は、「激突の痛みに耐えたあと、日本経済の再生が始まると思い込んでいる」狂信者小泉と竹中たちに乗っ取られ、貿易センタービルめざして飛行中。

360 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 11:10
>>356
燃料なんてもんは日銀がいくらでも空中給油してくれるし、
ってゆうかそもそも国債利回りみてみろ。

361 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 11:18
東京の高速道路をなぜ3車線にしなかったのかとか、名古屋の地下鉄が狭いとか言
ってるが、建設当初からどれぐらい需要が伸びるかなんて公務員に正確にわかる
訳がない。ケチケチつくるなと言うが必要最小限につくるのは当たり前だ。本四公
団の利息ぐらい借り換えで返済できるというのなら、本四公団だけで民営化させれ
ばよいではないか。

362 : :01/12/11 11:48
まぁそうなんだが名古屋の地下鉄なんかは見込違いならひどすぎる。

363 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 12:37
>>361

でもね、首都高の建設資金は世界銀行から借りたのだよ。その際に来日
したプロジェクト担当者が、3車線にしろとしつこく迫ったのに、宮沢
喜一氏(大蔵省)が、無理矢理2車線で押し通したの。

364 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 12:52
>>359
ボトルラテン司令部より緊急連絡
アルカイナ 朝日 トリバン 毎日 の順風あるも、
ここに来て、ウリウリの逆風 ニケイの乱気流発生に要注意警報発令

365 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/11 15:57
>>364
しかし、狂乱した機長小泉は、強行突破しか頭にない。
安定した精神状態にある副機長に操縦交代を命ずる。

366 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 16:04
操縦席にいる者は全員原理主義者です!

367 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/11 16:09
そうなの?
なに、屁蔵、塩爺、負苦田、真紀子、ノブテル・・・
ろくなのおらんな。仕方ない。
スッチーの静香ちゃん、あなたに賭ける!

368 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 16:15
>>359
うまい! たとえが上手 文才あり!

369 :新参者:01/12/11 18:11
あの、嘘です、とか飛行機の喩にしてもまるで答えになっていない
気がするんですけれど。

経済板の方々に理論的に説明してもらいたいんです。といっても素人でも
分かりやすくってのは難しいとはおもうのですが。

370 :新参者:01/12/11 18:14
先週のサンプロでリチャード・クーさんが景気回復したら
いくらでも財政再建してくださいよ、と連発していたので
そこら辺の「軽さ」が気になっているんですよ。

371 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/11 18:25
>>370
景気回復すれば、いやでも税金収入が増えます。
しかも、課税の税率や方法の、決定権は、
あくまで国ですから、税収をさらに増やす術も備えています。

372 :dell:01/12/11 18:57
>370,371
というより、インフレ懸念もないのに、財政再建などする理由がない。

373 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 19:15
>>372
いくら何でもその考えは危ないでしょ。

今まで似たような理由で日本のほとんどの企業は
借金をあたかも資本であるかのように考えて
突っ走ってきたけど、いざ環境が激変してみたら
対応できずに死屍累々。

有利子負債についてあれこれ言われるようになって
しまったら、もはや自分じゃ何もできないよ。国も企業も。

374 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 19:31
>>353 理論的に説明すると(あまり自信はないが…)
公共事業を新たに1兆円「増やした」としよう。公共事業費としてまず全額が消費される。
消費されたものは、必ず誰かの所得の増加になる。所得の増加分のうち、80%を消費するとしよう。
そして、その消費された分が誰かの所得の増加になり、その内80%がまた消費される。
これを無限に繰り返すから、国民全体の付加価値の累積増加額は

1兆円 + 1兆円×0.8 + 1兆円×0.8^2 + 1兆円×0.8^3 … = 5兆円

理論上はこうして公共事業を増やすことによって時間をかけて国民全体の付加価値が増加する。
これが公共事業を行って景気回復させるマジック。

では公共工事の景気回復効果がまったくないということはどういう時か?
それは「公共事業費増加による所得の増加分を消費せずに全額貯蓄」した時。式で表すと

1兆円 + 1兆円×0 = 1兆円

この時は公共事業に従事した者しか恩恵を受けることができないし
1兆円しか国民全体の付加価値が増加しない。
現在はデフレ、地価の下落で借金している人の負担が重いため、所得の増加分がかなりの部分
借金返済に回ってるとすれば、公共工事増額の景気回復効果はほとんどないとも言える。

個人的にはデフレ退治が先でこれを行わなければ景気回復は難しいと思ってるけど
公共事業の拡大が必要ではないと言うことはできない。

375 :dell:01/12/11 20:30
>373
国と企業は同一視できないと思いますが・・・。
中央銀行を通して通貨発行できますし・・・。

376 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/11 20:32
>>374
すごい。めちゃくちゃ解りやすい。大学の先生ですか?

377 :dell:01/12/11 20:32
>374
というより、デフレ退治のためには公共事業も必要でしょう。

378 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 20:33
>>374
前半は教科書通りで良いが、後半はかなり問題有り。
公共事業増加による所得増加分が全て借金返済にきえるという仮定はあまりに非現実的だし、
借金返済に回った後、そのカネがどうなるかについても全く考えてない。

379 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/11 20:43
>>378
これは俺の推測だが、聞いてくれ。

>公共事業増加による所得増加分が全て借金返済にきえるという仮定はあまりに非現実的だし、

確かにそうだ。しかし、公共工事の場合、ゼネコン等建築業者が、
所得の受け手だから、債務返済に相当まわることは明白。

>借金返済に回った後、そのカネがどうなるかについても全く考えてない。

不良債権の引当金でしょう。

だから、公共工事に過度にたよった公共投資は、
その意味ではあまり効果をあげないと思う。
公共工事以外の投資もかなり具体案が2ちゃん上では、
逓減されてきている。
ただ、やはり全労働者の1割が働く建築業界への配慮は不可欠。

380 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 20:59
>>379
本当に唯の推測。
国から支払われたカネが全て建設業者の懐に入るわけではない。
工事をするにはセメントも鉄骨も買わねばならないし、トラックやクレーン車、ブルドーザー
なども稼働させねばならない。たりなければ買い足さなければならない。
目に見えて仕事が増えれば人手も増やさなければならない。
そんな事情でいったい何%借金返済にまわせるのか?

それから、銀行に返ってきたカネを全部引当金に回せると考えるのはあまりにもDQN。
引当金に回せるのは銀行自身のカネのみ。利ざやの部分ぐらいだ。
その他の大半のカネは預金者から借りた金でしかないので、引当金なんかにはできない。

381 : :01/12/11 21:24
>>374
まちがい

「乗数効果」で検索してみなはれ。

382 : :01/12/11 21:27
>それは「公共事業費増加による所得の増加分を消費せずに全額貯蓄」した時。式で表すと

>1兆円 + 1兆円×0 = 1兆円
ここが間違い↑

>>380 が正しい。これ、高校政経レベルの話。

383 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 22:04
>>377
もちろん、国と企業を同列に扱うことはできないけど、
インフレ等の手段で本質的に借金を返済しないという
解決に出れば、貸し手である国民が犠牲になるよね?

この辺の本質は、ゼネコンと銀行の構図と同じで、
結局は、
1. 追い貸しして将来の回復にかける
2. 借金をチャラにして銀行に泣いてもらう
3. ゼネコンを潰して回収できるだけは回収する
ということしかないよね。
1にしてもしっかりした再建計画とのセットでなければ
単なる問題の先送りになってしまうと思うけど。

384 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 22:05
政府支出に乗数効果があることは議論の余地無しだろ。
その大小は色々なモデルがあるが
0、或いはほとんど無しという学説は見たこと無い。

まったく解らない人はサミュエルソンとか読めば?
馬でもわかる書き方をしてると何かに紹介されていた。

385 : :01/12/11 22:15
>>384
そんな、乗数効果なんてサミュエルソンとか出してこなくても、
高校・大学一般教養レベルの話だから叩くんならもっと手厳し
く叩かないとダメだと思いますよ。

「乗数効果知らない奴は高卒DQN」とか

386 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 22:21
>>385
了解!
「385は大学は経済学部しかないと思ってるDQN」
あ、まちがえちった、失礼!

387 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/11 22:24
少なくとも政治家は、乗数効果と信用創造ぐらい知ってないと
経済政策打ってないでしょう。というか、やってはいけない。

388 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 22:28
乗数効果の真実

「公共事業費のうち、政治家・官僚に真水で
0.3%以上の現金が自動的に入る。」

389 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 22:32
>383
基本的には1を続けるということでしょう。経済成長とともに国債残高も増えていきます。
インフレになれば緊縮財政、増税などでインフレを防ぎ、デフレ懸念が強まれば財政出動します。
これで、何が問題なのでしょうか?

390 :dell:01/12/11 22:44
>389=dellです。

391 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 23:03
>>388
現金が官僚に入るかどうかは知らないが、政治家には入るのだろう。
で、その政治家が選挙民に酒飲ましたりしてカネを使い、需要が拡大。

392 :流れ板:01/12/11 23:11
経済板のいかんところは社会現象を「経済」という側面だけで
捉えるところにある。一つの経済現象ですら複数の意味を持っ
ている。単純な経済モデルで断定的に判断するのは危険。

小泉首相の「国債30兆円枠」に経済学的な根拠や意味は何一
つとしてない。だが、政治的意味は巨大である。これを表面上
だけでも守れるか否かで、後の経済政策の選択肢も変化してく
るという側面もある。

選挙・議員板(あるいはニュース系は最悪だが)のいかんとこ
ろは逆に経済学の知識が皆無なところだ。

難しいものだねえ。

393 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 23:16
国債発行減らすのにこだわるなら、
銀行から100兆円ぐらい借金するか、
日銀から政府に100兆円ぐらい毎年振り込んでもらって、
好きに使えばいいって、ずっと前の記事にあったよ・・・。

394 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 23:24
>>392
>政治的意味は巨大
妙な公約を掲げてくれたもんだが、一理あるな。

>表面上だけでも守れるか否か
よし! 残された手は、日銀買いオペだ!

395 :とうりすがり:01/12/11 23:25
どっちにせよ高橋財政みたいなことを
やるだろう
景気が悪くなって、支持率が上がる首相(わからんな)

396 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/11 23:26
>>392
小泉が、不況をテロのせいにして、
「当時とは情勢が変わった。」と、
認めればすむ話だ。小泉の頑固さが原因。
自分はいいかもしれないが、その選択によって、
最低1000人は死ななくてもいい人が死んでると思う。

397 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 23:36
>>353

「バブル崩壊後になされた公共投資の効果はなかった」とかいう構造改革論者の言は観念論ないし嘘で、効果は確実にあったけれども、それを打ち消すマイナス要因も大きかったために(しかもそれは、日本経済がかつて経験したことのないものだった)「あまり効果があるように感じ
られなかった」ということだと思います。

95−96年頃、ハイパー円高の影響および阪神大震災とオウムサリン事件のショックで消費者心理が急激に冷え込む。
99−00年頃、97年の消費税アップにともなう、需要落ち込み、金融危機で日本経済は目茶苦茶になり、集中治療室からようやく一般病棟に移れた段階だからすぐ元気になれるわけない。
多くの企業は相当力が衰えた。

もしも、この間「効果がない。どうせ利益誘導政治につながる」とかいう理由で公共投資やめてたらどうなってたか。それを思うとぞっとする。

398 : :01/12/11 23:43
乗数効果なんて、経済学部じゃなくても高校か大学の一般教養で必ず習うもの
だと思ってたんだけど、それすら知らない人がいるんだ…

>>388
ブルジョワ民主政治の否定ですね。
北朝鮮@地上の楽園かキューバにでも亡命して下さい。

っつうか、この板には○経の人が多いようだから教えを請うたらいかがです?
マジな話。

>>383
先週のリチャード・クーの発言を引用すると、
「国債なんてものは将来の徴税権を担保にするか国民の財産を(NTT株や道
路公団の資産など)担保にしているのである」

一般企業にあてはめる場合、注意しなければいけない点が一つあって、ダイエ
ーは1兆円の借金で倒産を噂される状態だけど、東電は9兆円以上もの借金が
あっても倒産(借金が戻ってこない)と思う人はほとんどいない状況であるこ
とを考慮に入れなければいけない。

下の選択肢は喩えが偏っているのでボツ。

>この辺の本質は、ゼネコンと銀行の構図と同じで、結局は、
>1. 追い貸しして将来の回復にかける
>2. 借金をチャラにして銀行に泣いてもらう
>3. ゼネコンを潰して回収できるだけは回収する

399 :流れ板:01/12/11 23:46
>>396

政治公約の遵守と本人の頑迷さは別物だよ。あなたの論調は
分からなくはないが……。靖国に15日に行かなかっただけ
で政治的威信が揺らぐ世界だから。

それと自民党守旧派の連中が財政出動を叫びすぎてしまって
いるのも困るね。政権基盤が国民支持率である小泉首相とし
ては彼らに妥協しにくくなる。

経済面からのクー氏らの主張は理解できるが、サンプロで亀
井静香に「クーちゃん」と呼びかけられるのを庶民が見てい
るような状況では……。

まあ、経済板の小泉反対派にはいわゆる抵抗勢力の影響力を
排除しつつ、本当は正しい経済政策を実行できるかを考えて
もらいたいなあ。

コラムマガジンは面白い視点も多いが、ちょっと色があって
生臭い臭いがしてしまうし。

400 : :01/12/11 23:48
>>397
いわゆる構造改革派は公共事業による「景気の下支え」を全く評価して
いない点が問題に思いますね。

橋本政権・小泉政権は公共事業の削減を看板に掲げていますので結果は…

401 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/11 23:58
666兆円きゃんぺーんの胡散臭さにくらべれば・・・、
まぁ、自分達の体臭には気にならないってことか・・・。

402 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 00:08
>>399
一応いっておくと、経済学者の中にはデフレ退治は金融緩和で行うべきで、
財政支出の拡大は政治的にも財源的にも無理、という人は結構多い。
岩田規久夫や野口旭などのインフレターゲット論者はそういう主張をしてるんじゃないかな。
マトモなエコノミストの主張が財政支出拡大でまとまっているわけではないということで。

403 :287:01/12/12 00:55
だけどさ何でこんなに土建屋経済政策が批判されるようになっちまった
のかみんな理解しているのか?別に政治家や官僚のスキャンダルだけ
が原因じゃないんだぜ。

需給ギャップを埋めるために財政支出をして市場の機能の補正をすると
いった手法は別にどこの国もおこなっていることで日本だけの特殊な政策
でもなんでもない。ではなぜ日本の財政支出にはこんなにも批判が出るのか?
経済コラムマガジン流にいうとズバリそれは軍事支出のせいさ。

日本の対GDPに占める軍事支出はもうどうしようもないほどにしょぼい。
あまりいい資料がなくて恐縮だが、世界の主要先進国の対GDP比と日本は
一桁違うときてるんだからな。これじゃあ需給ギャップ出るわけだよ。その
穴埋めのために日本政府はいっしょうけんめい公共投資して、いらない道路
造ったり、しょうもないニュータウンを造らななくちゃならなかったわけだ。
他国では本来軍事費に振り向けていた投資を日本は建設投資しなくちゃ
ならないんだからな。そのしわよせが今日の土建屋経済政策批判に来てい
るわけさ。

’92年の各国戦力比較表
⇒ http://www.tetsureki.com/home/rondan/shoshi/hirotoku3.html

ミサイルなどの兵器は戦争が起こればすぐに消耗できる。戦闘機や軍艦も
廃艦にしてまた造船すればいい。つまり軍事品はある程度政府の意向で
廃棄・再生産が可能なわけだ。ところが民間の企業や家計が購入した、土地や
建築物や公共性のある道路などは政府の都合で廃棄したり消却することが
難しい。つまり物持ちが軍需品とくらべて長いわけさ。さらに悪いことに投資先が
直接国民の目に触れてしまう。つまり軍事産業は軍事機密という名目で
国民の目の触れない密室で投資をするという手法も使えるが、建設投資は古い
設備がいつまでも残っている上に次から次へと新しい設備が国民の目の見える
ところで積みあがっていくから嫌悪感を抱かせやすいという問題もあるわけだ。

今まで政府もごまかしごまかし投資をしてきたが、もうその限界が来ているわけだな。
だから穴掘って埋めるだけでもいいから、景気を支えるためにやらせてくれと言っ
てもなかなか国民の理解が得られにくい。

それじゃあどうするかといえばもう日本も他国と同じように再軍備をするしかない
と思う。これだけの経済規模をもつ国がよく軍事費支出をあれだけに抑えながら
財政支出してきたよ。ある意味驚異的だ。ただ、このコンセンサスも国民には
得にくいだろうな。だから俺は日本経済の縮小均衡しかないと思っているわけさ。

404 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:13
>>403
案外、小泉は真剣に再軍備狙ってるかもよ。
女帝論だって、憲法修正の実績作りを狙ってる
わけだし、奴のアレぶりは狂信的とも言えるからな。
そのための構造改革論だったら恐るべしだな。

405 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:21
>>404

なにをいまさら(w)自民党右派三塚派の後継者にして、日本列島浮沈空母
で有名な中曽根大勲位を後ろ盾にしてるレーガン&サッチャー信奉者だぜ。
最初から、そんなの自明だろうが(藁

406 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :01/12/12 01:26
軍事費が多すぎてもまずい。土建屋経済政策によって日本が
これまで発展してきたのも事実だから。といってもこれから
は無理だけど。

それより何より、日本は武器を輸出できないという致命的欠
陥がある。他国なら軍事費上げつつ、さらに経済発展にも寄
与できるんだから。

407 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:29
それとも武器禁輸も解除だったり?

最終的には戦争という経済オプションも可能になるのか。

408 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:34
>>407
イヤーなオプション

409 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:35
戦争オプションはなしでも、武器輸出が可となれば、それだけで経済がうるおうこと
は事実だよ。
戦争なんて疲弊するだけだし。

410 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:50
>>403
日本の防衛費は13年度で約5兆円。GDPの1%ルールってのがあったが
今はちょっと超えてるね。400億ドルってとこか。

GDP比でいけばたしかに小さいが、金額ベースでは上からかぞえて5番
以内にははいるだろ。3番目くらいかも?

411 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:54
>>403

なるほど。確かに軍事費の問題はそうかな、とは思いました。

>その穴埋めのために日本政府はいっしょうけんめい公共投資して、いらない道路
>造ったり、しょうもないニュータウンを造らななくちゃならなかったわけだ。

でも、日本はヨーロッパ諸国に比べると依然社会資本が貧弱とかいわれているのはどうしてなんでしょうか。
つまり、公共事業の質が問題なのではないですか。無意味な公共事業はやめ、本当に役立つ公共事業をやれば、っていうのはどうでしょう。

412 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:55
ドルベースだとロシアを抜いて世界第二位だよ。
それなのに戦略核をもってないから、装備のハイテク度と歩兵のコストはピカ一。

413 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 01:59
>>405
そうだね。構造改革は一向に進めないのに、右派政策は
ビシバシと猛スピードだもんな。

>>409
ま、とりあえずは、輸出しなくても内需の分だけでも
十分な余地があるんじゃないか。
しかし、武器作ってまで経済を維持したいとは
思えないな。

414 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:00
>>411
中間搾取やわけのわからない規制で、高コストの為でもある。
大体、100年は住宅が使えるようなところと比べて、同等の社会
資本になるわけがない。

415 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:04
別に軍事なんかに金つかわんでも、宇宙開発などいくらでも投資
対象はある。
まだ民間だけでもとがとれる産業にはなってないでしょ。宇宙。

416 : :01/12/12 02:12
ジンジャーより使える車いす開発して地雷の多い国に売りつける。

417 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:16
無駄な道路なんか作らずに
FTTH
すすめりゃよかったのに

418 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:19
>>415
宇宙の、あとは航空産業。航空産業が輸出産業に育っていればなあ。

419 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:20
科学技術研究費を倍々増かな。ナノテクノロジー関連予算は
今でも世界最高だと思ったけど。古臭いコピーだけど科学技
術立国ニッポンてやつか。

最後に元が取れるのはココですな。

個人的趣味も兼ねて二足歩行ロボット開発もイイ!

420 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:21
>>418

今ごろNYテロの煽りでさらに深刻じゃないの?

421 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:26
「必要は発明の母」
これは需要にも同じことが言えると思ふ。必要がが多ければ産業になるから。
ただしカネを出すに値するものでなければならないけど。

422 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 02:36
>>420
今は深刻だが、アル・カイダが潰れれば、また復活する。地球がますます狭く
なり、長遠産業とナノテクノロジーという両極端を押さえることが必要では
ないか?

423 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 09:19
>>359ネタの蒸し返しになるが、
日本のアル・カイダ、構造改革原理主義者たちも何とかして欲しい。
こいつらが、「二、三年は低成長」とほざいているうちに、日本は完全に沈没してしまいそうだ。

424 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 11:28
橋本内閣の、あの程度の失政ですら後が大変だったのだから、構造改革教の大失政は
日本経済の致命傷になるかもしれない。

425 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 13:56
>>424
age

426 : :01/12/12 19:09
>>398

ブルジョワ民主政治=腐敗堕落?

427 : :01/12/12 20:22
>>426
ブルジョワ民主政治においては、田中角栄や金丸信、亀井静香や
鈴木宗男のような政治家を排除することは不可能だから、そうい
う存在を認めない人はプロレタリアート独裁を支持すりゃいいっ
てことなんですよ。

428 :逓減勢力 ◆yW/1CgQE :01/12/12 22:20
>427
するどいね。しかし、改革支持派は、小泉が弱者の味方だと信じてるんだよ。

429 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 22:33
>>404 405
それはどうかなあ。竹中はECAAR(軍縮問題を考えるエコノミストの会)のメンバー
だしね。そいえばここのサイトにヘーゾーが論文を発表していたよ。

http://www.asiawide.or.jp/ecaar/Japanese/96symposium/3-4.htm

 そこで竹中(1993)は、供給サイドを明示的に含む小型世界モデルを用いて、
 アメリカの軍事費削減の効果を分析している。それによると、GNP費1パーセント
 の軍事費削減は、GNPを0.6パーセント低下させ、その結果失業率を0.2パーセント
 程度上昇させることが明らかになっている。

ついでにアジア・太平洋諸国の軍事支出もヘーゾーがリンクしてくれてた。

http://www.asiawide.or.jp/ecaar/Japanese/96symposium/3-4-2.htm

430 :dell:01/12/12 23:14
ある寓話。

ある所に重症の糖尿病患者がいました。彼は長年にわたり毎晩フランス料理のフルコースと大酒を繰り返していました。その結果重症の糖尿病になってしまったのです。
医者に診てもらいインシュリンを打つのですが、時々美食してしまうせいもあってか血糖値は十分には下がりません。おまけにインシュリンを打つのを怠るとすぐに血糖値は上がってきてしまい、そのたびに入院を繰り返していました。
そんなところにある日、友人が、有名な民間療法家のH.Tという人物を連れてきました。
そのH.Tいわく、「糖尿病には体質改善が大切だ。インシュリンなどに頼る心が災いの元なのだ」とのたまい、その患者にインシュリンを打つことをやめさせ、プログラムに基づく体操のみをやらせました。
ところがその結果、患者の血糖値は急上昇、意識も混濁して寝たきりの状態になってしまいました。
家族は心配してインシュリンを打つべきではないかと言いましたが、H.Tは「糖尿病性昏睡にならぬ限りインシュリンは打たせない。体質改善なくして糖尿病克服なし」と言い、患者を強く殴ればかすかに動く事を理由に「まだ糖尿病性昏睡ではない」とゆずりません。
やがて、患者は死んでミイラとなりH.Tは死体損壊の疑いで逮捕されたとさ。

わかる人にはわかるよね、この話。
わからない人は・・・・・いないよね。

431 :カミさんには義理でのる:01/12/12 23:19
>430
インシュリン打ってんじゃん。年に30兆円分も。

432 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 23:38
>>429
竹中の発想の根底には、
 大蔵健全財政主義→軽武装→経済大国
の成功体験がどっかり根をおろしてるんだろか

今は、昔と違って、モノがありあまってる時代なんだが。。。

433 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/12 23:44
デフレギャップは40兆円と言われてますが?

HN、ワラタ・・・ >>431

434 :TAKA:01/12/13 00:12
面白そうな話をしてますね!
もう私のHPに来ていただけましたか?
もしまだでしたら、是非一度きてご覧になって下さい。
皆さん鋭そうなので、裸にされて食べられてしまいそうですが。。。

http://www.taka-watch.com
Japan Problem→日本の財政赤字→「日本国債の謎」→「日本国債のXデイ」

435 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/13 00:26
読売新聞は、もっと面白いYO!

◆補正予算は「30兆円」にこだわるな インフレ目標の採用が不可欠だ
http://www.yomiuri.co.jp/teigen/2001kiki/2001kiki07.htm

436 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/13 09:07
age

437 : :01/12/13 20:25
国家財政破綻へ全速力か?

438 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/14 00:15
俺は工学部卒だが
経済コラムマガジンを読むと今までの実体経済の動きを理路整然と説明してくれ
目からうろこが取れた感じ
情報提供者に感謝する。

439 :同じく工学部卒:01/12/14 00:26
>>438
禿げ同

>実体経済の動きを理路整然と説明
汎用機COBOLで既にOA化が進んでるってとこには、
思わず拍手を送りたくなった。

440 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/14 00:27
アメリカ的だよね。書き方が。
プラグマティズムというか。

441 : :01/12/14 18:52
 景気の下支えには税金を盗る政治家と官僚が不可欠?

442 : :01/12/14 20:35
どうでもいいけどいいかげん小渕の名前を早く直せよ。
いつまで小淵と書きつづけるつもりだ?人名をいつまで
も間違え続けているというのはあまり感心しないな。

443 : :01/12/16 00:43
age

444 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 02:07
この間のメルマガで、石油公団民営化に一石投じてましたが。
やっぱ石油公団は存続がいいんでしょうかねぇ?
ま、俺も民間だけでは石油開発は厳しいと思うんだけどね。

445 :金持ち名無しさん:01/12/16 02:10
諦めて循環型エネルギーに移行できるんじゃない?
石油なんてもうどーでもいいじゃん。

またオイルショックが来ても、今なら自然エネルギーが見直されて
逆に良いさ。

446 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 02:15
でも、石油が無いといろいろ困らない??
今は循環型エネルギーってのも確立されてないと思う。
自然エネルギーを作り出す施設作るだけでも時間と費用はかかるし。
こればっかりは成り行きを風に任せるか。

447 :   :01/12/16 13:06
最新号で小泉をぶった斬ってるけどマクロ経済学的には
正論なんだろ?
このコラム読んでるとどうしてこういう議論がNHKなんか
でやらないのかと不思議でしょうがない。

448 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 13:33
>>447
経済わからん人間が、取材対象の話を聞いたところから話を
組みたてるからだろ。まずは、マクロの本読めって言いたい。
けど、マスコミは今日の番組埋めるのに必至だからねー。
構造的に、お勉強している暇は無いんじゃない?

449 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 14:31
マスコミの人間は職業柄、つねに目新しい話題を追い求めている。
だから、「改革」と名のつくものには弱い。そして、これこそが時代のトレンドだ、と主張して恥じない。
あとで、「あれは何だったのか」となっても誰も責任とらないしね。

450 : :01/12/16 14:32
素人ならいざしらず経済のエキスパートでも
マクロの視点から見ている人が少ない気がする。
何でだ? ホント不思議でしょうがないんだが。

451 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 15:14
経済学的に見れば、小泉首相のやっていることが間違いなのかもしれませんが
小泉首相の理想は「ムダな仕事を無くすこと」です。

マネーゲームを駆使すれば確かに景気はよくなるかもしれませんが、意味の無い
経済活動ものさばらせることになります。

小泉首相は単に景気をよくすることより、我々をよりよい生き方を提供している
のではないかと。

452 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 15:20
>マネーゲームを駆使すれば確かに景気はよくなるかもしれませんが、意味の無い
>経済活動ものさばらせることになります。

具体的に何?

453 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 15:26
ある人に「よりよい生き方」を提供する変わりに他の人に犠牲を強いる構造改革って一体…

454 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 15:34
今年の自殺者4万人突破かな。
ベトナム戦争で死んだアメリカ人が10年間で6万人らしいから
不景気のせいで、今の日本は戦争しているのと同じくらい人が死んでいる。

455 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 15:38
>>451
逆説的だが、世の中には「無駄」なことも「必要」なんだよ。
お子ちゃまにはわからんかもしれんけど。

456 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 15:45
>>451に対して、二点、コメントしておきたい。

・「経済学的に見れば間違い」とわかっているのなら、「構造改革なくして景気回復なし」と国民に大うそつくのはやめろ。

・また、「ムダ」かムダでないか、なんて一体誰がどういう規準で判断するんだろう。
彼らはすぐにベンチャー企業の創出とか説くけど、貴重な地場産業、中小企業が不良債権処理の強行でそうした可能性をつぶされてしまうかもしれないということには疎いように見える。

457 :  :01/12/16 15:47
>>456
資本主義国家なのだから、多くの人々が投資したがる企業は無駄な企業でなく、その逆が無駄な企業でしょう。
だから、どの企業に融資するかなんて、金融機関が勝手に決めればいいこと。現実には、金融庁がおせっかいに口出ししまくってるけど。

458 :毎週あげるウザイ奴:01/12/16 18:48
01/12/17(第235号) まさに「世も末」

 はっきり言えば、この木村剛と言う人物も実に怪しい。
 そしてこのような人物を、なぜ竹中氏やアサヒビールの
 樋口氏が首相に紹介したのか謎である。
 繁栄している国も内部から崩壊していくのである。
 我々は今、それをこの目で見ているとも言える。

風潮→吹聴?
筆者は、経済に強いが漢字には弱いようだ(w

459 :    :01/12/16 19:06
コラムのバックナンバーざっと読んだ。高齢者の消費構造など
鋭い分析もあるけど、積極財政型の経済政策には俺はやっぱり
反対だな。

460 :くどいようだが:01/12/16 19:43
だから財政支出をこれ以上増やすなら軍事支出を増やすしかもう手はないって。

日本の軍事支出は現在GNPの1%で世界平均である5%にまったく届いていない。
ビッグバンで金融を世界のデファクトスタンダードに合わせるなら財政支出の内訳も
世界平均に合わせろって。

もちろん日本の社会資本は諸事情により欧州などより遅れている面もある。だから
その投資の必要性もまったくもって理解できる。がしかし今までのように軍事支出と
公共投資へのバランスを欠いたまま行うわけにはいかない。そこで、その支出を大きく
カットしてしまうというわけではなく、軍事支出に5%まわしてそれでも不足する
需要分のみ社会資本整備へ上積みすればいい。過度に社会資本へ財政支出を振り向けて
いる上に、フロー効果を直ちに発揮できるように無理をしているからつまらない場所に
道路を造ったりしちまうわけだろ。住民といざこざを起こしにくい田舎の用地買収が
しやすいような場所はえてしてあまりストック効果が期待できないような場所になって
いる。そこでならばそういう住民のコンセンサスを得なくてはいけないようないわゆる
ストック効果が期待できる重要な社会インフラはじっくりお互い話し合いをして決めれ
ばいい。したがって短期的な経済政策を期待しなければならないフロー効果を狙う場合
には主に軍事支出の方にまわすことになるわけだ。

日本以外のほとんどの主要国は財政支出に軍事支出と公共支出をバランスよく使い分けて
運用しているわけだから日本もそろそろデファクトに合わせるべきだって。GNPの1%
に抑えたことにより、確かにその恩恵も受けたさ。国民は豊かになり今では貯蓄過多に
なっているほどだし、民間企業は貿易摩擦を起こすほどに生産性をあげて良質な製品を
作れるようになった。しかし反面その代償も払っている。貿易不均衡による米国との軋轢
もそうであるし、世界に対して金は出すけども口は出せないといった不甲斐ない国になって
しまって、国民の間にはなんともいえないうっぷんが溜まって来ている。貯蓄過多のような
いわゆる日本の特殊性というのは実は軍事支出が世界平均から大きく乖離していることから
来ているとも言えるのさ。橋本内閣が財政再建をして経済が落ち込み、その補填のために
社会資本へ厚く財政支出をしてしまったがゆえに、相変わらず日本経済は閉塞感漂う停滞を
続けている。小泉がまた従来型の社会資本整備中心とした財政出動をしてしまったら、また
その繰り返しさ。そこそろこの不均衡を是正すべき時に来ているな。まあ小泉のことだから
国民を説得して軍事支出をGNP比5%まで引き上げてくれるだろうよ。

461 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 20:42
重い内容だったけど、今年の最後を飾るにふさわしい読み応えのある内容だったね。

・長年のマスコミの働きによって先入観を持っている国民
・デフレスパイラルか否かの分析
・竹中と榊原の変節漢ぶり
・民主党はどうしようもない政党である。
・携帯電話は、規制緩和によるヒット商品だったというおかしさ

いちいち、もっとも。

462 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 20:48
>>459
あなたみたいな人をよく見かけます。
1. 「俺」を主語に使う
2. 反対する理由を提示しない。
 3. 実は論理的に反論できない。
4. 中身がともなってないくせにじつに偉そう
5. まだ若いくせに頭は固いオヤジそのもの
 6. 周囲の女性から嫌われている。

463 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 20:53
>>462
他の板の小泉支持者に、2.や3.の特徴の人がよくいました。
6.にはワラタ・・・

464 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 21:04
今週号の「マッド」3名でだれかね。
2人というのは、竹中、島田?

465 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 21:06
>>464
文脈を見る限りへいぞう、木村剛、榊原かと。
へいぞうと木村が小泉ブレーンで榊原が外野。

466 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 21:14
木村剛
インフレターゲット反対、ペイオフ解禁派、公的資金注入論者、M&A会社社長…

467 :傾城:01/12/16 21:28
>>466
男芸者、というか宦官っぽいね。

468 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 23:01
KPMGフィナンシャルってどうよ?
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/money/1006860155/17-19

KPMG=木村ピープルマネージンググループだって。藁
KPMGJ自体は、上のスレ見る限りは評判悪くないけど。

469 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 23:12
小泉政権で出てくる顔は「勝ち組」ばっか。
自身(小泉ぼんぼん)、オリックス宮内、アサヒビール樋口、
竹中(あの実力で大臣にまでなった)、トヨタ奥田
ノブテル(七光り)など。

勝ち組がさらにその地位を強固にするために都合よく
変えてるのが、構造改革。

470 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/16 23:42
>>469

木村剛、有名になる前から多少知っているけど、彼の周囲にいる人たちもだいたいそんな感じよ。

年齢的には、38〜39くらい。
ちょうど、社会人になりたての頃がバブルで、会社のカネでアメリカに留学。MBAとって帰って来た。
日本に帰国してみたら、日本の企業は年功序列で、仕事できないくせに社歴だけ長い奴らが高給を食んでいる。こいつらが日本を駄目にしている!
かたや、アメリカは実力社会。同じMBA仲間は次々ベンチャー起こしたり、実力を認められて会社を移っている。アメリカの方がITも進んでおり、ニューエコノミーに入っている。
それにひきかえ、日本は何だ!
思想的には「小さな政府」論者で、自由党の小沢一郎に共感。

とまあ、こんな感じでしょうかね。

471 : :01/12/16 23:44
>とにかく小泉首相の周りには「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」
>「霊媒師」「嘘つき」なんでもいる。

>ところで日本で名が売れている経済学者やエコノミストの中で、
>筆者が「これは酷すぎる」と言う者がいる。筆者は「マッド」と
>評している。今のところ3名はいるが、なんとそのうちの2名までが
>小泉首相の周りにいるのである。もっとも小泉首相も変わっており、
>波長が合うのであろう。

凄まじい怒りようだが、通して読むと納得してしまう。
この筆者の政策提言というのを早く読んでみたいな。

472 :金融板コピペ:01/12/16 23:51
言ってみれば木村さんが、マクロの話をするのは
経営専門家が経済予測するようなものだとおもいます。

優れたコンサルであるかもしれないですが、
エコノミストじゃないとおもいます。

http://salad.2ch.net/test/read.cgi/money/1006860155/31

473 :中国キティー:01/12/17 01:57
この人はオールドケインジアンだって

474 : :01/12/17 07:06
>403
オオワラ。
すごいデムパ。

475 : :01/12/17 07:25
>460
口が出せないのは、アメにこびを売って独自の外交を全くやっていないからだろ。
今回なんか特に、外交アピールの最大の機会を完全にふいにしちゃったからねえ。
流言に馬鹿みたいに乗っちゃったし。
イスラムとの関係悪化して日本に石油が来なくなったらどうしてくれる。
民間人へのテロは、絶対に許されないと言うのは言うまでもないが。

だいたい他人の死という最悪なもんで暴利をむさぼる軍事産業なんて逝ってよし。
良心というものがないのかこいつら。
12年前にマジでぶっつぶれてほしかった。
湾岸さえなければ・・・
イラク馬鹿だから、あっさり挑発にのっちまったから・・・

476 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 08:52
>>473

オールドケインジアンであろうとなかろうと、言っていることが合っているかいなかが問題。
今のところ、小泉政権前からこの筆者が主張してきた通りに、事態が推移している

477 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 10:13
>>451
このスレにも、とうとう電波がやってきたか。

478 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 10:42
460も穴掘って埋めろ論者に近い。

479 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 15:28
軍事の重要性を認識していないやつは、経済しか知らないと、
言われても仕方ないよ。
GDP世界第二位の経済大国の地位は今でも変わらないが、
そんな大国に国際的発言権が認められていないのは、軍事力がないから。
特に核兵器は持っていて当然。核もないのに、
世界に権利を主張してもどの国も恐がらないから、無視。
アメリカの金魚の糞、金づるを続けたくなかったら、
軍事費をあげなくちゃいかん。それが国益と日本経済に
自立性と活力を与えるものだ。

480 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 15:59
>>479

言い方はきついが一理ある。
ただ、私は軍事力を背景にした「外交力」こそが
国際社会の力関係を左右すると考えるけどね。
軍事力だけではダメだな。

481 : :01/12/17 16:04
核兵器を持とうと思った場合どこで核実験を?

482 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 16:06
尖閣諸島

483 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 16:42
軍事力だけだと逆効果かな。
外交は、恐らく日本人の最も苦手な部分だよ。
下手な外交を軍事力で補おうとすると大変なことになると思う。

484 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 16:54
今のヘタレ外交より大まし。

485 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 17:44
軍事力の強化云々は徴兵に繋がるので嫌です。
ある特定の企業が軍需でボロ儲けするってのもなんかむかつく。

やっぱとりあえずは空港と道路と橋だろ。

486 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 17:50
日本の外交の基本は土下座だぞ。
中韓にちょっと脅されると、すぐ土下座だぞ
くやしくないのか

487 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :01/12/17 18:22
>>485

昨今では徴兵制がある国の方が少ないのでは?
軍事力強化と徴兵制は直結する問題ではありませんよ。

488 :ウゴ        :01/12/17 19:40
結局、この作者の結論は
・景気対策に財政支出(公共事業)を増やせ
・雇用対策(フリーター、中高年の再就職)に公務員を増やせ
・土地の値段を(政府が)あげろ
 ↓
これで需要不足解消!
ってことか?

489 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 20:27
バブル崩壊後の日本の公共事業は何をやっても借金返済と貯蓄
という巨大なブラックホールに吸い込まれていくだけで、地方
や業界の活性化にはほとんど繋がらなかった。

コラムの筆者が主張するように「公共投資が需要を喚起する」
とは全く思わない。が、公共事業は地方や低付加価値労働者の
生命維持であり、はずせば大勢の人間が首をくくるハメになる
ので著しく経済合理性に欠けても現状維持のため続けざるを得
ない、と思ってる。

490 :ホントの意味での構造改革:01/12/17 21:57
>>489
よく国と地方との関係の硬直化ということも言われるけどさ、
結局これなんかも国が社会資本を中心とした公共投資という
カードしかもっていないからいつまでたっても中央依存型の
公共投資体質を温存する結果になっているんだろ。そりゃ
そうさ、地方へ公共投資のカードを渡しちまったら、国がマ
クロ政策でフロー効果を効かせることができなくなってしま
うものな。国が早く軍事支出というあらたなカード(ここで
言っているのは経済が需要不足に陥った時に十分なフロー効果
を効かせるだけの投資力つまりGNP比5%規模だぜ)を手に
入れなければいつまでたっても社会資本投資における地方分権は
できないってことになるな。

491 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 22:11
>>486
日本の外交の基本は土下座と言うが、土下座でお金になるの
ならば、いくら頭を下げても損はしないと思うが。


お金にならないのに土下座するというのは、思考停止だと思う
し、気に入らないが、仕事になるなら裸踊りでもなんでもする
はずだ。

492 :軍事支出GNP比5%に変えることがホントの構造改革:01/12/17 22:28
>>485 そうかなあ。
日本は生産技術力は高いが基礎技術力は欧米に劣るとよくいわれるが、
結局のところこれも軍事投資が不足しているからだろう。結局基礎技術
開発のような研究に金がかかるような物はおおよそ欧米では現在では
軍関係の研究所のようなところから出てきているんじゃないの。
パケット通信やTCP/IPも米国防省の高等研究計画庁が開発したんだろ。
「日本も独自のコンセプトに基づき、新たなものを創り出す試行錯誤が
必要である」なんていうやつがよくいるけどさ、だったらそういう場を
作れって。金とせっぱ詰まった緊張感がなければいいものなんてできや
しないさ。

493 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 22:38
だったら、宇宙開発っていうのはどう?
資本主義っていうのは常にフロンティアを求めるものだから
ちょうどいいよ。軍事はちょっと怖いです。

494 :そろそろまともな国になろうぜ:01/12/17 22:47
>>483 >>493
じゃあ結局日本人はいつまでも対外的に影響力を行使できる軍事力
は持ってはいけないということ?手に入れたら抑止がきかなくなるから。
それじゃ子供が18歳になるまでは判断力が未熟だから自動車の免許
は与えられませんということと同じ図式だな。日本はガキの国なんだ。

495 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/17 22:57
ただ突き詰めれば軍需も負担要素なんよ。ソ連はそれで逝った。
結局どこで投資を還元するかなんだよな。
アメリカなんかは政策を有利に進めた上に定期的に戦争やって
それでいて戦費は日本に数兆円払わせるとかで還元してるからいいけど
軍事があって還元あらずであれば車の通らない道路と同じ無用な投資な訳で。
日本はアメリカに負けてからは必然的に軍需還元が発揮しにくい情勢に
追いこまれて還元は期待薄なのよ。

496 :アメリカはGNP比7%で過剰ぎみ:01/12/17 23:39
>>495
別に負担要素でかまわないだろ。軍事支出はもともと短期的にしか
効果が続かないフロー効果主体の目的で投資するつもりなんだから。
それにこのコラムによれば日本経済は圧倒的に需要が不足しているの
だろ?どのようにマクロ的なフロー効果を出すかということが重要な
んじゃないの?日本の社会資本は明らかに不足しているが、民権が強
いこともあってストック効果が期待できる場所に投資がすばやくでき
ない。すばやくできないとなればフロー効果の政策としてはあまり有効
ではない。だからその穴埋めをどこかでしなくてはいけない。そこで
軍事支出はどうよという話しをしているのさ。公共投資にフロー政策を
もとめなければ、かなりストック効果が見込める有意義な投資ができる
ようになるから現在の社会資本投資に関する問題も一部解決できる。

497 :(´Д`;) :01/12/17 23:45
自衛隊員に介護させるってどうよ

うちの婆さんの介護費用、月30万。ヒーヒー・・・

498 :宇宙産業のマクロ効果はどのくらい?:01/12/17 23:46
>>493
マクロ的には一般に軍事支出の割合がGNPに対して1%上昇すると
GNPを約0.6%押し上げ、失業率を0.5%減少させるといわれているか
ら宇宙産業への支出により同規模の効果が発揮できるならば、
代替案となると思うが軍事支出ほどの効果は無い気がするな。

499 :(´Д`;) :01/12/17 23:57
こんなんじゃ自分の老後が恐ろしくて、家を新築する気も起きないよ

ハーハー・・・

500 :片手落ちのマクロ政策:01/12/18 00:10
>>499
そこだよね。やはり日本人には軍=怖いものというイメージが
染み付いちゃっているんだな。だからエコノミストも経済学者
もあまり軍事支出について口にしたがらない。本当は財政支出
の中でも一番フロー効果があり、重要な要素であるにもかかわ
らずね。それじゃあいつまでたっても進歩はできないよ。やっぱり
縮小均衡しか道はないね。

501 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/18 00:17
何に投資しても出した金より戻ってくる金が少なければ経営破綻です。
使わない兵器は出す金が膨大で戻りがまったくない最強の不良投資です。
まあ利益が戻るように使う(利用する)ならば話は別ですが。

アメリカは軍事力を背景に外交で上位に立ち日本に戦費を出させるとか
いろいろやって還元してますからね。ソ連はそれが出来ずに沈みましたが。
日本は情勢的に軍事を利用するのは難しいでしょう?
本音は中国やアメリカと対等になりたいのでしょうが。

502 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/18 00:23
わかった、わかった。
とりあえず軍事費の話しは第一に憲法上の制約があるんだから、当分は無理なわけでさ。
このコラムの筆者が来年4週に渡って展開すると予告している提言に期待しましょうよ。

503 :しろうと:01/12/18 02:41
構造改革、財政再建、景気回復
今この3つがごちゃ混ぜになっているのでは?

私的意見としては
構造改革……やるべきである。(今の小泉改革のことではない。)(デフレ、雇用対策は別で必要)
財政再建……今はやるべきでない。(無駄はなくす)
景気回復……70%ほどする。(成長分野への支出、構造移行中の下支えなど)

う〜ん

504 : :01/12/18 08:05
人間のクズ、木村剛の発言
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura01
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura02

>最近「大手30社問題」にかこつけて、「問題企業30社のリスト」と言われる
>ものが、私自身が作成したというふれ込みで出回っているらしい。誤解に満ちた
>記事もいくつか書かれ始めた。本人に意図を確認もせずに、様々な憶測をもとに
>もっともらしい記事をねつ造するあたり、日本のジャーナリズムというものの素
>性がうかがい知れる。

上のページの発言をハードディスクにとって置くことをお薦めします。

505 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/18 09:30
その人間のクズの発言を堂々と載せているのは日経のサイト。

506 : :01/12/18 19:52
田中角栄、金丸信、亀井静香や鈴木宗男=人間のクズ

507 :初心者:01/12/18 20:31
だけど いまの トンデモ改革教には 抵抗したいので
かきこみます

いかに いまの ザイムショ・ニチギンが トンデモかは
すでに 270年前に 証明されていることです

>享保の改革を通じて、・・・・・財政立て直しに最も寄与したのは、国内産業の振興策ではなく、
>実は元文元年(1736)に実施された貨幣の改鋳という金融面からのリフレ政策であった。

http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_27.htm

ソースは・・・・・ 鬱 なんとかしてくで

508 :読売新聞:01/12/18 21:14
民主党憲法調査会、中間報告で9条改正選択肢に

民主党は18日、憲法調査会の総会で、憲法改正論議に関する
中間報告を決定し公表した。焦点の憲法9条に関しては、戦闘
行為が予想される国連平和維持活動(PKO)参加を可能とす
るため、憲法前文と9条の改正か、PKO参加を制約している
憲法解釈の見直しを選択肢として掲げた。

論憲を掲げる同党が憲法改正に関する見解をまとめたのは初め
てで、国会での憲法論議にも影響を与えるのは確実。同党は来
年8月をめどに最終報告を策定する。

509 : :01/12/18 21:42
>>504 30社リストの真実は!?
木村剛(本人は関与していないと主張する)
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura01
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura02
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura03

木村剛氏の発言が正しいとすると毎日新聞社はウソツキ新聞社になる!?
http://www.mainichi.co.jp/life/family/syuppan/sunday/01/1028/hunter2.html

こちらは週刊エコノミスト
http://www.studiok.f2s.com/naigai_news/20011009.htm#news2

週刊ポストが解説する陰謀説
http://www.weeklypost.com/jp/011019jp/news/news_1.html
http://www.weeklypost.com/jp/011019jp/news/news_2.html
http://www.weeklypost.com/jp/011019jp/news/news_3.html
http://www.weeklypost.com/jp/011019jp/news/news_4.html
http://www.weeklypost.com/jp/011019jp/news/news_5.html
小泉首相の経済ブレーンが作成した30社リストはアメリカのハゲタカ
ファンドが買収に目を光らせている企業??

510 : :01/12/18 21:46
>>509
一番新しい本だと
各銀行は融資先上位30社に誤魔化しの無いきちんとした引当金を積むべきであると言っていて、30社は各銀行によって異なる。特定の30社のリストはそもそも作成していない
みたいなことを書いていた

511 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/18 22:06
木村氏の話題は他のスレッドでやった方がいいような気もする。
例えばこことか。
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/eco/1008230975/

512 : :01/12/18 22:39
>>511
ごめんなさい。少しの間、目をつぶって下さい。

経済コラムマガジン第235号より引用
>「30社の危ない大企業のリスト」を持って、小泉首相に「大口の貸出先の対する銀行の引当を強化するよう」迫った日銀出身の木村剛と
>言うエコノミストの30社リストが波紋を呼んでいる。このリストは公開されたものではない。本人も文芸春秋の12月号で「リストはない。
>ただどの銀行にも、問題となる大企業が30社くらいあるはず」と弁明している。30社のリストを本当に持っていったかどうか不明である。
>しかしそれらしいリストが世間に出回っているのは事実である。筆者もネットでそれらしきものを見た。ただそれが木村氏のリストかど
>うか判らない。問題は、倒産した新潟鉄工も青木建設もそのリストの中にあったと言う話である。

>しかし「リストあった、なかった」「これが木村氏のリストだ、いや他の人物が作ったものだ」と言うことは既に問題ではない。世間で
>は「次に破綻する大企業はどこか」と言う噂が大きくなっている。最近では51社リストと言うものもあるらしい。

小泉首相の経済ブレーンがである木村剛が「30社の危ない大企業のリスト」を持って「大口の貸出先の対する銀行の引当を強化する」よう
迫っているという事実。しかしそれは、問題大手30社の市場からの退場を意味するのであって、銀行への公的資金投入→債権放棄の流れで
はないと主張していて、それを経済コラムマガジンの筆者が問題視している以上、それをフォローすることはある程度許される範囲内だと
思います。(スレ違いでは無いという意味)

http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura01
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura02
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura03
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura04
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/colCh.cfm?i=t_kimura05

>「大手30社問題」という言葉は、巷間(こうかん)に流布している誤った論理構成のいくつかを象徴しているのだが、
>その中には次のような視点が含まれている。

>(1)不良債権問題の核心は、「大手30社問題」である=中小企業を倒産させても問題は解決しない
>(2)「大手30社問題」は、限られた産業と企業に集中した問題である=早晩、退場せざるを得ない大企業の問題である
>(3)不良債権問題は銀行の引当不足の問題である=一義的には企業を倒産させるか否かという問題ではない
>(4)「直接償却をしなければならない」という理屈はない=間接償却(引き当て)が十分であればオフバランス化は進む
>(5)処理すべき対象は「破たん懸念先以下」ではない=問題の核心は処理が進まない「正常先」「要注意先」である

513 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/18 23:24
>>512
ちゃんと目をつぶってましたよ。
で、何書いたの?

514 : :01/12/18 23:38
>>513
あっそう {{{{(+_+)}}}}寒ううぅ〜

513の発言が寒いので


--------------------------終了--------------------------

515 :-:01/12/18 23:43
>>489
それなら何か理由をつけて消費者側に直接お金を渡したほうが
経済効果がありそうな気がする。
ゼネコンの不況時には下請けには草木もはやさせない
ひどい体質をしっておくべきだよ。

516 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/18 23:49
>>515
所得減税の効果は小さいよ。
減税の恩恵を受ける高所得層ほど貯蓄に回してしまう。

法人税の減税も即効性は無い。

となると何らかの雇用プログラムが一番効果的。

517 : :01/12/21 23:50
年末年始はコラムが更新されないのか。
待ち遠しい・・・

518 : :01/12/25 02:39
salvage age

519 :一庶民:01/12/25 06:26
>>516
というか、老後の不安を何とかすることが一番。特に年金制度。
それができれば、景気は間違いなく回復するよ。
そういう意味で、「庶民に対して」説得力を持たない財政出動は、不安を煽るだけ
なので不可。

あとは、公的な保育施設の充実ね。
いまは将来不安で安心して消費できないし、おちおち子供も産めやしない。

この板に来ている人って、年齢とか職業どんな感じなんだろう?
あまりに庶民の生活実感からはかけはなれた話が多すぎる。

520 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/25 06:34
おお、珍しく同意見。

521 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/25 20:00
やはり珍しいのかな、同じく >>519

522 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/25 20:32
>>519は到底庶民の感覚があるとは言えないね。
庶民は老後の心配どころじゃないんだよ。
今日明日のリストラ・賃下げを恐れてるんだよ。
老後まで到達しないんだよ。
雇用不安を何とかしてもらわんとね。

523 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/25 21:43
>>522
能力主義とやらを押し進める限り永久に雇用不安は無くならないね。
上位5%以外の人々は常に賃下げと失業の不安が付きまとう。

現状の日本経済をマクロ的に見ると
問題なのは需要不足であって生産性が低い
とかでは無い。
その面からも、需要を犠牲にして供給を増やす政策である
安易な能力主義偏重はバカな政策。

たぶん1990年代後半から一段と低経済成長になったのは
終身雇用制の崩壊と能力主義への移行が原因にあると思う。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/25 22:08
>523
激しく同意。
能力主義を取り入れたが業績が芳しくない企業もあるみたいだね。
日本の場合、能力とやらを評価する者が、能力が著しく低い場合が多々ある。
今の能力主義とやらは経営者の都合主義に他ならない。

525 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/25 22:13
同僚の評価だって、人によってまちまち・・・

526 :   :01/12/25 22:29
バカな政策を推し進める小泉を早くクビにしないと
ダメだな。

527 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/25 22:41
実力主義は明らかに経営者のご都合主義的なもの。
高度成長期のような、組織のピラミッド自体が大きくなる
ような段階では年功序列でいけたけど、会社が大きく
なっていかなくなれば、もう維持できるわけない。ポストがない。
給料も上げつづけられない。だから、アメリカの制度で
いいんだという論理でうまく理由付けして導入したようなもの。
しかも日本企業には能力を計るノウハウがないから正しい評価が
されてるとは言い難いから、かえって社員のモチベーションを下げて、
業績悪化につながってるところが多い。

528 : :01/12/28 22:27
まだ更新されないのか?

529 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/28 22:41
>>527

そもそも年功序列で上までぬくぬくと来た奴らにどうして他人を適正に評価できる?といいたい。

530 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/29 02:43
夏休みの休載も長かったけど冬も長いな
実は作者は大学の関係者で大学の授業が無い時は
パソコンを利用しないとか。
次回作が待ちどうしいよ。

531 : :01/12/29 12:28


532 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/29 13:01
言いたいことは分かるけど、平蔵とか榊原とか個人名を挙げて
コラムで叩いてどうすんだよって感じだ。
あの筆者自身が観念論者だよ。
名古屋の地下鉄が云々とこじつけてみたり。

533 : :01/12/30 02:05


534 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/30 10:04
>530

筆者は大学関係者ですか…。
何となく、豊富な実務経験をもった人のような感じがする。
しかも、60年代、70年代頃の話しもよく出てくるので、50代以上の人でしょうね。

>>532
>平蔵とか榊原とか個人名を挙げて
>コラムで叩いてどうすんだよって感じだ。

現在のメディアは彼らのその場しのぎの発言の垂れ流しなんだから、個人名挙げて叩くことにも意味はあると思われ。

535 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/30 10:12
>532
主帳をころころ変えて生き延びているエコノミストがマスコミで影響力を
もっている以上、個人名で叩くことは意味がある。

536 : :01/12/30 12:15
 いわゆる公人以外の民間人を名指しで批判したのは今回が初めて。

………堪忍袋の緒が切れたのでしょう。

わざわざ、経済コラムマガジンの筆者が汚れ役を引き受けなくても
いいのにね…

537 : :01/12/30 21:36


538 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/30 23:43
>>534 大学の非常勤講師だったら、笑うぞ

539 : :01/12/31 09:12


540 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:01/12/31 13:29
ネットで能書き垂れてるだけじゃ汚れ役にすらなり得ないだろ。
今夜、朝生の傍聴席に乱入して、島田や猪瀬に厳しい質問でも
浴びせてみろよ。>筆者

541 :-:02/01/01 14:43
年功序列は毎年出生率が同じで毎年経済成長が
前年とおなじくらい続くのでなければいずれ破綻
するシステムだった。

すでに高度成長の終焉時から企業は年功序列の
もとに庇護された社員の取り扱いに四苦八苦していた。
それがバブルで先送りされた。

542 : :02/01/03 17:32


543 : :02/01/05 03:12


544 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/06 20:19
あと一週間待望アゲ

545 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/06 23:55
失望sage

546 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/07 01:52
やっぱりageちゃう

547 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/08 00:42
sage

548 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/09 01:57


549 ::02/01/11 15:17
はやく続きが読みたいよ!

550 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :02/01/11 23:45
ペイオフ後も預金実質保護へ=金融危機回避へ公的資金活用
 政府は11日、破たんした金融機関に対するペイオフ
(預金の払戻保証額を元本1000万円とその利子までとする措置)
の凍結を解除する4月1日以降も、金融危機回避を目的に、
公的資金を活用して実質的に預金を全額保護する方針を固めた。
預金保険法102条の特例措置を発動して対応する。

筆者は、仮に「ペイオフ解禁」となり、銀行に経営不安が発生
しても、政府は「ペイオフ」を99%行わないと考える。
それは規模が大きく金融危機が発生する恐れがある場合は、
例外的な措置として、政府の負担で、預金の全額を保護できる
ようになっているからである。ところが例外的な措置と言って
いるが、これが通常となると筆者は考える。「ペイオフ」の
実行は、ある程度の規模の銀行が対象の場合には、「立て前」
と考えられる。つまり実体は、99%について現在とそんなに
変わりがないのである。
http://www.adpweb.com/eco/eco147.html

551 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/12 00:54
どうせ社会主義かぶれの官僚だろ。

552 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/12 14:37
>>550
その文章って書かれたのが 2000/1/24(第147号)なのね。
ビクーリした。

553 :>>550:02/01/12 20:26
今読んでも素直に読めるってことは
この2年で経済政策の進歩が全然ないってことだな。

554 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/12 21:28
>551
土地で痛い目に会った奴だと思う。
地価上げろと連呼しているから。

555 :dell:02/01/12 21:30
>554
地価上昇なくして成長なし!

556 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/12 21:33
ハハハ、バカがいる。>>dell

557 :dell:02/01/12 21:48
>556
地価が下落を続けたままで、どうして本格的な経済成長ができるのですか?
地価下落が続くうちは銀行貸し出しも増えず、信用創造もまともに働きませんよ。

558 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/12 22:08
10年間続いた地価の下落は不良債権累増の大きな原因になっているのだから、
地価上げろと言うのはそれほどおかしな話ではない。
少なくとも下落は止める必要がある。

559 :556:02/01/12 22:19
>>557
あのな、未だかつて、民間銀行が信用創造をしたことは無いの。
絶対損しない契約を貸し手に押し付けてきただけだろ。
不動産の8割貸し出すだけなら小学生にだってできるじゃん。

信用創造っていうのは、「貸し倒れるかもしれないけど、
貸す事によって、日本経済の潤滑油になりましょう。」って事でしょ。

そんなことやってきたのは、住宅金融公庫ぐらいじゃん。

君の頭はバブル以前。シーラカンス決定だね。

560 :dell:02/01/12 22:42
>559
>信用創造っていうのは、「貸し倒れるかもしれないけど、貸す事によって、日本経済の潤滑油になりましょう。」って事でしょ。

???
信用創造とは銀行が貸し出しをする時に(貸し出し先の)預金の形で貸し出すため、マネーサプライが増える現象のことなのですが・・・。
これが働かないと信用乗数が上がらないからマネーサプライも増えず、総需要が低迷するのですよ。
そして、地価が上昇しない限り銀行は貸し出しを増やせないため(なぜなら、担保不足のため)マネーサプライはなかなか増えず総需要が増えないのです。
従って、地価が上がらない限り本格的な景気回復は望み薄でしょう。
あなたも、生活実感としては何となくこのことをわかっておられると思うのですが・・・。

561 :>>dell:02/01/12 23:10
少子高齢化の進行で都心一部を除き地価の上がる可能性はゼロ。
本来需要と供給で決定する地価を無理矢理ageたって一時的に
投機対象として盛り上がるだけで結局元に戻るよ。
上乗せされた地価を担保にしたら第2第3のダイエーをつくる
だけ。

562 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/12 23:12
>>560
信用想像なんてターム使っちゃだめだよ。

563 :dell:02/01/12 23:40
>561
経済が成長すると外人も入ってくるので(現在の法律では多くは違法ということになりますが)少子高齢化の進行の具合も変わってくるのですが・・・。
それはともかく、地価が下落し続けたままでどうやって日本経済が成長するというのでしょうか? 何らかの過程を経て地価が上昇に転じなければ本格的な経済成長はあり得ないと思いますが。

564 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 00:52
けっこうレスがついてるな、ここ。
ぼくは1年前からこのコラムをずっと読んでるけど、2ちゃんでこんなスレがあるとは。
と、いうわけでよろしくお願いします。
ぼくは某資格試験で経済学を学んだ経験や(大学は社会学部だったけど)、東谷暁氏の一連の著作を読んできた経緯もあって、ほぼこのコラムの内容を支持しますね。

ちょうど今、最初からバックナンバーを読み返していて97年年末あたりなんだけど、今の状況そのまんま。
この頃、就職活動で悪戦苦闘していたのを思い出しながら読み返しています。
ほんとに、われわれ若年層の就職状況はいつになった改善されるんだろう・・・。

過去のレスで何度か、「筆者」氏のことが触れられていましたね。大学にお勤めの方ですか。
私は、個人的には筆者は第一勧銀総研の山家悠紀夫氏だと思います。
コラムのバックナンバーのどこかで、「日本企業はまだ「濡れ雑巾」のごとくコスト削減の余地がある」という表現がありましたが、ほぼ同じような表現が山家氏の著書中にあるので、もしかしたら・・・と思うのですけど。

>dell さん
「そもそも小泉内閣の構造改革は間違っている」、興味深く拝見させていただきました。
私も、何とかして地価下落だけは止めなければいけないと思います。竹中大臣によれば「不良債権が不況の原因」なのに、なぜ彼や小泉首相の口から「地価」の地の字も出ないのか、不思議でなりません。
ただ、土地バブルでかなりの人が結果としてきついローンをくまされている以上、土地の上昇政策の実行にはそれなりの下準備がいるかもしれません(地価と不良債権の関係、地価上昇のメリット等をマスコミや国民にわかりやすく説明するなど)。
個人的な話で恐縮ですが、私の実家がまさにバブルとその後の不況の被害者(?)なもんで。

565 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:07
経済コラムマガジン信者の共通点
=すべての経済問題は、政治的・経済学的に解決できるという妄想を抱いている

市場原理を否定する愚かものには、天罰が下るだろう

566 :のりすけ:02/01/13 01:15
>dellさん、
これから地価を上げるのは、基本的に無理。政策でどうにかなるもではない。
地価の上昇は、共同幻想だった。その復活は無理でしょう。
地価とリンクさせないと、信用創造ができないシステムがおかしい。
>>銀行の機能不全。
役目を果たしてないのだから、銀行そのものの縮小は止むをえない。

「筆者氏」はそのようには言っていませんね。

緊縮予算をやめ、現実的な経済対策が必要。
言葉だけの改革ごっこ反対。規制緩和は中身を吟味。

567 :dell:02/01/13 01:21
>564
私が立てたスレを読んで頂き、ありがとうございます。

>ただ、土地バブルでかなりの人が結果としてきついローンをくまされている

本来、土地を売ればいつでも返せるはずのローンが(そうであるからこそ銀行が貸したわけですが)、地価下落により土地を売っても返せなくなり、結果的に非常にきついローンになってしまっています。
こうした状況では消費がそう増えないのも当然です。よく、将来不安のために消費が増えないと言われますが、消費の増えない原因としては地価下落の影響の方が大きいと思います。(というより、現在言われている将来不安の大部分は地価下落から派生しているともいえます)
当然のことながら、地価が上がれば上記の結果としてきついローンを払っている人々も救済されるのですが(土地を売却すればローンを完済できるようになる)、政治的には声高に地価上昇策を採ることはなかなか難しいかもしれません。
しかし、結果として地価が上がる政策なら採れないことはないと思っています。

568 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:29
  
|  コテハンが役立たずの知識で悦に入ってるよ。>>dell
\_ _____________________
   ∨
∧_∧
(´∀`)
( つ□)
| | |
(__)_)
  

569 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:37
 ( ̄ ̄ ̄)
 (二二二)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`) < ガタガタ言ってねぇでテメェが土地買い占めろ!!
 (    )  \_______
  (  (~
   ~)  )
   ( (~~
   V
  ( ̄ ̄)
) (
/====ヽ
  (===)
  ヽ__/

570 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:41
>567
信用収縮をなんとかしたいのは判る。
だが、価値のないものを無理に上げれば、バブル発生。また下がる。
土地に神通力が無くなったのは、多くの国民が知っている。

571 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:45
地価の下落は、政治的・経済学的に解決できるという妄想を抱いている >>dell

572 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:47
だが、地価の下落を放置するのも問題じゃないの?
例えば八田先生が言ってるような規制緩和、各種の政策などは
土地への需要を高め地価を高める効果がある。
無理に価値を上げる必要はないが、土地の価値が上がっていくような政策は行うべき。

573 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:51
                 ┌─┐
                 |バ|
                 |ブ|
                 │ル .|
                 │は.│
                 │終|
                 │わ|
                 |り|
                 |だ|
                 |よ.|
       バカ    ゴルァ  │!! .│
                 └─┤    プンプン
    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎

574 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 01:58
>>572
政府が介入すればするほど、市場は安心して逆張りができる
それから、今は政府に信用がないから、思惑通り逝かないだろう

575 :564:02/01/13 03:05
>565
市場原理主義者の共通点
=すべての経済問題は、市場原理で解決できるという妄想を抱いている

公共セクターを否定し、世界恐慌という歴史から学ばぬ愚かものには、天罰が下るだろう

市場原理主義的言説で満ち溢れていたアメリカも、減税・公共投資(軍事支出)・利下げという政治活動に走っている。
今の日本経済も、確実に公共セクターの助けを必要としている。
あおりに反応するのもなんだけど。このコラムの「筆者」氏は原則市場原理・緊急時は政治・行政の強制力で、というスタンスだと思う。
私は「筆者氏」の意見に全面的に賛成しているわけではない(例えば、大都市圏の郊外の農地を全面的に宅地に変えてしまうなど。農地や里山を求めて郊外に住む人だっているのに)。

>dellさん
レスありがとうございます。ただ、地価を上げる具体策ってなかなか浮かばないんですが。
dellさんの「そもそも〜」のスレで具体的な策が述べられているかも知れないので、もう一度読み直してみますね。(前に拝見した時は、小泉内閣の政策がどれほどおかしいか、ということに注目していたので。)

>のりすけさん
>地価とリンクさせないと、信用創造ができないシステムがおかしい。
コラムの「筆者」氏も、特にバブル期の銀行の土地担保融資に疑問を呈していましたね。
こうした地価本位の融資が幅を利かせてきたのは、バブル以降だと聞いたことがあります。
それ以前、高度成長期は金融機関は土地だけでなく融資先のあらゆる面を綿密に調査し、融資を決めていた。
地価分を超えるリスクは金融機関が負い、その後ろ盾として政府保護・護送船団方式が存在した、ということのようです。
不良債権があるていど片付いたら、従来のこうした地価連動の信用創造のあり方も見直してほしいですね。
土地の有無=経営能力 とは限りませんから。

576 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 03:33
経済コラムマガジン信者の共通点2
=それ行けドンドンの敗者の発想

収支・採算に鈍感な愚かものは、破産するだろう

577 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 03:35
文系特有の傾向>>576
しかもすぐ政治に泣きつく

578 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 03:41
>>577
自然科学は実証する学問だから、理論を単純化しなければならない
経済学は言訳する学問だから理論を複雑にしたがる

経済コラムマガジン信者の共通点3
=文章が長い!

579 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 03:42
書きながら自分の書いてる事がよく分かんないんでちゅ。
許してくだちゃい。>>578

580 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 03:48
>>579
経済コラムマガジン信者の共通点3
=文章が長い!

経済学に期待する愚かものは、経済学で失敗するだろう
政治に期待する愚かものは、政治で失敗するだろう

581 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 03:49
>>580改訂版
経済学を過信する愚かものは、経済学で失敗するだろう
政治を過信する愚かものは、政治で失敗するだろう

582 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 03:52
信者=アホと決まってます。

583 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 09:10
別に信者でもないんだけど、「マッドな」エコノミストたちによる余りにひどい言説がはびこっている昨今、正常な視点と問題意識をもつ手助けになると思っている。
筆者の言っていることは常識的かつ正論だ。理論だけで割り切り、現実を知らない経済学者の盲点を突いている。

584 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 09:12
小泉信者の共通点=文章が短い。
自分の口で論拠を説明できないので、罵声を浴びせることしかできない。

585 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 09:40
>>584
他の板は、特に顕著だね

586 :dell:02/01/13 10:37
>569
相も変わらずマクロとミクロの区別がつきませんねぇー。困ったものです。

>571、574
そうでしょうか?
地価を下落させる時には、金融引き締め、融資規制、税制を総動員して意図的に狙い打ちで手段を選ばず強引に下落させたのですが。
それを考えれば逆に地価を上昇させることも十分可能なことがわかるでしょう(当時の強引さをもってすれば)。要は、政府にその意志があるかどうかでしょう。

587 ::02/01/13 11:19
この経済不況は土地本位制をくずされたtめにあるとおもう。
もう土地がぐんぐんあがることは構造的にもないと思う。
土地に変わる、システムを構築することが
真の構造改革。あのバブルがおなじようにくることはない。

588 :dell:02/01/13 11:49
ちょっと誤解を与える可能性があるので補足しますが、
私は、必ずしも地価を強引に狙い打ちで吊り上げる政策をとらなければ駄目だと主張しているわけではありません。
「地価を上げる政策」ではなく、結果的に「地価が上がる政策」でも良いと思っています。
ただ、「地価を上げる」のか「地価が上がる」のかは別にして、結果として地価が上がらなければ日本経済の本格的な成長はないでしょう。
このことだけははっきりしていると思います。

>587
>土地に変わる、システムを構築することが真の構造改革。

それが構築できれば「真の構造改革」と言えましょうが、具体的にどういうシステムをお考えでしょうか?
諸外国でも、中小企業などへの多額の融資には不動産担保が一般的と認識していますが。

589 :TAKA:02/01/13 15:25
>>588
土地が上がろうが下がろうが、そこここで税金を食い荒らす人間がいては、いつになっても日本の財政は立ち直れないんではないですか?
問題は、「システム」ではなく、「人」です。日本の「人」の中味を変えていかない限り、日本には薄汚れた未来しかありません。
「人」の中味を変えるとは、「わるいこと、間違ったことをした人には、相応の責任をとらせる」ということです。これをやらない限り、誰が行いを反省しますか?これがない限り、それならオレモという人が、次から次にでてくるのは、予想できませんか?
<the NIKKEI-watcher>

590 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 15:52
何が悪いか、何が悪くないかをはかる現実的で明確な基準や
理念が日本には無いの…

591 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 16:06
更新されましたね。

待ってました!!

592 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 17:02

02/1/14(第236号)経済政策の目標

 金本位制      通貨の発行量=金の保有額
 財政の金本位制度  財政支出  =税収

593 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 18:03
最近は小泉批判ばっかりだ。
ネタが切れてきたのかな?

594 :自営業者:02/01/13 18:13
コラムを読んだけど以上に感情的な文章だなー。
個人的な意見を言わせてもらえば
お金を使いまくることには異存はないんだけど
お金の使い道を決めるのが昔と変わらぬ自民党では
お話になりません
と言ったところか。結局無駄金になることは間違いない。

ところで地価があがると景気が良くなるというのは
結局バブルで終わると思う。銀行の不良債権も地価が
あがると片付くと言う人もいたけど銀行は2000年か
1999年かに株価が20000円を一時的にしろ超えた
ときでも本気で債権処理をしなかった。
問題は問題のある経営者が退陣しないことにある。
地価が上がったほうが日本経済にとって特なのは否定しないけど
それは順番としては少しあとではないだろうか??
ゾンビゼネコンが生きていられるのも銀行の暴挙だし
責任をしっかりと取らせるのがまず
経済にとって大事だと思う。

595 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 18:19
充電期間と考えようや

596 :dell:02/01/13 19:08
>594
>銀行の不良債権も地価があがると片付くと言う人もいたけど銀行は2000年か1999年かに株価が20000円を一時的にしろ超えたときでも本気で債権処理をしなかった。

だから、株価が多少上がっても地価が下がり続けていたから不良債権処理が進まないわけでしょう。
そもそも、地価が下がり続ける中では、いくら不良債権を処理しても翌年になれば追加引当てが必要になります。穴のあいたザルに水を汲んでいるようなものです。穴をふさがない限り問題が解決しないのは当然でしょう。


それにしても、今回のコラムの文章は、私がこの経済板で主張してきたことと異様に似通っている。驚いた。

597 : :02/01/13 19:23
↑ここ見てるんじゃねえの?

598 :TAKA:02/01/13 20:01
>>596
バケツの穴は、「組織(システム)」ではなく、「人」にあるというのが、私の考えです。
いかにして「人」を変えるか?
地道に表面化したものを一つずつつぶしていくしかないでしょう。
まず、武部農相の更迭からいきましょう!
<the NIKKEI-watcher>

599 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 20:08
ティムポを入れる穴は、「けつ」ではなく、「女」にあるというのが私の考えです。
いかにして「女」を帰るか?
地道に表面化したものを一つずつつぶしていくしかないでしょう。
まず、ティムポの皮から剥きましょう(w

600 :587:02/01/13 20:14
他の国の融資制度はどうなんですか。まだ勉強不足で。
竹中さんの発言きいてると何とかアメリカの後を追って信用を株式にきたいのかな
と推測してます。日米構造協議で土地本位制くずしといて、
不景気をどうにかしろとアメリカからいわれても
立ち直り型もおしえてくれなきゃ。
信用をなににおいてもバブルはきてはれつする。国のため力wつかっつて
絶対この信用はつぶさない、そういまのアメリカ、政治力の差じゃないか。
もうすこし考えます。
アメリカの融資制度おしえてください

601 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 20:22
そもそも小泉は「構造改革なくして景気回復なし!」なんて言わなければ
良かったんだよね。そんなこと言うから突っ込まれまくるんじゃないの。
本音としては、景気が回復したらしたで”何も今うまく行ってるときに
そんな事しなくてもいいんじゃないの?”というムードが出てきて、
構造改革ができなくなるんじゃないか、ぐらいの思いはありそうだけど。
景気回復を優先しろと思ってる人達は、景気回復後に構造改革を
おこなった場合、それを全面的に支持するつもりはある?

602 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 20:34
>>さらにもう一つ言えば、小泉政権は地方の財政赤字のことは気にしていないと言うことである。
>>ところが日頃の財政当局は、財政の累積債務問題をアッピールする場合、常に国だけではなく、
>>地方の債務を合計している。つまり国と地方の債務残高が670兆円とか700兆円になるとか言って騒いでいる。
>>ところが今回は、どう言う訳か、国債の発行額だけにこだわっている。しかし国債の発行を30兆円に収めても、
>>地方の債務が増えれば全く意味がないではないか。本当に適当なことを言っている政権である。

このあたりは本当にその通りですね。

603 :結局軍事支出で財政投資:02/01/13 21:48
>>593
そうだろうな。景気回復のための策をなかなか示さない
ところを見るとネタ切れだなきっと。

だから前から逝っているように軍事支出のGNP1%枠
撤廃しか手はないって。財政支出であと金使えそうなと
ころは(このばあいGNPの増大につながる要因という
意味だぜ。社会保障なんかは富の再分配効果しか生まない
からだめだかんな)無いんだからさ。

別に日本国憲法の改正なんかも必要ない。条文に軍事支出は
GNPの1%までなんて記載されちゃいないよ。あくまでも
防衛のための軍事支出さ。だから徴兵制度の復活なんて必要ない。
若い奴でやりたいやつがやればいい。兵器の輸出なんかも
これ以上増やす必要も無い。米国などから輸入すればいい。

貿易不均衡の是正に利用すればいいんだ。そうすればうまく
もないオレンジやカリフォルニア米なんか輸入しなくていい。
そのかわり日本は食料自給率を上げるために米や小麦の生産増
をすればいい。そうすれば田舎の農地が増えて地価も上昇するって。

兵器だって賞味期限が切れたやつで、訓練で使用しても余った
やつは海上廃棄するか、それは環境破壊に繋がるからいやだという
ならアメリカに金払って引き取ってもらえばいんだ。この金で
日本車を輸入させてもらえばいい。

また、MD(ミサイル防衛)だって大いに結構だ。防衛だかんな。
これも膨大なコンピュータのハード費用とソウトウェア開発費が
かかるんだからこれを富士通やNECなんかに防衛庁が発注すれば
それだけでIT産業に携わる人間の雇用が確保できる。

結果として日本は多くの武器を保有することによって、隣国への
抑止力もつことになり精神的にも安心できる。また、そういった
武器の管理に対する責任感も生まれてある意味大人の国家になれる。
さらに、食料の自給率もあがるし、田舎の地価も上がる、アメリカの
兵器産業ひいては政府、国民も喜ぶし、IT産業で雇用も確保できるし
みんなばんばんざいじゃねーか。なぜそうしないんだ?軍事支出をGNP
の1%に固定することにいったい何の意味があるというんだ?
だれか教えてくれ。

604 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 21:56
>実況中継政権

>悲しいかな、このような人々は、自分の幸福感と言うものを他人との比較でしか実感できないのであろう。
>日経新聞を読んでいるとそのような人々ばかりが毎日コラムを書いたり、意見を述べているようである。

いちいちもっともなんですけど。

605 :dell:02/01/13 22:00
>603
地価は、商業地>住宅地>>>農地です。
農地が増えたのでは地価は上がりません。それより、住宅地を増やすことを考えた方が良いと思います。

606 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 22:12
ウサギ小屋、なくそーよ

607 :結局軍事支出で財政投資:02/01/13 22:12
>>605
地価上昇はあくまでも効果の一部でいってんだけど。
住宅地?都心では戸建てよりマンションの方が人気があるのに
誰が買うの?それに老人は広い家にすむと掃除や手入れがしんどい
から部屋の狭いマンションやアパートの方を好んで住むんですけど。

まあだけどあえて広い土地の一戸建てを購入させたいっていうなら、
ビル・トッテンが言っているように週休3日の導入かSOHOからめた
週休4日制の導入だな。月曜日は会社近くのホテルに泊まって火、
水、木の3日だけ会社に出勤して週末は家に帰るってやつ。こうすれば
200〜300坪の家も夢じゃないしこれくらいインパクトがあれば
一戸建て買う奴も出てくるだろうな。

608 :レスが無くて寂しいからカキコ:02/01/13 22:45
なんでバブル前に住宅地が都心から郊外に出ていたか知ってる?
もちろん都心地価が異常に高くてとても年収では購入できないって
こともあったけど、大企業の多くが週休2日制を導入したことが原因の
一つでもあるんだぜ。週2回も休みがあるなら多少郊外へ出てってもい
いわねって感じでね。

今はあれからさらに日本の生産性は著しく向上したのだから、もう
同じ賃金で週休3日や4日にしてもいいくらいだ。そうすれば広い
郊外へ家を持つ意味が出てくるし、通勤のためには都心のマンションを
賃借してもいい。そして経済的に余裕がある人は都心にセカンドハウスや
マンションを持てばいい。そうすれば今まで住宅は家計に1戸だった
ものが2戸になり住宅の需要も生む。

あと、週休の内の1日は賃金をもらうために必ず生涯学習を受けるという
のもいいね。そうすれば少子化で需要がなくなった郊外の大学の受け皿
にもなるし、知性豊かな生活も送ることができる。一石二鳥だな。

609 :(´Д`) :02/01/13 22:49
>今はあれからさらに日本の生産性は著しく向上したのだから、もう
>同じ賃金で週休3日や4日にしてもいいくらいだ。

うちの社長も、そうしてくれや

610 :中国キティー:02/01/13 22:53
オールドケインジアンだって

611 :意味のある財政支出で:02/01/13 22:56
>>609
そうするためにはまず、デフレを止めて景気を立て直さなくちゃいかん
から、とにかく軍事支出で財政出動してこの状況から脱出しなくてはい
かん。

612 :経済板では軍事支出は人気がないな:02/01/13 23:16
軍事産業っていうとすぐ戦前の軍国主義を連想してしまう
人が多いがそれはまったくは違う。

IT産業が本当に必要としている分野は軍事なんだって。
それもくどいようだがMDのような防衛のな。
道路や橋に関わるIT技術なんてたかがしれているよ。

それにMDは一度構築したらおしまいじゃあない。相手は
その弱点をついてくるからさらに改版をしていかなくては
いけない。(実際に攻めてくるかわからないが、と仮定できる)
まあ例えればコンピュータウイルスとワクチンソフトみた
いなものだな。一度始めれば繰り返し需要を生むんだ。
それも巨大な費用が必要なね。この間NECが700億で
有事の際の軍事システムを単独で受注していたな。

徴兵制度には絶対に反対だが、若者の雇用対策には積極的に
活用してほしい。そこで特殊技術や精神鍛錬をつんでいつか
日本の経済が回復して民間の雇用が回復したらその技術を
生かせる企業へ転職するのもいい。ただ軍事産業=とりあず
除外というように短絡的に排他してしまうのではなく、そう
いう風に軍事産業をこの日本経済の危機に生かすような考え
が必要じゃないかな。

613 :イナゾウ:02/01/13 23:23
 仕事柄、地方に出張する事が多いけど、新幹線が止まるような駅前の
商店街でも「8割方」店のシャッターが降りてるのにはビックリぞなもし。
ほんと、地方の方が不景気なんだな、って実感します。

 それでも、地方の商業地ってのは「まだまだ高止まり」になってる所が
沢山有るから、地価はこれからも下がり続けるでしょうね・・・。聞いた
話によると、「坪当たりのテナント料」が「都内と同じ金額」の地方都市が
ゴロゴロあるんだとさ(藁)。

 まあ、個人的には、消費を増やすのが景気回復に一番だと思うぞなもし。
それには、607殿がおっしゃる「余暇を増やす」というのに賛成でござるよ。
っていうか、自分はストレスから来る「衝動買い」が激しいので、休みが増えると
嬉しい反面、財政的にはピンチに成る訳です(藁)。

 まあ、一人身だから趣味に際限なくマネーをつぎ込める訳で、家庭を持ったら
こうはいかないんだろうけど〜。

614 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 23:26
>608
その時代は、ワークシェアリングによって早く来るかもな。
給料ガタ減りだけど。

615 :(´Д`):02/01/13 23:31
給料減ってもいいよ
早晩、女房には逃げられるんだから

616 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/13 23:37
>610
中国キティーはおなじことを何回書いた?それしか言えないのか。

617 :イナゾウ:02/01/14 00:39
>経済板では軍事支出は人気がないな

 まあ、「人気が無い」と言うよりも、「理不尽な荒らし」を誘引しかね
ないので意図的に避けているんでしょうな。っていうか、政治思想やマニア
ックな技術論の類に「脱線する」のが目に見えていると言うべきか・・・(藁)。

 個人的には、そういう軍事支出の話もOKなんすけどね。あ、もちろん
真面目にやるならでござるけど。

618 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/14 03:51
新聞か雑誌のコラムでで読んだが日曜の新宿伊勢丹が混雑しているから
日本は不況では無いと書いていた奴が居たが心底こいつはアホではないかと思った。
今回の不況で一番苦しんでいるのは東京以外の地方で
沖縄などは失業率が10%を超えている。
マスコミ人は全て東京に住んでいるから自分たちの周りしか見ていない。

619 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/14 03:53
日本=東京ですよ。いなかっぺさん。>>618

620 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/14 04:13
軍事は国民負担と財政赤字を生む産業です。
軍事で利益を得るには他国にその兵器を売る。
脅しをかけるとか実際に攻め込むとかして収益を得なければいけません。
アメリカは当然それをやっていますが日本はどうでしょう?
軍需主導派は投資にみあった利益を得る戦略はありますか?

621 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/14 09:54
>>618

百貨店が混んだのは、テロ事件の影響で海外旅行者が減った分が回ってきただけと聞いている。
この程度のことで、「消費不況はまやかしだ」と説く某大新聞論説委員の知能レベルを疑う。

622 : :02/01/15 13:18
age

623 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/15 13:40
>618
このコラムを書いた人物はいかに東京の視点でしか見てないのが良くわかる。
東京にいる連中は東京という都市が普通であって他が遅れてると思っている。
東京こそが世界中から見てもかなり異常な都市であることに気付いていない。
だからこそ、『日曜の新宿伊勢丹が混雑しているから日本は不況では無い』
なんてことを平気で口走るのである。

624 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/15 23:27
百貨店の売買単価は急落している
バーゲンで売り切ったり,中級品でそろえたり
スーパー化してるだけ

625 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/15 23:32
東京も最近じゃ不況の影響が大きいみたいだね。
新しく作った大型ビルの部屋が埋まらない、埋まるのが遅い
なんてのを、最近よく新聞でやってるし。
この10年かつてない不況か?って思うくらい都心の開発進んでたんだけど
(地方民からみれば)。

626 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/17 04:14
景気を良くする処方箋を早く知りたい。

627 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/17 08:24
このコラムの作者は福岡の経営コンサル兼Webコンサルだと。
要するに地方にばら撒かれた金を飯の種にしてる日本のダニだってことだ。
ここの信者も同様。税金あてにする田舎もんの乞食連中だろ。

おまえら都市に甘えるのもいいかげんにしろよ。クソども。


628 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/18 00:49
age

629 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/18 00:53
これには笑った

>しかし国民は、長く不況が続いているためか、頭が少々おかしくなっており、
 いまだに小泉政権は高い支持率を維持している。

本当にその通りだね?


630 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/18 00:53
田舎がどうこうとかいうから厨房をおびき寄せちゃったよ。

631 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/18 00:56
>>627
「泥棒にも三分の理」所詮はたかだか三分の理しかないということだろ。


632 :質問です。:02/01/19 00:43
このマガジンに「夫々の国」って度々でてくるけど、漏れにはどういう意味か分からなかった。教えてちょ。

633 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 01:01
新宿伊勢丹が混んでいるのは、郊外や地方の客を取り込んでいるからです。
伊勢丹は品揃えの点でほんとに別格なので、
(例えば、女性の服の大きいサイズをこれだけ揃えているのは都内でも伊勢丹新宿のみ)
休日にわざわざ群馬や山梨あたりから上京して買い物して帰る奴も多いんです。
店内放送で、よく「山梨県からお越しの●●様・・・」なんて聞こえます。

で、その分他店や、あるいは郊外や地方の消費は衰退しているんです。
「都心回帰」は従って、単に周辺の需要を食っているだけの話なんです。
つい数ヶ月前までもてはやされていた、都心部の大規模マンションなど、
結構売れ残りが出ています。
また、ITバブルのころに買ったIT成金どもも、
ITバブル崩壊で都心のマンション買ったけどすでに手放しはじめています。


634 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 01:06
>>632
「夫々」=「それぞれ」と読む。


635 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 01:41
この人の言っていること、実はいちいち納得できてしまうだけど、
どうして世に受け入れられていないんでしょう?

ここの争点を識者の方、解説してください。

636 :質問です。:02/01/19 01:44
>>634
さんくす

637 :素人でスマソ:02/01/19 04:42
このマガジンの217号の最終段落で

松下政経塾イズムの考え方のもう一つの問題点は、収入(税収)と支出(財政支出)を
タイトに捉えることである。したがって全ての財政支出に財源の裏付けを求めることに
なる。これまでは財政を赤字にすることによって、マクロ経済において民間の需要不足
を補うことを行ってきた。しかしこれが日本の過剰貯蓄の一つの解消方法であった。松
下政経塾イズムは、政府のこの機能を否定しているのである。

とあるんですが。4行目の過剰貯蓄の1つの解消法であった というところが
いまいち理解できないんです。誰か教えてください。

638 :TAKA:02/01/19 08:33
>>635
この作者の言うことは、いちいちごもっともなんです。ただ一点を除いて。
国民は、公共事業に投資される国民の税金が、裏金として政治家に還流したり、官僚の接待に使われたりしているのではないかと疑っています。おそらく事実そうでしょう。
それが道路公団民営化を唱える小泉首相の支持率の背景にあるわけです。しかしこのコラムには、その話が、まったくといっていいほど、出てきません。大きな欠陥です。
<the NIKKEI-watcher>


639 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 08:42
>>635
国民は、本当に自分たちに必要なものを直感的に知っているのです。
文章を掻くのがじょうずな人と、自分たちのことをほんとうに
かんがえてくれている人の違いを、嗅覚でかぎわけているのですよ。

640 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 09:32
>過剰貯蓄の1つの解消法であった というところがいまいち理解できないんです。

日本人は貯金が好きで金をあまり使わないからもともと需要が弱い。
だから製造業はせっせと輸出をし(外国の需要に頼る)、
建設等の内需に対しては国が借金をしてガバガバ金を使うことで需要を「作る」。

「作られた需要」に対し「そんなの嘘じゃん」と市場がつっこみを入れたのがバブル崩壊。

国は永遠に借金しつづけるの?国債の利払いは税収の三割を超えたんだっけ?
グローバル化された経済では国民に嘘はつけてもガイジンには通用しないんじゃない?

この「需要を無理矢理作り出す」っつーのはどうなんだろう、というのがこの十年の争点。
「そんなの嘘じゃん」が小泉・竹中、「嘘でもいいじゃん」が抵抗勢力・クー。

福岡の田舎コンサルは「内需のおこぼれ」が飯の種だから、せっせと小泉を叩く。

641 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 09:35
>>637

国債発行→銀行(=預金者)が買う→公共投資で
民間の消費や投資の落ち込みが穴埋めされる。

つまり預金が塩漬け(過剰貯蓄)状態にならず投資の形で運用される。


642 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 09:41
あのサイトを運営している会社は確かに福岡にあるけど、筆者は本当にコンサルタントなのかなあ?
これだけ、時流に流されずに経済情報の的確な分析ができるのは相当な人だと思うんだけど。

643 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 09:42
>>641
その預金が海外の資本に行ってるんじゃなかったんだっけ。

644 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 09:51
>>638
筆者にとってはそういう腐敗は「ミクロの正義」の問題に過ぎず
論ずるに値しないってことじゃないの?

>>643

そ、国債買っても余る金はアメリカ国債や海外企業の
株、社債とかに流れる。
それでも余る。カネが回らない。それで塩漬け。


645 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 09:52
>>643
ゼロ金利ですら国内の投資に回らないからね。需要がないから。
銀行はサラ金や商工ローンに金を流すくらい。
公共投資してもそれがより大きな借金を生みつづける型になってしまっているのがヤバイ。
日本で資金を調達して景気のいい国(米)に投資したほうが割に合う。


646 :経済素人:02/01/19 10:42
結局、貯蓄っていうのは、使い手が存在しないと、意味がない行為なのか。

財ならともかく、サービスは保存できない。
今の日本では、倹約しても、倉庫に農作物を腐らせるようなものか?

647 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 12:36
>>635,>>639
国民が経済を知らなすぎるだけでは?
需給曲線さえほとんどの人は理解できていないと思う。


648 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 14:23
一般の人は経済に関心はないので、小泉が構造改革なんて謳うと
構造改革=景気がよくなる
と思っているんじゃないか。
更に、小泉の庶民的言動が(X好き、プレスリー好き、写真集発行など)
マスコミを通して流され、このことによって支持率は高いんだと思う。
つまり、今の小泉人気は国民の無知とマスコミの力によって作り出されたんじゃないか。

649 :TAKA:02/01/19 14:23
>>644
>筆者にとってはそういう腐敗は「ミクロの正義」の問題に過ぎず、論ずるに値しないってことじゃないの?

あなたはどう思いますか?論ずるに値しませんか?
公共投資の最大の問題点は、実際にその投資を発注する特殊法人が莫大な赤字をため込む場合にあります。少なくとも長期において赤字にならなければ、国の投資は回収されるはずです。
それが現実には不良債権化して回収不能になりそうなところに問題が存在します。
我われが考えなければならないことは、なぜ莫大な赤字がため込まれたかという一点です。この一因として、政治家・官僚介在による初めから赤字必死といわれる不透明なプロジェクトへの投資があります。
これをなくすためには、そのような赤字必至プロジェクトが何故日の目を見るのかの徹底解明と責任者を洗い出して責任を執らせることが必要です。それができなければ、今後も間違いなく同じことが繰り返されます。
行政の「うそ」「怠慢」無責任」「傲慢」の追求なくして、真の「改革」はあり得ません。この点において、外務省問題、狂牛病問題でその責任追及を無視し、逆に政治家・官僚をかばう姿勢を見せる小泉首相は、国民の求める真の「改革」に対する「抵抗勢力」です。
彼をこれ以上の怪物にすると、冗談ではなくヒットラーの再来になりかねません。有事法制整備→憲法9条改正→軍事費増額→核武装→ある日突然、てな逆噴射スパイラルも捨て切れません。国民は自戒すべきです。

日本の行政は「責任は、果たさず、執らず、省みず」。お粗末でした。
http://www.taka-watch.com

650 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 14:33
>>648
後から考えると、ヒトラーがなぜあれだけの支持を集めたのか、
だれも理解に苦しむだろう。聡明なドイツ国民が何故熱烈に指示
したのか、私にはどうしても理解できなかった。

これは、歴史というもの、人間というものを知るとても貴重な、
リアルタイムの、痛みのともなう、教訓である。

シグネチャ-------------------
商工ローン、サラ金に高額融資している銀行には公的資金は入れないで下さい。
みずほ,三井住友,他


651 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 14:38
>少なくとも長期において赤字にならなければ、国の投資は回収されるはずです。

回収されるような投資なら民間がやればいい。
割に合わないことをやるのが「所得の再分配」ってヤツじゃないの?

ODA汚職でゼネコンに金がいけばDQNドカタ連中も食っていける。
狂牛病問題でギチギチに追い込めば酪農家は全滅だ。

「銀行は悪」「ゼネコンは悪」「政治家は悪」「官僚は悪」
こういう小市民的(朝日新聞的)正義感が今の小泉政権の支ているんだろうが、
小泉信者は自分が切り捨てられる側だという自覚がない庶民が多いような気がする。
本当に自立しているエリートが日本人の70%を占めるとは思えない。

652 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 15:20
>>650

日本人はヒトラーについて知らなさすぎるねえ。極端
なマイナスイメージしかない。とかいうと白眼視され
そうだが……。

1000%のインフレに深刻な失業問題を2、3年で
解決すりゃあ英雄視されて当然ですぜ。

アウトバーンを初めとする現代を先取りする公共投資
政策。住宅の供給、フォルクスワーゲン、一生一度は
海外旅行をさせるなど国民を重視した地に足のついた
具体的政策。ベルリンオリンピックの開催。

こと経済政策に関しては史上もっとも成功した政治家
の一人じゃないかな。まあ、シャハト博士の才覚でも
あるが。

653 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 17:23
>>651
>割に合わないことをやるのが「所得の再分配」ってヤツじゃないの?

割に合わない事を国(=全国民)が負担してやるのは一向に構わないが、
それが本当に必要かどうか疑わしい物ばかりだからやめろってことでしょ?
松岡のような議員がなにがなんでも地元(熊本)に道路を造ろうとしている、
みたいな事はやっぱり不公平だし非効率的な使い方だろ。


654 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 17:36
>>653
>地元(熊本)に道路を造ろうとしている

地元のDQN建設作業員がそれで食っていけるならそれだけで意義があるんじゃない?

>不公平だし非効率的
累進課税だって不公平だよ。金持ちがよりたくさん税金の恩恵受けてるとは限らないし。
それに効率を考えれば年寄りやDQNは野垂れ死にさせればいい。

民主主義の本質って多数の弱者の利権争いだと思う。

655 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 17:54
>>654
結局は弱者ともバランスを取るのが、強者にとっても利益があると
いうことではなかろうか?

野垂れ死にさせて気持ち言い人はいないからね。
弱者がいるから強者だということ、強者だけの世界では、
いままで強者だったのもの誰かが、弱者の役回りを果たすことになるだろう。

656 :653:02/01/19 18:04
>>654
>地元のDQN建設作業員がそれで食っていけるならそれだけで意義があるんじゃない?

だから熊本にDQN建設作業員がいたとして、彼らを食わせるためと
地元民の便益だけのために国税を使うのはフェアじゃないでしょ。
受益と負担の公平さを目指すためにやろうとしている訳だから。
衛生や義務教育など全国どの地域にも必要な物であれば、差別無く
国家財政が負担する分も必要だけど。

>累進課税だって不公平だよ。

所得税のフラット化にしたって俺は反対するものではないよ。









657 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 18:56
地方が自立出来ない要因は何ですか?


658 :637:02/01/19 19:39
>>640-641
教えていただいてありがとうございます。
財政を赤字にしてでもってのは銀行の国債買い入れのことだったんですね。

659 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/19 21:01
>>657
金がない

660 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 13:57
>>649

漏れ自身の意見は横に置いといて、たとえばもし「佐高信が財務相になったら」を
考えて見ようや。奴が普段言ってる事を政策レベルで実行されたらどうなる?
勧善懲悪フェチは泣いて喜ぶかもしれん。しかしそこまでだぞ。

>徹底解明と責任者を洗い出して責任を執らせることが必要
って言うのは誰でも出来る。だけど、「責任をとらせる」って具体的に何?
全財産差し出させるの?それで損が全部穴埋めできたら誰も苦労しない。
「ミクロの正義」ってそういうこと。「令外の法」だらけの官僚システム
全体の改革をするためにどうするかを考えなきゃいけないときに
空虚な正義感と勧善懲悪主義を満足させるために「たまたま目立った人間」を
数人血祭りにあげて、あとはなんも無しというのが日本の事件史じゃなかった?


661 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 14:06
>>657
人、物、金などの資源を、中央一極集中で寡占するためです


662 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 15:04
>>661
物や金を生み出すのは人であり、人が中央へ集まるのは概してその人の
自発的意思によるものでないの?寡占状態なのは結果的なものでしょ。

663 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 16:34

02/1/21(第237号) 国債の日銀引受け政策 700兆円のプロジェクト

 今回は、日銀引受けによって調達した資金を使って、経済の活性化を行い、
 デフレ経済から脱出する政策を取り上げる。
 具体的な政策は今週を含め、5週間くらいを予定している。

 金融政策は「クリープ」であり、「コーヒ」である財政政策が行われてこそ、
 初めて生きてくるのである


664 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 16:43
国債の日銀による引受けか。とうとう禁断の秘儀を
つかうんだね。

どうか都合よくインフレが管理されますように。
エンが信認されないまま物価は下落しつづける、、
などという未曾有の事態が起こりませんように。。。

665 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 16:46
ハイパーデフレ?
そんな感じか?

666 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 16:48
スタグフレーションは、「不況下のインフレ」だけど、

「好況下のデフレ」ってあるんですか?

667 :中国キティ:02/01/20 16:49
つーか、共産主義じゃん

668 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 16:52
財政本位制終焉、一番乗り!?

669 :ここ十年:02/01/20 17:07
財政引締め→景気後退→ばら撒き政策→景気上向き→財政引締め→ ・・・・

670 :禁断の秘儀:02/01/20 17:11
「国債の買い切りオペ」

毎月数千億円の規模であるが、毎年少しずつ増えている。
これは直接引受けではないが、実質的に国債の日銀引受けである。

また実質的に、この残高に対して国は金利負担はない
(一旦支払った金利は、また国に戻ってくるから)。


671 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 17:15
>毎月数千億円
今、8000億円。
三兆くらいに増やしたらよ? >>670

672 :禁断の秘儀 :02/01/20 17:25
>671
小泉内閣、NTT株式売却に次ぐ、ウルトラC第2弾

「国債買い切りオペ」大幅増額!!!


673 :TAKA:02/01/20 19:10
>>660
私はよく人から融通がきかない、愚直すぎると言われるんだけど、あなたのあたまの回転が速すぎて、喋っている内容が先の先の方まで行っているのでよくわからないんだけど、狂牛病対策でこれだけ落ち度のあった農水省で誰も責任を執らなくて構わないというのが
、貴方の結論なんですか?日本では、責任ある立場の人間が責任をとってこなかった(運の悪い人間を除いて)ことを許してきた結果が、莫大な財政赤字の積み上げになったというのが、私の基本的な考え方なんですが、他になんか理由あったら教えて下さい。
そうそうコラムマガジンの作者も怒っている榊原ないがしなる人物は、大蔵省國際局長時代に為替についてペラペラペラペラ喋り捲って乱高下させて金融界を混乱させていましたが、この男に当時責任を執らせておけば、今頃になってまたでたらめを喋って世間をお騒
がせすることもなかったと思いますが。


674 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 20:23
農水省の役人や榊原をいちいち処分して景気が良くなるわけじゃないでしょ。
 
>財政赤字の積み上げになったというのが

財政赤字を出さないことが政治目的というのは本末転倒。
極論を言えば税金集めて一円も使わなければどんどん黒字が増える。
日本が高度経済成長に乗ったのは建設国債の発行をはじめたころから。

家計や企業会計と財政を同列で語るやつがいる限り景気回復はないね。

675 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 20:47
>674
激しく同意。
支払いの義務化だけして1円も使わない国家に住みたくないね。
税金を払わない国になら住みたいけど・・・。


676 :   :02/01/20 20:51
年50兆円の税収の国が80兆円使ってるのにまだ使えと?


677 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 20:55
>>676
もっと使った方がよいケースもあるんだよ。


678 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 20:55
>676
だったらたっぷり税金払ってくれよ。
消費税10%なんてごめんだね。

679 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/20 20:56
過去ログ、読んでますか? >>676

680 :TAKA:02/01/20 23:55
プライマリー・バランスの達成がなければ、毎年財政赤字は積み上がって行きます。それが現状でしょう。どこまで積み上げるつもりですか?天まで積み上げられるつもりですか?バベルの塔のように。
それが政治家・官僚・公務員・準公務員・国におんぶにだっこのすべての関係企業・関係者の「傲慢」なのです。これはミクロの話ではありません。
日本の国内だけなら、まだ相当赤字を積み上げられるでしょう。財務省が國債発行して、日銀が引き受ける。国内だけであれば誰も日銀の資産の劣化のことなど気にする人はいないでしょう。
しかし世界の目があります。ムーディーズは更なる日本国債の格下げを狙っています。たとえ格下げされても、国民にはあんな米国の民間企業なんか信用できるかでおしまいでしょう。
しかし世界の目はそうはいきませんね。日本への投資は激減するでしょう。日銀の資産の劣化は円の下落です。日本人も円から逃げ出しドルを買うでしょう。日本の人材も海外へ流出するでしょう。
国内では増税ラッシュとなるでしょう。そんな日本がお望みですか?

681 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :02/01/21 00:05
>>680
いいんだよ。もうこの際だから毎年国債を50兆円ずつ発行して日本最後の繁栄を
楽しめば。円が暴落し、長期金利が上昇してどうにもならなくなったところで国
民は「ああやっぱり借金はよくなかったんだな」と気付くんじゃないかな?

682 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 00:24
>>680
財政赤字が問題なら、国債30兆円といわずに0円にするべきで
しょう。 そうすれば、格下げもされず、海外の投資は増え、
景気回復も早まるのでは。


683 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 00:34
>>681
反映を楽しめる以前に、政府はかならず増税しますよ


684 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 01:44
>>682
本気で言ってるの?
単に>>680を茶化しているだけだよね?


685 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 02:40
更新されました

686 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 05:49
筆者は紺谷じゃないの?
小泉に恨みでも有るかのようだ。
平蔵を解任して植草を後任に据えてドカーンとやるしか無いと思うけど。
せっかくマスコミ等々の世論誘導でこれだけの人気が継続してるんだから
利用しない手は無い。

687 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 07:11
>>683
政府に増税する勇気なんてない。国民もそれを受け入れるわけがない。発泡酒増税
でもあれだけ反対したんだから。

688 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 07:17
>>687
国民て発泡酒とか見えるところは反対するけど
あまり見えないところは反対しないんだよな。

689 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 07:41
この経済コラムマガジンって誰が発行してるの?
バカ丸出しというか、よくもまあ、ここまで無知蒙昧を
さらけ出せるなあと思う。


690 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 09:02
どこが無知蒙昧なのか具体的に指摘して欲しい。
そこから議論が始まるのだから。

691 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 09:09
>>690
悪いがそういうことが出来ないレベルの無知蒙昧もあるだろう。
チンパンジーに話しかけるか、あんたは?

殆ど全ての論点について無知ぶりがさらけ出されている。
思いつくだけでもさ。
 (1)EPAモデルの乗数表
 (2)恒常所得と恒久減税・財政政策の関係
 (3)日銀の独立性
これら全てについて、この筆者は理屈を全く知らなかったり、
単純な勘違いをしていたりすることがアリアリと分かるじゃないか。





692 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 12:24
「経済コラムマガジン」はページがめくりにくいのでネタ元探すのに苦労した。

>(2)恒常所得と恒久減税・財政政策の関係

とりあえず↑に関してはこのへんか?

http://www.japanweb.ne.jp/fortune/aqua_data/back/1999/eco111.html
http://www.japanweb.ne.jp/fortune/aqua_data/back/1998/eco61.html


「可処分所得が収縮すると予測されれば、いかに大規模な減税を行なっても、
 貯畜が増加するだけの結果に終わる。」は定説なんじゃないの?
それとも単純に「恒久減税→恒常所得増→消費刺激!」か?

http://www.noguchi.co.jp/archive/compass/text/decisive/9808.html

693 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 12:35
>>691
(3)について具体的に述べてくれ〜。

「中央銀行の権限については
これが最良というものは無い。
各国政府の政治状態によって決められて良い。」
とスティグリッツが言っていたが。

694 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 13:10
>>693
まずな。
あんた、「中銀の独立性」って誰が、そもそもどういう理論で、
最初に誰が言い出したか知らないだろう。だが、心配ない。
恐らく経済コラムマガジンの筆者もそうだ。

"Rules, Discretion and Reputation in a Model of Monetary Policy", 1983,
Journal of Monetary Economics.が原典だ。
別に原典読めとは言わない。例えば、David Romerの日本語訳テキストの金融政策の章に
そっくりそのままの解説がある。まず、それ読みな。

この手の理論的にしっかりとした概念が、10年くらいたつと、言葉だけ使いたがる
アフォ連中によって、勝手な解釈で乱用されるという現象が起こる。
(モラル・ハザードとかもその代表例だ)
「中銀の独立性」がどういう論拠に基づいているか、まず、自分で理解せい。
分かりもしない概念を否定するなっつーことだ。



695 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 13:15
>>694
おっとしまった。
Barro and Gordonは、もう一つ前だった。
中銀の独立性自体は、Rogoffだった。スマソ。
ただそ、Rogoffの理論を理解するには、>>694の論文を理解する
必要があるけどね。


696 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 14:10
で、スティグリッツ意見はどうなの?

697 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/21 19:29
>>691,694
結局、中銀の独立性の仕組みについてバロらの主張と異なるから駄目だといいたいのか?


698 :dell:02/01/21 21:17
>694,695
いずれもインフレ時代の理論で、デフレ状況についてあまり顧慮されていないと思われますが、いかがでしょう?


699 : :02/01/22 04:19
>649
まったくだ。

700 :Stiglitz:02/01/22 15:51
700!

701 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/24 00:11
さがりすぎ

702 : :02/01/24 00:11
いまいちだな。
金融業界にいると、屁理屈だなと思う。

703 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/24 00:16
この作者はインフレターゲットには賛成なの?


704 :経済楽部:02/01/24 01:10
http://www.adpweb.com/eco/eco223.html

705 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/24 21:11
このコラム過去ログ大体読んだが、この筆者の経済予測はすごいな。
橋本政権前期でまだ経済が良かったころに景気悪化を予測して当たってるし。
小渕政権時の景気回復もずばり。



706 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/24 21:15
>>705

同感。それと好対象を成しているのがタレントエコノミストたち。
彼らの発言がいかに場当たり的なものかが、過去ログからハッキリと読みとれるね。

707 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/24 21:43
この筆者の考え方というのは、クーや植草と似ていると思うが、
違うところもあるのだろうか?

識者の意見を聞きたし。

708 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/24 21:54
過去の記事で、クーについてコメントしたのがあったね。

709 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/24 22:37
クーは、財政政策一本槍

中央銀行出身者に、金融政策を否定する者が多いらしい。。。

710 :709:02/01/24 22:41
ゴメン、拙者は識者ではなかった >>707

711 :経済楽部:02/01/25 02:17
具体的なデータを用意(リンク)してくれてると、嬉しかったりもする。
生意気言ってすいません。


712 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/25 23:08
定期上げ〜

713 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/26 17:45
もうすぐ更新だ〜。ワクワク

714 : :02/01/26 22:25


715 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 02:08
いやーこのコラムも長く続いてるねー。
よく筆者も飽きないものだよ。
オレだったら3ヶ月でやめるね。

716 :萬旧:02/01/27 07:30
しかし筆者が「経済コラムマガジン」を続ける理由はなんだろうね?
純粋に日本経済を正常化させたいと思ってるから?会社のネームヴァリュー
を高めたいから?筆者が匿名を守ってる以上は裏が見えてこないんだよね。
多くのネットユーザーは「アクアデータ=経済コラムマガジン」だという認識
を持っているだろうけど、肝心の会社の売り上げには貢献してるんだろうか?

717 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 11:25
>>705
それは当たり前だ。
構造改革を行えば、一時的に景気が悪くなるし、
バラマキを続ければ、景気は回復する。

このレポートだけじゃない、もっといろんな情報を手に入れてくれ。
他の国が数年のうちに不良債権処理を終らせているのに、
日本が十年以上かかっても出来ないのはなぜなのか。
テキストを間違えなければすぐにわかるはずだ。

718 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 17:08
なんで
今日はかわらないの

719 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 17:34
>716
読解力がないねえ(W
匿名だろうが、実名だろうが、内容で判断できないのか。それとも、なにか、
竹中とでも署名があれば、信用するのか。

720 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 17:36
up

721 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 19:28
かわったよ!

筆者の研究会に漏れも参加してみたいっす。

722 :dell:02/01/27 20:09
>721
想像ですが、おそらく大阪学院大学教授の丹羽春喜氏の研究会のことだと思いますよ。


723 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 21:54
>722

http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/2times.htm

あなたの想像通りです。
経済コラムマガジンの著者、荒井さんというのか〜。

724 : :02/01/27 21:56
1/28号でたね。

725 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/27 23:36
超がつくほどの大規模な公共事業か・・・
経済に影響を与えるほどの超巨大公共事業となると
俺には首都移転くらいしか思いつかないな。

これによるメリットは今の日本だったらデメリットより大きいんじゃないか?

726 :367:02/01/27 23:38
>>超大型公共事業

ルーブル美術館とハーバード大学とクフ王のピラミッドを買収して
日本に持ってくる。

727 :     :02/01/27 23:50
いや、人力だけでクフ王のピラミッド作るんじゃないの


728 :萬旧:02/01/28 00:57
>>719
いくらネットという匿名性の強いメディアといえども、文責のないものは
むやみに信用すべきじゃないと思うが?読解力云々の問題じゃない。
ましてこのコラムの場合、個人サイトじゃなくて、企業のスペース
使ってるわけでしょ。
私はコラムの主張には納得しているけど、内容以前の問題として
筆者もこの会社も常識が欠如してるとしか思えないな

>>722-723
ありがとう。名前だけは分かった。

729 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 01:40
日銀が国債を買うお金はどこから出るのでしょうか?

730 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 01:44
>>729
日銀がお金を発行してそれで買うんだよ。

731 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 01:51
>>729
帳簿上は、国債に代表される資産の対価として日銀券が生まれる
ところが日銀券が増刷されれば価値が落ちるから、
価値が落ちた分は円建て資産所有者の損失という形で清算される
徐々にかもしれないし、ある日突然にかもしれない

732 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 01:53
>>730
日銀が減価するお金を発行してそれで買うんだよ。

733 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 01:56
このコラム、はじめて読んだけど面白いね。
一点意見が違うのは、マイナス金利政策って本当にmake senseなのか?
金利って要するに時間の価値だろ?それをマイナスにするってことは、時間が逆流を始めることなんじゃなか、って別のスレで冗談めかして言ったら、
ノーレスだったんだけど。

734 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 02:06
"円建て資産所有者の損失"がわかりません。
単純にインフレを起こすのではないのですか?


735 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 02:15
>>734
インフレでも円安でもそうなるじゃんよ

736 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 02:16
>>734
円建て金融資産・・・ですね
国債などの有価証券の損失は顕著でしょう




737 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 02:35
平たく言うと、

公共事業で金をばらまく。
無駄なものでも構わないし、出来たものが赤字垂れ流しでも構わないから、とにかく作る。
一度作って壊して、また作って壊して、また作る。 何度でも作り直す。
金が無いなら国債を発行する。
その国債は日銀に買わせる。

これを景気が好くなるまで続けるのですか?

738 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 02:49
100%公共事業の社会主義経済でも、そんな馬鹿なことはしませんでした
社会主義経済に遅れること15年、日本型社会主義経済も終焉を迎えるでしょう
経済コラムマガジンの主張は、社会主義的経済の崩壊を加速するための効果的な手段
当事者の中には、経済崩壊加速の奥儀を知っているずる賢い人間と知らない能天気な人間がいるだけでは?


739 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 02:55
>>738
景気がよくなるまで続けるのですが、景気が良くなることはないでしょう
日本の社会主義的な経済が崩壊するほうが先ですから


740 :TAKA:02/01/28 03:22
>>733
金利が時間価値という見方は正解です。
金利がマイナスという意味は、金利期間経過時点における投資回収価値がマイナスになるという意味です。
経済が縮小する、生活水準が下がるということでもあります。

741 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 16:11
>>723
今まで匿名で「経済コラムマガジン」書いていたのに、
このサイトでバラされちゃったね。
それとも匿名性はどうでもよかったのかな。

それからここで書いていた、
>50兆円の公共投資あるいは庶民に一人当たり40万円銀行振込してあげる政策である
この政策が実現されればいいね。後者のほう。
40万あったら国内縦断旅行するか、アジア圏に何ヶ月か旅行に行くね。

742 : :02/01/28 17:21
>>741
金貰っても休みが無いから
旅行は増えないだろうな。

つーか、国内で金使わんと
配った意味が無い。

743 : :02/01/28 21:24
>741,742
竹村健一のおっちゃんが逝ってたが、国内の電鉄・飛行機の乗車や通信費を税金投入でフリーにしたら
旅行等で国内消費は増えると思う?

744 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/28 21:44
漏れはその40万円が入ってくる前に
サラ金で40万円借金してドルを買う


745 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/29 01:22
コラム今週号よみました。

下記のページ書いた人だったのですね。
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/siyokun1998-5.htm

746 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/29 01:41
ソ連だの社会主義だの題材にしている丹羽って・・・


747 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/29 22:09
やっぱ首都移転か?
意味無いものを作るよりはずっと良いだろうし

748 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/29 22:48
>>747
新首都なんて一番意味がない!

749 :    :02/01/29 22:50
四国に橋掛けまくれ(藁

750 :_:02/01/29 22:57
>>748
雑誌「Newton」の特集号「東京壊滅 巨大地震」(2000年10月号)
を読んだとき、はやいとこ首都機能移転したほうがいいんじゃないかと思った。


751 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 00:29
>>745
違うよ

752 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 00:53
>筆者には、もう既に政府は当事者能力を失っているように見える。

イイ言葉だ。
「実況中継内閣」というのもあったな。

753 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 00:55
>>750
そうそう、今後数十年以内に過去最大級の被害をもたらす可能性のある地震が起きると
NHKのニュースで見た、ちょっと前に。

これはもう予測されてて、どうしようもない、地震は止められないもんね。
都民以外には首都移転は良い事の方が多い。

754 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 02:53
2000/1/24(第147号)ペイオフの話題で
小泉みたいなやつが首相になるとやばいと
いっている。すごい。

755 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 22:40
>>754
著者は昔から小泉嫌いだよね。

756 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 22:43
ようするにトンデモ社会主義だな

757 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 23:09
俺はこの作者は一番根本的なことをわかってないと思う。

貯蓄率下げなきゃ無意味だろ。
政府支出をどんどん増やして、
それの資金を日銀にすらせまくる。

でも国民は将来の大増税と公共工事は景気回復に寄与しないと考えてるから、
むしろ所得を貯蓄に回して将来に備える。
すると政府支出を増やした分が相殺されて、
結果的に経済が悪化する。すると国民はやっぱり積極財政はいかんと考える。
政府はさらに政府支出を増やさなきゃいけないが、
国民はさらに貯蓄に専念するので無意味。
頭のいいヤツは
>>744のように資産を海外に移す。
すると圧倒的な円安になって、
日本は米国債と海外資産からの金利だけで暮らす国になる…

それもいいかもしれん(笑)


758 :757:02/01/30 23:13
だから日銀に金を刷らせるところまでは一緒。
それで国債を全部償還して「借金ゼロですよ!」って宣言する。
さらに年金も全部確定拠出型に変更、年金資産はドルで運用、
差額は日銀の金で埋める。

そして日本国債ってもんを無くす。
ついでに不良債権を全部買い取って、
引き当て率100%の資金を持たせた回収機構をつくる。
これで銀行は円の使い道を無くして、
しかも不良債権は無いので企業に貸さざるを得ない。
これで貸し渋りも解消する。

759 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/30 23:15
>>757
筆者は「国債の担保は将来の徴税権と言う考え方自体が観念論」
ってどっかで書いてたよ。
それよりも「国債発行は孫子の代に負担を残す」とかいってふれて
回って不安を煽る政治家に問題ありかと思うが。

760 :757:02/01/30 23:16
その結果銀行が外債で運用して、
円安になるなら円安でいい。

巨額の金利が入ってくるし、
価格競争力もできる。
韓国からは宣戦布告されるかも知れんがそんなことは考えないことにする。


761 :757:02/01/30 23:18
>>759
俺もそう思うが?

ただ俺の主張は「国民はそう思わない&貯蓄率を決定するのは国民」
だということ。

だから実行で示すしかない。
まぁ無駄な日銀券刷らなくても、
「これより、国債を同額面の日銀券として通用させる」と布告すればいいだけなんだが。

762 :京大経2:02/01/30 23:29
そんなことよりもだな、
俺が明日までに前川リポートに関するレポートを書くつもりでいたのに、
こんなページにひっかかっちまったもんだからつい全文読んじまったじゃないか。

誰か前川レポート以降の日本の内需拡大策の意義について教えてくれ。
あれはバブル発生と関係ないのか?

763 :757:02/01/30 23:44
結局こういうことを分からん限り日本経済はよくならんので、
儲けるためにはどうすればよいか?
中国でモノつくって日本に売り、
資産はドルで運用するのが一番良いと思われる。

764 :改革なんていらね:02/01/30 23:45
>>762
大ありだとおもうよ 個人的には
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1012058554/523
あと バブルは発生したときはバブルじゃないからね
バブルをバブルという先入観から眺めないように希望します

765 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/31 00:22
>>757
マジレス
そんな生活長続きしない、
円の暴落とともに物価も同時に暴騰するyo。
ものは海外から買うんだよね、
それならまず間違いなく、為替変動は物価の変動とシンクロする。


766 :757:02/01/31 01:10
>>765
だから俺はこれはいかんと言ってるんだが。

でも円はそんなに急に暴落しないでしょう。
日本から売るものがあるかぎり。
暴落すれば輸出産業が完全復活して、
韓国と中国の市場を破壊して回れますよ。

767 :765:02/01/31 19:53
>>757
>>日本から売るものがある限り

俺が心配しているところはずばりそこだね。
日本が売るものって何?
資源はない、食料はない、あるのは労働力、開発力ぐらい
しかも最近はその労働力でさえも中国や韓国に押され始め、
頼みの研究開発力も、アメリカに差をつけられつつある。
円安になっても輸出産業は、80年代のような強さは発揮できないよ。
すでに半導体技術、家電技術では、台湾、韓国などに肉薄されている。
今まで日本しか出来ない工業製品があったからこそ、
これだけ世界の資源を一方的に消費できたが
頼みの工業もライバル国が力をつけ、
相対的に日本への依存度が弱まっているのはまちがいない。
しかし、資源の乏しい日本は
他国から必要とされなくなっても、
生活レベルを維持するためには他国の資源を膨大な量必要とする。
少なくとも食料が確保できなくなるようなことだけは避けたい。


768 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/31 20:11
あい変わらずずれた議論を延々とやってるな。
疲れる。

769 :環太平洋統一通貨:02/01/31 20:42
>>757
日本も$にしれ(w

770 :757:02/01/31 20:47
>>767
海外所得が毎年8兆円ちかく入ってくるのだから、
食料が買えなくなることはありえないと思うが。


771 :環太平洋統一通貨:02/01/31 20:51
>>767
>食料が確保できなくなるようなこと

そうなる前に、円安になって、台湾、韓国に並ぶYO!

772 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/31 21:00
台湾や韓国とならぶと言われるまで落ちぶれてきてるか・・
諸行無常を地で行ってるな。

773 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/31 21:15
>>771
円が安くなると、輸入に頼っている食料品は為替の影響で
値上がりするYO!
今まで円が高かったのは、それだけ日本の労働力という付加価値に
世界が高い金を払ってまで買ってくれたおかげだよ。
円が安くなる、つまり日本人の労働もやすくなる、
つまり海外の資源は相対的に値上がりする、
つまり今まで以上に資源をいただくことは困難になる。
しかし、10億人のライバルが資本主義の世界に参入してきたもんだから
日本の労働力に対するニーズも、縮小するのは仕方ないと思うよ。

774 :ずれた議論:02/01/31 21:51
食料の心配は、自由貿易下なら意味がないような・・・

同じ心配なら、日本人だけでなく、
アメリカや中国の都市部に住む人にもいえる。

775 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/31 22:05
>767
比較優位ってご存知?

776 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/01/31 22:22
比較優位リカード挙げ

777 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :02/01/31 22:43
>>767
GDPと輸出入純額の比率
教えて。

比較優位あげ。

778 :757:02/01/31 23:08
年度 収支 実GDP 貿・サ収支 貿易収支 輸出 輸入 サ収支 所得収支 経常移転収支
1985 125731 4.2 112539 134465 400742 266276 -21924 16276 -3086
1986 148968 3.2 135369 158078 339222 181145 -22708 16633 -3032
1987 113251 5.1 92005 123332 323851 200519 -31331 25724 -4476
1988 100275 6.3 78239 120058 344425 224366 -41820 26655 -4620
1989 88388 4.9 54423 107951 385230 277282 -53525 38334 -4369
1990 55778 5.5 42586 102836 410526 307689 -60248 31131 -17940
1991 112997 2.5 82724 141232 417294 276065 -58506 34835 -4562
1992 150329 0.4 106894 160305 419855 259552 -53411 48707 -5273
1993 142216 0.4 105647 152690 385608 232917 -47043 42574 -6003
1994 124284 1.1 90594 141031 394823 253796 -50434 40102 -6411
1995 94817 2.5 58773 115243 409442 294201 -56469 44487 -8440
1996 71715 3.4 19208 87829 448339 360509 -68620 63055 -10547
1997 129492 0.2 72769 136340 498884 362547 -63573 67065 -10344
1998 151698 -0.6 95629 159820 476441 316622 -64191 70656 -14589
1999 126428 1.4 78496 137685 467161 329478 -59191 58768 -10833
2000 120782 1.7 63573 115476 498048 382569 -51905 66584 -9373

2001.04 8737 2014 8449 41155 32706 -6435 7416 -693
2001.05 4518 -1832 2577 36178 33601 -4409 7248 -897
2001.06 7685 4766 9109 39378 30268 -4343 3843 -925
2001.07 7895 992 5711 38308 32597 -4719 7659 -755
2001.08 7223 -398 4908 36556 31648 -5307 8573 -951
2001.09 15894 7350 11723 39713 27990 -4373 9239 -695
上期 51952 12892 42477 231288 188810 -29586 43978 -4916
2001.1 8651 1409 6285 38788 32502 -4876 8046 -804
2001.11 11253 3740 6401 36933 30532 -2661 8181 -669

779 :757:02/01/31 23:13
項      目 名      目 実      質 1)
              平成2年度 7年度 8年度 9年度 10年度 11年度 平成2年度 7年度 8年度 9年度 10年度 11年度
1 国  内  総  支  出 450,532 501,960 515,249 520,177 514,456 513,682 469,781 502,794 520,054 521,315 518,381 525,696


780 :757:02/01/31 23:21
>>777
すまん、ズレまくった。これで最期。

1999年度

貿易収支137685億円
貿易サービス収支78496億円
GDE5,256,958億円
貿易収支/GDE=0.026191002
貿サ収支/GDE=0.014931829

2000年度所得収支66584億円
食料品輸入5兆円
石油輸入5兆円
2001年度所得収支見込8兆円




781 :757:02/01/31 23:24
ご覧の様に所得収支だけで食料・石油の80%を買うことができます。
円安で輸入価格が上がっても、所得収支も増えますので一緒です。

782 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/01 09:21
>>757
お疲れ。ありがとさん。

規模的にまあそれ以前の問題ってことなんだがいちおう、
>>767比較優位あげ

783 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 16:41

02/2/4(第239号) 確信犯(その1)

 経済不調の原因は無駄な財政支出?
 日本は社会主義国?



784 : :02/02/03 16:46
筆者のいう”「無駄な財政支出」の結果であると断言している有力な学者”が
よりどころにしているのってstructural VARモデルでインパルス応答関数使って
財政支出の効果計測したらあまり効果はなかったってやつだろ?

なんかインチキ臭い関数つかって解いているみたいだけどさ、結局、係数制約の
置き方でいかようにも結果が変わるっていうんだからな。こんなのにふりまわさ
れちゃかなわないよな

http://www.econ.keio.ac.jp/staff/tdoi/doi97b.pdf

785 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 17:45
今回の筆者は気合入ってるねー

786 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 18:00
確信犯の人たちにおとずれる
いいことって何
でもkのコラムあたってるね

787 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 18:27
光ハイバー

788 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 18:48
始めて読んだがイイ!
これって誰が書いてるの?

789 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 18:58
>>786
構造改革が必要という認識が広まる→首切りが簡単になる→大企業ウマー
→天下りした僕もウマー あるいは →研究費もらってウマー
というのが一つにはあるんじゃないの?

790 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 19:28
っていうかさ、マスコミにしろこういったエコノミストに
しろ、日本経済が悪化していく姿を見ているのを楽しんで
いるように思えるな。人の不幸を見て喜んでいるっていう
かさ、ゲスな連中だよな。自分たちは関係ないと思ってい
るんだろうな。そうはいかないって。

791 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :02/02/03 19:53
>>790
そゆこと考えたらあかん。身を滅ぼす。

792 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 20:48
今日、他スレ(A級経済戦犯 日本経済新聞)に、今朝の日経の中外時評の論調の奇妙さを指摘する書き込みをしました。

日経の論説副主幹が書いているのですが、「小泉はフーバーか」という話から始めて、所得税の累進緩和と相続税軽減が「やる気を引き出し」景気回復に役立つ、という実に怪しい
論調でした。奇しくも今日の経済コラムマガジンを読んで合点がいきました。

793 :溺れる者は小泉をも掴む:02/02/03 20:58
>>792
そのとおり。
やる気で景気回復できるならだれも苦労しない。
累進性は、高度成長時代のほうが顕著だった。
やる気のでない制度でどうしてやる気が出たのか?
理由のひとつは、当時は日経がのさばっていなかったということ。

794 : :02/02/03 20:59
>>792
日経は昨年末辺りから少しずつ論調を変えていってますね。
同じ紙面で賛否両論、双方の論者の意見をだしたりする辺り
は責任回避のテクニックが上手というか無節操というか…

795 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 21:57
たま〜に日経読むんだが素人でも気色悪い感じがした。こーいうことだったのか

796 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 22:30
ニッケイヨクヨム

797 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 22:57
>>794
最近、朝日で亀井静香の意見なるものが出ていた。
勿論、今まで主張していた財政政策である。
朝日もそろそろ論調が変わる頃だろう。

798 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 23:06
高度成長時代は、払った分だけ運用で稼げるけど、
低成長では不可能だよ…。
累進で高度成長しようとした結果が公共事業と財政赤字だろ…

799 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/03 23:33
>>798
累進と「公共事業と財政赤字」の関係は薄いと思うけど。


>>797
しかし、朝日は田中真紀子が辞めても相変わらず「小泉対抵抗勢力」だからなあ。
もう期待していないよ。あの似非エリート新聞には。

800 :^^:02/02/04 03:43
まじでさ〜この筆者。。誰よ?
この人の主張と同じような事を、最近いろんな人が
言い出してるよ。。この筆者は先駆者だね。


801 :    :02/02/04 04:58
むかしは定期にしておくと10年で倍になったもんじゃ

802 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/04 17:10
>>800
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/2times.htm


803 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/04 17:13
>>802

日経平均10万円って…(w
で、CPIは5000とかいくのか?

804 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/04 23:40
>>800

いや、良く読めば「筆者」は丹羽教授とは別人の荒井さんという人でしょう。
丹羽教授だったら、今月の「諸君!」に「ノドから手が出る秘策あり」という論文を書いているよ。

805 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/05 21:27
今週号に出てくる、元高級官僚のエコノミストとは榊原英資のことだと分かった。

>今日の深刻な経済の不調を「無駄な財政支出」の結果であると断言している
>有力な学者がおり、この意見を世間が素直に受け入れている。

もう一人のこの「有力な学者」というのが誰なのか分からなかった。教えてけろ。

806 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/05 21:31
>>805
分からないけど、やっぱりあんまり大きな無駄は良くないと思うんだにゃあ。

807 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/06 00:54
以前、「主張されている事は正論であり同感ですが、個人名を挙げて
云々というのは如何なものかと思います」と感想メールを送ったことが
有るけど、一応聞いてくれてるんだな。

808 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/06 22:28
レベルが高いっす・・・。
が、内容が濃いから興味深いものがありますね。
こういうハイレベルな話は大歓迎です

これを見て経済に目覚め始めました。
ところで、経済に目覚め始めたきっかけというのと、
経済を理解するコツを掴んだきっかけというを是非教えて下さい。よろしければですが

809 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/06 22:34
丹羽教授に近いけど、こっちの方が理論的

小泉の波立ちスレ
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1012849317/l50

小泉の波立ち
http://www4.justnet.ne.jp/~greentree/koizumi/

810 : :02/02/06 23:41
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020207-00000060-mai-pol

<民主党>国債30兆円枠の主張を事実上転換 景気対策に配慮

 民主党の岡田克也政調会長は6日、国会内で記者会見し、年間の国債発行額を
30兆円以内に抑える小泉純一郎首相の方針について、「02年度政府予算案は
30兆円の枠に収めるために、隠れ借金をしている。枠を無理に守ろうとして透
明性を失うより情報公開をして数字を出した方がいい」と述べた。小泉首相の3
0兆円枠堅持への支持を見直すもので、岡田氏はさらに、「隠れ借金の部分を削
ると、この経済情勢では緊縮財政になる。景気対策を我々も念頭に置いている」
と語った。

 民主党は昨年5月、年間の国債発行額を30兆円以下に制限する法案を提出し
た経緯がある。しかし、失業率の悪化など景気低迷に危機感を募らせ、従来の方
針を事実上転換した。(毎日新聞)

-----------------------------------------------------------------
これに対する「政治責任」は誰も取らないようです…

ま、これから先、こいつらに続いてシラーっとした顔で政策変更する輩が
出てくるんだろうな…

民主党小泉派(民主党内で小泉構造改革を支持してきた面々)は逝ってよし!

811 :dell:02/02/06 23:46
>810
間違った事を言い続けて小泉内閣を支え続けてきた鳩山は、責任をとって党首を辞任すべき!
ま、鳩山家の財産に頼ってる政党だから無理だろうけど・・・。

812 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/06 23:48
でも政策転換できるだけ柔軟な頭もっているだけましだよ。

この期に及んでも、「税制構造改革でやる気が出て景気回復」なんてぬかしているアフォどもに比べたら。


813 : :02/02/07 00:07
>>812
>でも政策転換できるだけ柔軟な頭もっているだけましだよ。
甘い!!

こいつらは橋本失政に続いて二回目。
雪印や田代まさし同様に再犯者には厳しく挑まないと世の中腐る。

814 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/07 01:29
>>808
>経済に目覚め始めたきっかけ
経済学部入ってなんとなく。

>経済を理解するコツを掴んだきっかけ
がっこで買わされた教科書読んで。

815 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/07 10:41
>>815

嘘つき。
そんなことで目覚めたら苦労はいらない

816 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/07 10:53
815は何で自問自答してるの?

817 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/07 21:15
定期上げ〜〜〜


818 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/08 12:43
>>814

そんなことで目覚めるとは見事なものなり。
漏れのような凡才には出来ぬ話なり。

>>808

漏れのきっかけだが、ゼミに入って今はさぼり中だが・・・
血迷って経済のゼミには入ってしまった。が、しかたなく勉強しているうちに
半月立ったら気がつくと経済に目覚め始めていた。あんなに毛嫌いする経済を・・
まあTVが糞くだらないし、CDも許容できるパクリの歌や良いと思った歌が少ないから・・・
昔は血眼になっていたメディアが、今見ると糞につまらなく感じてね・・・。それもきっかけの一つだ

まあ漏れも目攻めるとは思っていなかったけど、ある意味運がいいかもね。
そういう意味では>>814に似ているな。

>>816

>>815>>814のことを言いたかったみたいだYo。

819 :毎週あげるウザイ奴:02/02/10 17:18

02/2/11(第240号) 資金の使途(その1)

 効果的な資金の使途
 大型公共投資

大深度地下鉄&原発議論age

820 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 18:03
up

821 :防衛支出を考える〔1〕:02/02/10 18:38
具体的な景気対策が筆者から出されるまで、待っていたが、残念ながら
従来から言っていることの繰り返しだという印象である。金の捻出方法は
筆者の主張するとおりでやってみる価値があると思うのだが、残念ながら
その使い方が間違っている。原発の地下建設はまだ許せても、大深度地下鉄
の建設については以前から私が主張してるようにちょっとナンセンスである。

なぜそうなるかというと、いまひとつこの筆者も正確な財政支出の効用
を理解していないからだと思われる。そこでここで財政支出というものは
本来どのように発動され、どのような効果をもたらすか整理をしてみるの
もいいかと思われる。

822 :防衛支出を考える〔2〕:02/02/10 18:40
政府の支出は膨大、複雑で明確にとらえるのは容易ではないが、財政支出
を仮に機能面からみると、消費支出・投資支出と移転支出に大別される。
また、移転支出については社会保障、福祉、年金、公債の利子などへ支払
われるものであり、GDPの増大に貢献するというよりは富の再分配効果
(既に存在する富を国民の間で移転させる効果)を生むものである。従って
有効需要水準の上昇効果(GDPの増加)をどのように求めるべきかという
ことが今回の命題であるので、除外し、問題となるのは消費支出と投資支出
の使い方となる。

さて、よく経済学の教科書などには、『消費支出は公共部門によって運営
されている活動、たとえば教育、保健・医療、防衛などに対する支出であり、
投資支出とは道路などのインフラストラクチャーや、病院、学校、劇場、
事務所などの設備を整えるための投資である』などと書かれている。また、
有効需要水準の上昇効果に与える影響の仕方によって、ストック効果をもたら
すものとフロー効果をもたらすものに大別することもできる。ストック効果と
は、整備された施設などが機能して、効率性や生産性等が向上する効果のこと
を指し、フロー効果とは、投資が行われることにより、最初の業界(例えば
建設業など)のみならず関連産業の生産活動が誘発されて生ずる経済効果つ
まり需要創出効果のことをと言う。この観点から見れば、消費支出はフロー
効果であり、投資支出はストック効果といえるのであり、一般的にそう考え
られている。

823 :防衛支出を考える〔3〕:02/02/10 18:41
ところで、防衛は一口にフロー効果に入っているのはなぜだろうか。防衛に対する
支出でも軍港の整備や兵器の購入など一見ストック効果を呼びそうな設備がある
ようにも見受けられる。が、しかし、その考えは正しくなく、確かに防衛に対する
政府支出はフロー効果しか生まないのである。それはなぜかといえば、いくら空軍
が空港を造っても軍港であり、民間人が自由に利用できないからである。つまり
特定の者しか使用できないという制約があるために、その施設や設備があっても
ストック効果にはなりえないのである。つまりそこにいくら投資をしても生産性は
向上しないのである。ここのところがポイントである。

そして、防衛支出で得られた設備や施設は民間に開放したときに初めて生産性の
向上つまりストック効果を生むのである。これは米軍のパケット通信技術や冷凍
食品技術などを見ればわかるし、もっと大きな観点からみれば、冷戦後のアメリカ
経済の著しいGDPの向上をみても理解できるのである。

このように財政支出における防衛支出の役割は、GDPを押し上げる効果と、実際の
市場経済において生産性を上げることなく、設備・技術の蓄積をする(ストック効果
=生産性の向上の効かせどころを政府がコントロールすることができるところに置ける)
という非常に重要な効果を持っているのである。

824 :防衛支出を考える〔4〕:02/02/10 18:42
欧米の先進国は自国の経済状況をみて、この財政支出におけるフローとストックの効果を
巧みにあやつって今日までなんとか経済破綻などすることなくやってきたのである。
物価が上昇しインフレになり自国経済が過熱気味のときには、財政支出におけるフロー
効果における防衛支出を絞り、ストック効果における防衛技術の民需移転を行った。
具体的には軍港の民間開放やインターネットなどの軍事技術の民間への開放、技術者の
民間企業への転職などである。

一方、物価が下落しデフレぎみの時には防衛支出を増大し、雇用の確保と民間へ対する
生産性向上の抑制(優秀な技術者を民間から防衛研究所などへ引き抜くなどの人的制限
による技術の隔離、公共施設になりえる施設の隔離など)をしながら生産性を向上させ
ることなく政府が消費をしたのである。

825 :防衛支出を考える〔5〕:02/02/10 18:43
ところで財政支出における公共投資の位置付けは本来どういったものなのだろうか。
基本的に公共投資などの社会資本整備は、本来的にはストック効果を目的として行うも
のである。整備された施設が機能して、効率性や生産性等が向上する効果を目的とした
もので、生産の効率・国民の生活水準が向上し、さらに、環境が改善され長期的に国民の
快適性、ゆとりを創出するものである。

もちろん社会資本整備のための投資が行われることにより、建設業のみならず関連産業の
生産活動が誘発されて生ずる需要創出効果(フロー効果)もある。ただ、フロー効果は、
本来、短期的効果であり、産業各分野に広く波及していくが効果の時間は長くは持続しない。
従って、公共投資の必要性は、基本的にストック効果と整備費用ならびに維持管理費用の
バランスから論じられなければならない。公共投資(社会資本整備)は、ストック効果を
目的として行うものであり、フロー効果に対しては中立でなくてはならないのである。
つまり景気浮揚のための有効需要創出のためにめったやたらに持ち出して、増やしたり、
減らしたりするものじゃないということである。

公共投資を短期的な経済政策の一部として用いられるといったいどうなるか?それを実際の
市場で実験してくれた国があった。戦後の日本である。


826 :防衛支出を考える〔6〕:02/02/10 18:44
戦後の日本はその前の軍事大国の反動から、1947年に日本国憲法により戦争を放棄し、一時は
国軍が消滅したが、紆余曲折を経て1954年に防衛庁・自衛隊が創設された。実はその前の
1952年の日本の防衛関係費は駐留米軍経費を含みGDP比2.78%だった。その後安保闘争など
のあおりを受け、米軍の削減などもあり1967年には1%を切ることになり、ついに三木武夫
内閣は財政支出における防衛支出の役割もよく理解しないおばかな野党やマスコミ、評論家に
乗せられて「防衛費はGDP1%以下」と閣議決定したのである。その後中曽根内閣の1987年
度予算においてGDP比1%枠を撤廃したが、この箍は今日まで生きており、最近は実質
1%固定という状態で現在に至っているのである。

が、しかし、政府も『日米「任務役割分担」構想』という軍事面からの防衛支出については
何度か検討を重ねてきたが、マクロ政策における防衛支出の役割についてはほとんど議論も
されずに今日に至っているのである。GDP1%枠決定以後、政府も財政支出におけるストック
効果とフロー効果、防衛支出と公共投資の役割をきちんと把握して、防衛支出に変わるあた
らしい、ストック効果を抑制しながら(実際には隔離蓄積)フロー効果を発揮する政策を考
え出せば問題はなかったが、何を思ったか政府は公共投資にその役割を負わせたのである。

827 :防衛支出を考える〔7〕:02/02/10 18:45
その結果がどうなったか?予算消化のための期末の道路の穿り返し(たしかにストック効果
は少なくフロー効果を生むが)、無駄な公共建築物の建設(フロー効果は短期に発揮させて
なくてはならないため、じっくり将来を見据えた投資がしにくい)、地方のしかもさらに
地方でも田舎と呼ばれる不便なところへの道路、鉄道の建設(都市部では住民運動がさかんで、おいそれと
簡単には建設をすることはできない)政財界の癒着、生産性向上による慢性的な需要の不足
(穴を掘って埋めてばかりもいられないので、どうしても生産性が向上してしまう社会資本
整備をせざるおえない。というかほとんどそのような投資になってしまうため、政府が需要
の穴を埋めても埋めても、皮肉にもその行為が生産性の向上を生むため、さらなる需要不足
を発生させてしまうのである)。


828 :防衛支出を考える〔8〕:02/02/10 18:46
本来、公共投資は生産の効率・国民の生活水準が向上し、さらに、環境が改善され長期的に
国民の快適性、ゆとりを創出するものであり、国民に歓迎されるものであるはずである。
それがなぜ日本では最近特に毛嫌いされてしまうのかというと結局ストック効果が中途半端、
な投資の仕方になっているからなのである。やはり公共投資は本来の機能である効率性や
生産性等が向上するストック効果(施設供用効果)重視に戻してあげなくてはいけないので
ある。そうすることによって、今、特に社会資本整備が必要になている都市部にじっくり
投資をすることができるのである。じっくりというのはやはり日本は民主国家であるのだ
から、かつての成田空港建設のような強引なやり方ではまずい。政府はいくら時間が掛かって
も住民ときちんと話しをつけて双方納得の上で、一番効率のいい場所に一番効率のいい方法で
施設を建設すべきである。誰だって自分の家の隣にゴミ消却所や高速道路ができるのはいやで
ある。かといってゴミを捨てることやめたり、不便な場所に高速道路ができるのも困るので
ある。これを実現するには建設にたどり着くまでかなりの時間を要すると思われるが、景気浮揚
のためのフロー効果を公共投資に求めていなければ何の問題もないのである。


829 :防衛支出を考える〔9〕:02/02/10 18:47
原発の地下建設については、電力は需給の調整ができるという環境であるならばある意味、
生産性向上の隔離・備蓄しているといえるので有効かと思われる。が、大深度地下鉄はまず、
そんな深いところに鉄道を造ってはたして利用者に対してほんとうに快適性を提供できるのか
という点に疑問がつくのと、それを利用することによって生産性を向上させていいのかという
2点で問題だと思うのである。

筆者は#188で『そして最も重要なポイントは、潜在成長率を高める政策・施策こそが、現状の
景気に打撃を与え、現実の経済成長率をマイナスにする原因となることである』といっている
のである。残念ながら公共投資に依存した財政支出では論理矛盾をした解決策となってしまう。
本来公共投資はストック効果を求めるための政策であるため、一時的にフロー効果があっても
生産性も高めるため、結果的に潜在成長率を高める政策・施策のひとつとなってしまうのである。

であるから将来、団塊の世代が引退した後のことを考え、もし仮に大深度地下鉄を敷設すると
しても、軍需用としておき、しかるべき時(20年後か?)に民間へ開放するというような方法
をとるのが正しい政策といえるのである。

830 :防衛支出を考える〔10〕:02/02/10 18:48
ということで、私は今日の日本の慢性的な需要不足は財政支出における公共投資のフロー
重視の投資の仕方が問題であり(需要創出効果であるフロー効果を公共投資に負っている
が、公共投資は同時に効率性や生産性を向上させるストック効果も持ち合わせているため)、
この根本的解決には防衛支出のGDP比1%実質固定を中止し、各国並にマクロ政策として
正常に機能するよう調整し直すべきと考える。政府は直ちにそれに取り組むべきである。
実際、GDP比に対してどれくらいが適当か私は正確な資料を持ち合わせていないので、
断定できないが米国などを例に考えてみると4〜5%くらいまでは十分可能かと思われる。
米国もクリントン政権時代には軍縮をしていたが、ブッシュ政権は同時多発テロ以降、MD
を中心に防衛費を大幅に増額しているのである。これはテロ対策という防衛面だけでなく、
世界的同時不況にたいする配慮でもあるのである。今日、カナダで開かれていたG7で、
オニール財務長官から「日本は世界経済の機関車的役割を担ってくれ」と注文をつけられた
と報道されていたが、まさにこれは世界的に見てもおかしな行為(公共投資に過度なフロー
効果を求める)はもうそろそろおしまいにすべきといっているのである。

831 :防衛支出を考える〔11〕:02/02/10 18:49
さて、こういうと必ずこの防衛支出(軍事支出)での需給ギャップの穴埋めに反対するもの
が出てくるのである。この筆者も前々回号で『軍事支出の増大という手もあるが、実現可能な
方法を考えた方がいい』と逃げていたのである。そこで私もその考えが提案されるのだろうと
今週号まで待ていたのだが、今まで述べて来たとおりその方法は正しいものとは(日本の
慢性的需要不足を和らげながら景気浮揚を行う行為とは)ちょっと思えないのである。

私も別の方法があるのなら何も国民の多くが毛嫌いする防衛支出(軍事支出)にこだわるつも
りもない。が、防衛支出の効果(フロー効果があり、雇用の確保もでき、ストック効果を
もたらさない−−−実際はあるのだが隔離保存している)に変わるものが考案されたらの
話しである。もしくは私の考える防衛支出の効果が間違っているという反論でもいいのだが、
それがなされないかぎりいくら議論をしていても無駄である。

832 :防衛支出を考える〔12〕:02/02/10 18:50
私もちょっと他の方法がないか考えてみたことがある。実はたった一つだけある。それは
宇宙開発である。地球の周りに人が住めるスペースコロニーを造ったり、月や火星にドーム
などを造って人間や動植物が住める居住空間を建設するのである。これは地球上には設備が
ほとんどできないが、高度な技術の蓄積がされるため、防衛支出と同じ効果をもたらすと考
えられる。

ただ、今の科学技術ではまだまだSFの話しの域を出ないのである。それに雇用という意味
でもそもそもそれだけ大量の人や物をどのように運ぶのかという問題がある。日本にはまだ、
スペースシャトルのような乗り物がないのである。それに、そこで働く人の生命の危険度は
軍事衝突における戦死などよりも大きいと考えられる。地上への建造物の落下などの危険も
あると思われ、もう少し軍事技術を磨いて科学技術の向上をはからないと実用性には(経済
政策におけるという意味でも)欠けると思うのである。

833 :防衛支出を考える〔終〕:02/02/10 18:51
私は最近世界経済において非常に心配なことがある。冷戦後、小さな地域紛争やテロ事件など
はあるが、大きな戦争がなくなってきているということである。こういうと「何を言っている
世界が平和なことはいいじゃないか」と簡単にいうやからが出てくるのだが物事を深く考えて
いない証拠である。なぜなら実はその極端な平和な状況こそが平和をみだす原因になりえるか
らである。今、世界中で軍事・防衛支出を削減しだしている。顕著なのはEUで、通貨統合に
よる財政赤字削減のため、防衛支出の削減が顕著になっている。

確かに発展途上国や慢性的にインフレ気味(物価上昇が多少ある国)な国では、一時的な軍事
支出削減によって、経済が安定するかもしれないが、このことは生産性を向上することになり、
供給が過多になる可能性があるということを意味する。冷戦前のように日本だけが、このよう
な軍縮予算を組み、生産性を高め、国内の需要でまかないきれなかった分は輸出をすることに
よって切り抜け、それでもまだ余る分は公共投資というある意味インチキなマクロ政策によっ
て穴埋めしながらさらに生産性を高め、また、輸出にドライブをかけるという迷惑な行為も許
されたが、はたしてこの行為を世界の多くの国が行ったらどうなるかということである?

まさに合成の誤謬で世界中が需要不足になることは間違いない。というか既にそのような状況
になりつつあるといえるだろう。アメリカ1国だけが相変わらず軍事支出を堅持しているが、
もう限界なのは間違いない。GDP実質世界第2位の日本が世界から求められているのはまさ
にこの慢性的な需要の穴埋め方法および解消方法なのだが、それは今のところ、国防支出のさ
らなる増大という政策しか方法はないというのが私の考えである。

834 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 18:53
http://honey.js88.com/HR_AC.asp?SKey=1165375368

835 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 18:53
誰かこれ全部よんだやついるかー

836 :すごい:02/02/10 19:38

821−833全部読んだ
すばらしい、目から鱗
リチャードくーが、生産性を向上させない投資こそが、今求められていると
主張していたことの意味がよくわかった。

これを書いたのはいったいどのような人なんでしょうか。
みんな一読することを勧めます。

837 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 19:46
花粉症の季節だね
今まで公共事業にじゅうじしてたひとをつかって
スギを植え替えてほしいなぁ
あと 都会の空気をきれいにしてほし

政府がやるべきことなんて いっぱいあるよね

838 :836:02/02/10 19:49
それから、軍事支出の意味、初めて知りました。

839 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 19:52
生産性を高めることはないけれども、快適性を高める公共投資ってのもあって
いいのではないかな。

840 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 19:55
自衛隊による人材育成には、賛成です。
フリーターの強制入隊はいいと思う。
技術を身に付けさせる。
健康なからだにする。
たくましい精神にする。

841 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 20:04
ローマ軍すら知らずに、技巧的なものに頼ると関東軍の二の舞だよん…。

842 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 20:08
>>836
頼むからこんなんにだまされるなって。

843 :836:02/02/10 21:00
>>842
どの辺がだましなのか、俺にもわかるように具体的な解説キボン

844 :836:02/02/10 21:03
>>842
生産性向上の効果発現タイミングをずらす、という考えは、
非常に新鮮に俺には思えたのだが。

845 :質問:02/02/10 21:06
ためになった
もっと、お話がききたい
防衛支出をかんがえる

846 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 21:14
軍隊は国家を離れて自己目的を追求しやすい組織なので、
国債、公共事業以上に効果発現タイミングをずらすのは困難であり。
消費がそれ自体自己目的化します。
ちなみに、関東軍以来の日本官僚の性癖でもありますね。(w
毒をもって毒を制する気でいるかもしれませんが、史上最悪の猛毒
もあります。おこちゃまが安易に手をだすものではないでしょう。

847 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 21:21
>>829

>であるから将来、団塊の世代が引退した後のことを考え、もし仮に大深度地下鉄を敷設すると
>しても、軍需用としておき、しかるべき時(20年後か?)に民間へ開放するというような方法
>をとるのが正しい政策といえるのである。

地下鉄できたら、すぐに使わせてくれ。

通勤時間減れば余暇消費が増えるし、
家を新築すれば建築業界の仕事増えるし、
広い家に住み替えられれば耐久消費財も売れるよ!

848 : :02/02/10 21:21
>>846
確かに、軍が自己目的追求(戦争開始)しやすい組織だというてんはそのとおり
だと思います。

しかし、軍事支出は、生産性向上の効果発現タイミングをずらすことの出来る支出の
単なる一例として挙げているだけではいるのでは?
作者も書いているように、宇宙開発などの、すぐには実用化に結びつかない
ような次世代技術開発、海洋開発を大規模にやってもいいのではないでしょうか。


849 :リサーチX:02/02/10 21:25
大深度地下鉄は、富士山爆発による火山灰にも強いぞ(w

850 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 21:33
バブル期にゼネコンが宇宙開発のプロジャクト
立ち上げていたりする。(w
ゼネコンすら管理できないのに、軍隊管理できるかって問題。

また、次世代技術が発達するのは、敵との死闘の過程であるってこと。
平時の軍隊は、あんま役に立たない。参自衛隊。

851 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 21:38
んで、民主主義って可分に軍隊の組織論であるわけだけど、
世論=士気を高めないと、戦略の遂行は困難。
何のために競争するのかって問題が、この不況の根底にもありそうで、
ナポレオンとか、ヒットラーの土壌ね。

で、どう国民をまとめるか、他国民をかく乱するかが、情報戦の本質。

852 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 23:24
要するに、シビリアンコントロールのとれた、国軍でないと、
軍事支出を増やすことは、軍部の発言力が増えて、
危ないって事でしょ。
アメリカですら、軍の発言力が強くて大変って事で。

それならば、宇宙開発というのは、ある意味得策かもな。
核融合炉とかの、ほんのちょっと先の近未来テクノロジー投資とか。
自衛隊と同じ規模かそれ以上の予算を、NASDAにつぎ込むのもいいって事か。


853 : :02/02/10 23:28
そういえばアメリカも世界恐慌の後ルーズベルトがニューディール政策の一環として
テネシー川の総合開発をしたんだけど結局あれって失敗だったんだよね。
公共投資をして余計需給関係を悪化させちゃって結局第二次世界大戦に突入して
やっと景気が回復したってどこかの本で読んだことがある。
そういえば経済コラムマガジンの作者もアメリカでは公共投資は州政府が
行うって書いていたよね。連邦政府は軍事支出でマクロ政策を行っていたんだね

854 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/10 23:41
>>821-833

それ教えてあげれば?
今週号のコラムの中にも、

「筆者と違うアイディアをお持ちの方は、是非教えていただきたいとも思っている。」

ってあるぐらいだから。

855 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 00:07
資料によるとこんな感じ。

2000年一部国家国防費比較 (%GDP)
アメリカ
2911億米ドル
3.00%

日本
484億米ドル
1.00%

つまり、アメリカ並みに国防費を上げると、約1500億ドル。
1ドル135円で計算して約20兆円。

うーん、これでも日本の需要ギャップは埋まらないなぁ。
全然足りない。

日本は300兆円の需要ギャップがあるって話だから、
ホント、あと何をすればいいのか……


856 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 00:38
昨日の朝日新聞に立花隆が、小泉は「フーバー大統領型からルーズベルト大統領型(需要喚起)に政策転換する必要がある」
と書いていたね。

筆者のような主張がようやく大マスコミにも取り上げられるようになってくればと思ふ。

857 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 00:39
核融合は研究すればするほど実用化から遠ざかってるそうな。
地下原発はいいと思う、テロにも確かに強そうだ。
なんせ弱点である上方向に一番強力な盾があるわけだし。

技術があるうちに離れ技で世界をリードできれば・・・

858 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 00:47
見世物小屋のおおががりなもの、
いかに国民が喝采して投げ銭するかか、アメリカの金融の基本。

印象派の絵画が高いのは、物好きやイカモノが大挙してデパート
や博物館につめかけるから、戦争の印象を焼き付けにね。
日本人の成金は、このあたりからすでに大きく勘違い。

要するに、人を動かす良さをアピールできるのか?

859 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 00:47
>>836さんへ

この防衛費の話は定期的にあがってくる話なので、
このスレの>>460>>462あたりを読まれることをおすすめします。

860 :改革なんていらね:02/02/11 00:52
>>856
立花みたいなのに言われるようになるとは 筆者も片腹痛いだろうなぁ
まぁ 恥も外聞もなく転向できて ジャーナリストってもんかな
角栄 褒め始めたらおもしれー

861 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 00:52
ちょっと、調べてみた。

宇宙開発関係と、原子力開発関係。
ウワ、なんでこんなに各省庁が入り組んでるんだ?
全貌が掴みづらい。

というわけで文部科学省の予算。
ttp://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/index.htm
これを見ると科学技術開発に約6300億円。

で、これぐらいの規模のところに、どのくらいまでつぎ込めばいいんだろう?
アメリカのアポロ計画並みまでか?

ま、個人的にはゲノム関係に1兆円ぐらい投資しても罰は当たらないと思うけど。
カネの問題だけじゃなく、軍事的にもイニシアティブを取ってないと怖い分野だし。

862 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 00:57
資金つぎ込んでも、実動組織がクソだと勝てない。
目的を履き違える。
ただ無駄なもの作ればよいなら、たぬきしかいない山に
いっぱい作ったさ。
将軍がクソな軍隊でまともに従軍するやつはいない。

863 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 01:01
軍事に資金が集まるのは、外的がいて危機だから。
ゆえに、軍隊は外的と危機を作る、必要があれば、飢えれば。(終)

864 : :02/02/11 02:46
>862
日本の最大の問題は、まさにそれだな。
今も昔も。


865 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/11 15:38
この筆者って結局誰なの?
できることなら政権入りしてもらいたい。

866 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/12 17:53
軍隊が自己目的化する理由の一つに、
特に平和状態において一般市民から
「役立たず」「無駄飯食らい」呼ばわりされるから
というのがあるのでは。

そんな周りの連中にも問題はあるよなとか言ってみるテスト。


867 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/13 18:42
age

868 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/17 17:48
更新age

869 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/17 20:39
>銀行の不良債権処理までデフレ対策と言うことで、筆者も驚いている。
>つまり政権の真髄はデフレ政策そのものである。
>そのような政権が「デフレ対策」を行うこと自体が矛盾している。
>つまり今日検討されている政策は「デフレ対策」でもなんでもないのである。

私も変だと思ってはいたが、相変わらず、本質を衝いたいい発言をするなあ。
マスコミにだまされないために必読だね。



870 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/18 08:08
今週は特に夢や希望を失った若者にとって必読の内容なのであげておこう。

871 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/18 08:31
何故にこの記事には筆者のクレジットが入っていないのか?
いくらいいことを書いていても、これでは書き逃げになってしまうなぁ。

872 : :02/02/19 00:11
で、荒井氏の正体は誰もわからないの?

873 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/19 03:49
age

874 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/19 05:09
荒井氏=デフレマンセーのありがちな主張
らしいぞ。

875 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/19 08:16
>>874
違うでしょ。文体が全く異なる。

876 :毎週あげるウザイ奴:02/02/24 17:02

02/2/25(第242号)資金の使途(その3)
 国債や地方債の償還
 株式や社債の購入
 外債投資

セイニアーリッジage

877 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/24 17:27
「国(政府)の貨幣発行特権」(セイニアーリッジ権限)
「通貨の単位および貨幣の発行等にかんする法律」、昭和六十二年、
法律第似号、第四条参照。


878 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/02/24 22:04
なんか今回は素人には難しかった。
分かり易く解説して下さること希望。

879 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/02 13:06
結局、このコラム通りの政策に進みそう。
国債買い切りオペ増額とかね。

880 :あぼん:02/03/02 15:02
逝ってよし

881 :毎週あげるウザイ奴 :02/03/03 16:18

02/3/4(第243号) セイニア−リッジ政策への準備

 セイニア−リッジ政策
 バブルの制御
  国土利用計画法の監視区域制度有効活用
  公共料金の引下げ


882 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/03 20:11
シニョレッジだと思うんだが、
セイニアーリッジだと違和感が…

いや英語をどう表記しようが、
勝手なんだけどね。

883 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/04 00:00
>seigniorage

丹羽春喜爺も、諸君3月号の寄稿で、そう表記してた…(P.194)

884 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/04 00:11
>>882-883
手元の英和辞書によると、[ei]も[i:]も両方いいみたい。

seigniory 領主の権力;主権

885 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/06 18:03
正直、このスレの流れとしては
>>821-833
この意見には否定的なのか?

886 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/06 18:39
>>885
否定も肯定もなにも、長すぎて読む気になりません。

887 :毎週あげるウザイ奴:02/03/10 16:10

02/3/11(第244号)通常では行わないような経済政策

 日本経済の現状の認識
 三つの政策の奇策
  超円安政策
  マイナス金利
  セイニア−リッジ政策

セイニア−リッジ宣言age

888 :小田急江ノ島線利用者:02/03/10 20:00
大深度地下鉄、萌え〜

889 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/10 20:08
EVAの見すぎじゃないか?

890 :今昔物語:02/03/12 19:40
昔 「憲法護って、国滅ぶ」

今 「財政守って、国滅ぶ」

891 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:03
昔 「小林 節」

今 「小泉 純一郎」



892 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:15
昔 社会党

今 大蔵族

893 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:28
昔 石原裕次郎

今 石原慎太郎

894 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:29
昔 おにゃん子クラブ

今 モーニング娘

895 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:46
>おにゃん子クラブ

おぉー、懐かしい・・・ 30代板みたい

896 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:50
昔 高井 麻巳子

今 加護 愛

897 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:51
昔 工藤静香

今 矢口まり

898 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/12 20:53
昔 横浜銀蝿

今 愾志団

899 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/13 00:11
これの筆者って貿易についてはDQNじゃん。

900 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/13 21:44
詳細、きぼーん >>899

901 :牛&熊:02/03/13 21:46
 きぼーん

902 :牛&熊:02/03/13 21:47
このレスは好きだけど
偽者の偽者 牛&熊

                                   /\        /\
                                    /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
                                   丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_                             ■ ■
 ■      ■■■                   / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ                           ■ ■
■■■■  ■  ■                / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|                        ■ ■
  ■    ■■■ ■■■■■■■■■■■ ..:::::::::: / / tーーー|ヽ      ...::::: ::■■■■■■■■■■■■■■■ ■
.■■■■ ■  ■                 | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|                      ■ ■
   ■     ■                 | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
    ■    ■               / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\                 ● ●
                          / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\


903 :牛&熊:02/03/13 21:48
>>902
は偽者?


904 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/13 22:09
昔 ピンクレディー

今 パフィー

905 :毎週あげるウザイ奴:02/03/17 20:55

02/3/18(第245号)日本の所得格差の動向

 規制緩和の影響
 昔から約束された格差

>日本においては情報の発信は、ほぼ東京に集中している。
>そしてその東京の景気はそれほど悪くはないのである。
>したがって本当はマスコミも日本経済には関心が薄い。

>株価が上昇すると、ちょっと前まで「3月危機」と騒いでいたマスコミも、今は「宗男問題」一色である。


906 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/17 20:58
>>900
中国に関して筆者が言ってることを見てみればわかるよ。

907 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/17 23:14
>日本においては情報の発信は、ほぼ東京に集中している。
>そしてその東京の景気はそれほど悪くはないのである。
>したがって本当はマスコミも日本経済には関心が薄い。

>株価が上昇すると、ちょっと前まで「3月危機」と騒いでいたマスコミも、
>今は「宗男問題」一色である。

なるほどマスゴミどもは東京の景気が悪くないもんだから遊んでるわけだなあ。
この調子でいくと東京(首都圏)以外は地獄に嵌るだけだなあ。



908 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/17 23:31
大阪ってそんなに浮浪者で溢れているの?


909 :神の手は名無し:02/03/18 00:00
この話が参考になります
http://www.asyura.com/sora/dispute1/msg/299.html

910 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 00:14
これから職を求めて東京へ一極集中するってことかな。
ということは東京区部の地価だけはバブル並に高騰するかもね。
政府も土地所有者に有利な税制を打ち出すようだし、案外
都区部の土地かマンションのひとつでももっていれば、
勝ち組みの仲間入りができるんじゃないか?

911 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :02/03/18 01:47
>>910
高騰まで逝かなくても上がってる場所はあるよ
都心から離れた場所は下がってるけど
もちろん地方は全滅

912 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 17:35
牛&熊って相場でよく言われるブル・ベアのつもりかな。
そうだとしたらブルって牛のことではなく犬のことだと
思うけど。

913 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 17:44
シカゴブルズ?=シカゴの牛?

914 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 17:52
しかし、情報産業はSE・プログラマーを50人単位で確保しているぞ。
(九州某都市)それでも足りないらしく、未経験者を教育している始末。
一体いま業界で何が起こっているんだ?

915 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 18:06
COBOL+汎用機からJAVA+HTTPサーバへの書き換え案件が目白押し

916 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 18:11
最近のパソコンの安定性はそんなに良いの?汎用機を越えるくらいに?

917 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 22:20
>>914
若い人はいいな。

918 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 22:24
>>917
何だか需要が収まったら使い捨ての予感。

919 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 22:36
>>914 たった50人ぽっち?

920 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 22:57
>>918
激しく同意

921 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/18 23:04
>>918
激しく鬱

922 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/19 11:14
>>919
50人単位≠50人

923 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/19 20:20
プログラマ=土方
ということです
プログラマ板を見ればわかるよ

924 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/21 21:42
>>918
若いうちはいいな。。。

925 :ji:02/03/21 21:43
いま道路族、建設族を非難し
て、極悪金融族を忘れた結果 金融業界は最悪
http://tokyo.cool.ne.jp/aladdin/
世界第二位の経済が、40年にわたる驚異的な成長のあとで6年にわたって停滞し、回
復のきざしも一向に見えないとなると、やっぱその停滞の原因について、みんなすっ
ごく関心を持つはずだよね。でもいまですら、いろんな人――残念ながら、多くの日
本人もここに含まれるんだけど――が日本の問題を語るときには、変な気安さがつい
てまわってる。まじめで思慮深い分析のかわりに、出てくるのは「日本にはこんなに
問題があります」とかゆー課題一覧ばっか。えーと、金融セクターが弱いでしょ、規
制がいっぱいありすぎるでしょ、競争が不十分でしょ、生産拠点が東南アジアに流出
しちゃってるでしょ、うんぬんかんぬん。 まあこういうのがウソだとは言わない
よ。でも、こんな一覧表は、本物の分析とは別物なんだ。そして、日本の問題を長っ
たらしい一覧表で説明しようってな傾向は、マジで有害。だってこれは経済の停滞を
前にしてあきらめムードをつくっちゃうから。だって、こんなに問題があるんなら、
すぐには事態が解決するわけないもんね。 でも実をいえば、問題はそんな複雑じゃ
ない。そりゃ日本にはいろいろ問題がある――でもさ、どこの国だって問題はいくら
でも抱えてんの。日本の回復を本当にじゃましてるのは、構造的な問題がどうしたと
かいう一覧表じゃなくて、明晰な思考と勇気が欠けてることなの。 まず、みんなが
日本の問題点として一覧表にあげてる項目は、ほとんどが経済の効率を下げるもので
しょ。つまり、こういう問題は、経済が財やサービスを産み出す能力を下げるものだ
――つまりは供給力を下げるわけ。 でも、日本経済の目下の問題って、供給がない
ことじゃあないでしょ。需要がないことじゃん。問題はつまり、日本が手持ちの供給
能力を使えてないってことだよね――するとみんなの一覧表にあがってる話は、要す
るに全然関係ないのよ。 さて、一般的にいって、現代経済はそんな長いこと需要が
停滞したりはしないはずなわけ。需要を増やすなんて簡単なんだもん。中央銀行(つ
まり日銀)が通貨供給を増やせばいい。あるいは政府が支出をふやせばいい。 
アラド @建設族の足を引っ張る馬鹿マスコミは人殺し集団と呼ぶに等しい理由が
わかりやす書いてありますね

926 :ji:02/03/21 21:45
建設族、道路族批判で経済縮小、金融族応援で金融破綻に
なった、日本の現状を考えると、国民が選んだ政治家を
責めるより、政治家が世界に貢献しやすい報道、世論を
国民が支援することが、この世界的にデフレ、金融危機
の時代にはいいのではないかと言う意見です。
円の米国債支援で米国が生き延びていることや、
資本家が企業の利潤で生活していることを考えると、
金融、IT産業は、無駄な流通経費で食品が高コストになるような
もので、私企業はインフレ、デフレコントロールが
できません、自由主義貨幣経済は政府のマネーサプライシステム
抜きには考えれません。
まして、一大ビッグプロジェクトは、私企業の1企業の利潤追求
が目的となっており、決して国際平和目的ではありません。
民需、民活は所詮、企業単位の損益が目的です、では平和、
倫理はどこがやるべきでしょうか、警察ではありません、
暴走族は警官は取り押さえるに2の足踏みます。暴力や戦争に
なったら行政でできません、親が道徳を教え、世論として
国民に定着させねばなりません。
少年院で自殺のNEWがありましたが、死に向かうほどの非行
暴力、テロは倫理、道徳で解決できるでしょうか?
では、国連軍や警察ですか?
暴力、テロはなくなっていません、悪に向かうほど貧困
不安は一般私企業では解決できません。


927 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/22 00:51
>>925-926
やっぱ、日本経済の牽引車は、自動車と道路建設でしょ(w

928 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/22 01:14
自動車と道路建設

これ、車の両輪

929 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/22 01:21
デフレキャップって何?


930 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/22 01:25
http://www.osaka-gu.ac.jp/php/haruniwa/GDP2.gif >>929

931 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/22 01:31
>デフレキャップ

一生懸命働いて作ったはいいけど、売れ残った分

932 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/22 12:54
するとインフレギャップってのは、
一生懸命働いて作ったはいいけど、売りそこねた分でいいの?

933 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/22 23:37
>売りそこねた分
それも、デフレキャップしょ。

インフレは、売り手より買い手が多いからなる。


934 :毎週あげるウザイ奴 :02/03/24 21:38

02/3/25(第246号)ニュークラシカル派の論理
 ミツバチの話
 福神漬のよう存在

  ブッシュ大統領も日頃から「小さな政府」と言っている。
  しかし現実に行っている政策は、軍事費の増大であったり、
  最近では鉄鋼製品のセーフガードの発動である。

丹羽教授「ベトナム戦争」後遺症説とは?
age


935 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/24 22:26
ミツバチの話しは十分過ぎるほど的を得ているなあ。

936 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/26 19:40
え?無理がありすぎる。トチ狂ったのかと思った。

937 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/27 19:10
>ミツバチの話し

結局、相対的なもんなんだな
為替変動の話しと通じるところある?

カルロス・ゴーンと上杉鷹山
http://www.adpweb.com/eco/eco226.html

938 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/27 21:16
リチャード・クーでもミツバチ話には同意できないと思う

939 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/27 21:34
>ミツバチの話し
アリの話しも割合は忘れたが働く奴とサボル奴がいて、今度働く奴を除去
すると逆にサボル奴から働く奴が出てくるというのがあったような。
こういうのを社会学とか動物行動学からは何と言うの?

940 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/28 14:45
>>939
怠け者

941 :♪♪♪祝♪♪♪:02/03/31 05:08
国債30兆円枠見直し

942 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/31 17:31
up

943 :毎週あげるウザイ奴:02/03/31 17:41

02/4/1(第247号)ニュークラシカル派の実験

 ベンチャーズ
 人体実験

モルモット日本経済は何処に・・・

944 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/31 17:46
>>941
見直すだけで大型の財政出動するとはいってないし
どうせ補正予算もこの筆者のいう
『モルモットの国民が一遍に死んではまずいので、時々小さな補正予算を組んだり、
PKOで株価の買い支えを行うと言った延命処置も行っている。』
の状態が続くんだろうな。

945 :941:02/03/31 18:31
>>944 延命措置に終わりそうだ・・・(トホホ

946 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/31 18:32
筆者の唱える政策には概ね賛同できるが、ここ2回のコラムは酷いね。
愚痴ってるだけ。2chでの猪瀬叩きとかの類と同じレベルだよ。

947 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/03/31 19:58
でも、このくらいしつこく言わないとわからない奴もまだたくさんいるから…。


948 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/01 23:08
久しぶりに見たけど、いい事いってるね、このおっさん。

民営化なんかで、経済が良くなるわけないじゃん。
そんなのはメキシコとかの南米諸国が体を張って証明してくれてるし。
あと、アメリカが小さな政府って信じてる奴はマジでイタイよな。
アメリカのITとかの主力産業は、政府の莫大な補助金でここまで成長できたわけだし。
(コンピューターなんて金になるか分からんものに、十分に投資する企業なんてないし)
だいたい、軍事と先端技術は切っても切れない関係だし。
ここにペンタゴン経由で堂々と多額の補助金を出せるアメリカはマジで強いよな。
日本も科学技術立国っていうなら、も少し軍事に力を入れるべきなんじゃないのか?
それか基礎研究にアメリカ並のR&Dを出すとかさ、戦略が欲しいよね。

949 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/01 23:26
>>949
日本の国立系の研究所は軒並み独立行政法人化されて
予算は無い、書類書きが増えるわで
まともに研究出来なくなってるよ。
国立大学も数年後に続くらしいし。

庶民の公務員削減マンセーに載っかった
ポピュリズム政策の結果、日本の技術力は地の底に落ちるだろうね。


950 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/02 21:50
>>949
DQNエコノミストの口車に載せられて
地獄に落ちるともわからないお馬鹿な庶民達。
そして地獄に落ちてからわめいてもう遅い。

951 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/03 00:51
どうすればいいんだ・・・
ケインズは新古典派に引導渡したんじゃなかったのか?

952 : :02/04/07 13:19
本日15時過ぎ更新予定上げ
http://6723.teacup.com/fwhh1899/bbs

合理性、不良債権問題、ニュークラシカル、アートとしての経済学および専門馬鹿とか。 投稿者:わくわくさん  投稿日: 4月 3日(水)10時47分53秒
http://www.japanweb.ne.jp/fortune/aqua_data/back/2002/eco246.html
>今日の日本経済の現状を考える時、このミツバチの話は身につまされる。「悪い銀行は
>退場させろ」「建設・土木のような生産性の低い産業は淘汰が必要」「整理されるべき
>流通業者は早く整理しろ」と言う声が強い。そしてこのようにすることが「構造改革」と
>言われているらしい。悪い企業や産業が排除されるならば、日本の経済も上向き、デフレ
>経済から脱却できると言うのである。大きな企業が破綻する度に、「これで日本経済の
>構造改革も進む」と喜んでいる市場関係者が多いのも事実である。たしかに労働生産性の
>観点からは、儲からない企業は生産性が低い。したがって赤字の企業や債務超過の会社が
>市場から退出すれば、残るのは生産性の高い、つまり良い会社ばかりになると言う主張である。

SWやここやその他の板で私が書き散らしていることを読んでくれてる人は(あ、もちろんなおかつ意味が理解できてる人はね(笑))、私がこの「経済コラムマガジン」の主張の傾向に
ほぼ同意していることは想像してもらえると思う。ま、私以外では(無論少数派であるが)、不良債権問題以外のとんこつ氏、郵政民営化問題以外の等掲示板管理人のs.i.氏も基本的には
近いんだろうと考えるんですね。

ところがここへ来て、「経済コラムマガジン」の「経済学」に対する考え方には少しがっかりした。これでは「経済学は合理性一辺倒だ」という意味のない主張と本質はあまりかわらない。

コラムの筆者は、旧来の「ネオクラシカル」な立場に対して「ニュークラシカル」と称する立場の研究者が経済学会の主流を占めるようになり、それが現実の経済政策に強い影響を与えて
いる、と主張する。

(個人的にはこのような「学派」ネタは大体やらないことにしています。実際、SWあたりでもいつかこの種の話をしたことがあったが、あまり理論をよくわかっていないで「話したい」
人が多いので結局不毛に終わることが多いから。経済学を勉強できない人ほどこの手の話題はよくよく「話したい」ネタらしいですね(笑)。)

さて、コラム筆者によると、「ニュークラシカル」とは「小さな政府」を主張する論者ということになるが、果たしてそれは経済学会の主流派なのだろうか?まず、とんこつ氏に聞けば彼
も同じことを言うだろうが、現在の大学院レベルのマクロ経済学の標準的教科書で、少なくとも広義の「ケインジアン」の立場を扱っていないものがあるだろうか?ここで言う「ケインジ
アン」とは、旧来の「45度線」とか「IS−LM」とかいう分析する人たちという意味に限らず、「賃金と価格の下方硬直性を不完全競争の意味で主張する立場」とラフにイメージでき
るだろう。つまり、言い換えれば、その立場を説明するのに、「新古典派」的な分析アプローチを使ったって何にも問題はないはずである。

(ここで言う「「新古典派」的な分析アプローチ」とは、分権的最適化などでモデルを構築する、ミクロ経済学ファウンデーションに基づくアプローチ、とでもイメージできます。もちろ
ん、これは大学院・研究者レベルのマクロでは主流なわけで、ちゃんと履修していない人は嘲笑され馬鹿にされるだけです。)

これは、世間で非常に誤解されているポイントだと言える。勝手に誤解するのはかまわないけど、その誤解に基づいた勝手な罵倒を「経済学」に投げつけられるのはかなわんよね、という
のが私の主張だ。

一番の問題は、筆者が「需要サイドの経済学v.s.供給サイドの経済学」と「新古典派v.s.ケインジアン」という構図を取り違えている、あるいは同一視している、という点にある。タイト
ルは忘れたが、小野善康氏のちょっと前の新書の解説本で、この違いについて触れていたと思う。「デフレ・ギャップが一番重要な問題なの」とか「賃金が硬直的なのよね」程度のことを
主張しただけで、「ケインジアン馬鹿!」だの「社会主義マンセー!」だのと、とんちんかんなこと言っていい気になってる品性のない罵倒ちゃんたちにはぜひ読んでもらいたいものだ。

953 :予定通り更新:02/04/07 18:04
02/4/8(第248号)経済予測のレビュ-

 国債価格の動き
 為替と株価の動き

954 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/07 18:17
ズームインSUPER 辛坊治郎(しんぼう じろう)
http://www.ntv.co.jp/zoomin/profile/shinbou.html

セールスポイントがこれだから・・・(以下略)
“分かりにくい世の中を分かり易く
 分かり易いニュースをより分かり易く語ります。”

955 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/07 18:27
>辛坊

研究対象が、メディア論だから(以下略)

海外経験 1997年〜98年にかけてニューヨークで研修。
     アメリカのメディアについて研究
著  書 「TVメディアの興亡〜テジタル革命と多チャンネル時代」
     (集英社新書)

956 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/07 18:41
たしかこの辛坊とかいう男、ちょっと前ワイドショーか何かで
「50000円の食事と10000円の食事ではGDPにして5倍違うが
満足感で5倍もちがうということはない。GDPが増加したからといって
我々の幸福も増加するとは限らないのだから、デフレで給料が減ったら
10000円の食事で5倍楽しむ方法を考えましょう。これからは経済成長を
考える時代ではなく、個々人の幸福を追求する時代なのです。構造改革
マンセー」とか思いっきりDQNなこと言ってなかったっけ?
人違いだったらスマソだが、あんまりひどいんで椅子から転げ落ちまった
よ。でも安易な主婦層はそれで納得しちゃうんだろうなあw



957 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/07 19:23
>>954
>分かり易く

そーゆーのは、「俗耳に入りやすい」という。

958 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/09 02:51
ニュークラシカルとは何ですか?


959 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/09 03:49
新古典派(ネオクラシカル) 

 ケインズ政策の穏やかな否定
「生産資源の稼働率が上がってきたなら、
 政府は経済に関与しない方が良い」(サミュエルン)


ニュークラシカル
 小さな政府論者
 政府の経済への関与そのものが「悪」(マネタリスト)
 「IMFもいらない」(フリードマン)

960 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/09 23:20
>>954-956
http://www.ntv.co.jp/zoomin/profile/images/shinbou.jpg

辛坊って、芸名? 本名?

961 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/10 01:45
ニューラジカル者は普段はどんな事を考えているのですか?
日本の経済をどうしようと考えているのでしょうか?


962 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/10 01:47
この版にもニューラジカル信者はいるのでしょうか?


963 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 00:03
経済コラムマガジンは毎週読んでるよ。
キ印経済新聞とこれを読むとだいたいバランスが取れるんじゃないの。
まあ、どっちも賛成しないけど。

私は、政治による需要追加は支持してないよ。
むしろ、大いに反対している。
だけど、それ以上に政治が一見サプライサイドっぽいデタラメを掲げて
経済をぶち壊して、さらに人為的に需要を減少させてることに怒っているだけ。

経済コラムマガジンは一方の極論として楽しんでいるだけだね。

さらに言えばキ印経済新聞も経済コラムマガジンも
それぞれサプライサイドからとディマンドサイドからの
計画経済的な主張をしているという意味では
同じ穴のムジナと言ってよいかもしれない。

964 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 04:02
非計画的な主張って、どんな? >963

965 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 04:21
政治によらない需要追加ってのも、おもしろそうだな

966 : :02/04/13 08:13
>>964
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhh1899/index.htm
の作者による発言。↓の掲示板参照。
http://6723.teacup.com/fwhh1899/bbs

967 : :02/04/13 08:23
↑966
経済コラムマガジン 投稿者:管理人  投稿日: 4月 3日(水)21時57分51秒

968 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 09:02
経済コラムマガジン、
イイ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

969 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 09:33
>>966
2001年3月の段階で日経のデンパぶりを切り捨ててるのがスゴーイ

970 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 12:06
日本はニューラジカル信者の
実験場で日本人はモルモットですか?


971 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 13:40
経済コラムマガジンのいう

> このような片寄った考え方(客観性を欠いた)
> の人物を、朝の番組に登場させ、変な解説を
> やらせている日本テレビの考えを知りたい。
> とにかくこの人物は要注意である。

とは、ぶっちゃけた話、ズームイン朝にでてくる
新聞記事の解説をするあの人なのですか?

972 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/13 14:47
>ズームイン朝にでてくる新聞記事の解説をするあの人
 ↓
http://www.ntv.co.jp/zoomin/profile/images/shinbou.jpg

973 :02/4/15(第249号) 商品相場と世界の動き:02/04/14 17:05

商品相場の変遷
中東情勢と商品相場



974 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/14 18:55
>>964
たぶん、>>963は完全自由放任主義者なんだろうと思う。真のサプライサイダーというか、
ある意味、真の外基地。
要するに、政府の財政出動もダメだけど、政府が無理矢理銀行に不良債権処理を
やらせるような事もダメで、政府はどんなやり方にせよ、経済に介入しちゃ
イカンと言う事なんだろう。

975 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/15 07:46
辛坊って局の原稿読むだけの人かと思っていたが
そういうわけでもないのか。

976 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/16 03:51
予想が当たった云々の自画自賛や、批判より賛同メールが多々届いているとか
金玉が小せえ野郎だな。この筆者。


977 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/16 04:25
給料沢山もらってるから、局外のことなんか判るわけないじゃん。

978 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/21 11:21

はじめて来て過去ログ読破しましたがなかなかの良スレですね。2chに経済コラムマガジンについての
スレがあったとは。経済コラムマガジンをみつけて経済についてもっと知ろうっていう気になったんで、
このコラムに批判的な意見とかも知りたくて初心者にはかなり勉強になりました。

そこでクレクレ君で申し訳ないが、今までのこのスレの論点についてまとめてくれる人控えめにキボーン


979 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/21 11:58
>>821-833 は結構面白いかなーと思ったんですが、結局どなたが書いたものなんでしょう?
それともどっかからの転載なんでしょうか?
誰かご存知の方いますか?

980 :02/4/22(第250号) 生産力を生まない投資:02/04/21 16:18

 デフレーションに対する誤解
 一見無駄と見られる財政支出



981 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/04/21 16:39
>>979
ジサクジエンッポイ

297 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)